{CAEC0EC0-AF3C-4750-8079-C75BE8CA9B5C:01}


今回は、たまに出てくる湘南?神奈川県藤沢市出身のレゲエパンクバンド、SiM ( しむ ) について、手紙調に、思いの丈をぶつけてみることにします。

あ、ドラムの人は姫路やね。

うーん。




あなた達と出会ったのは、4年前の2011年4月6日。

京都MUSEでした。

UNLIMITS企画4マン。


My Butterfly、SiM、HEY-SMITH、UNLIMITSの出順でしたっけ。


細々とSiMの日であることを伝えるMAHさん、レゲエ調の曲、ハードコア調の曲。

広々としたライブハウスを、20人くらいで走り回る壮観を、見せてくれましたね。


ツレからHEY-SMITHはエグいと言うことを聞いてました。

しかし、あなたたちはもっとエグく、カッコよかったです。


その年の7月、名古屋市の大高緑地であったFREEDOM NAGOYA '11。

THE BACK HORNの渋谷公会堂、いや、日比谷野外音楽堂であったライブの翌日なので、夜行バスで名駅バスセンターで下車し、レジャックのサウナで回復し、左京山まで行ってみました。


エグいを通り越して、ヤバかったです。

スピーカーの上から飛び降りるMAHくん、あの頃の君は、本当にダサさを通り越して、カッコよかった。






パンクでした。




巨大サークルに走り回る。ウインドミルの嵐・・・

トリの、ヘイスミと仲よかったなんとかかんとかより、格段に絵になっていました。


それから数年・・・


ライブハウスで行き、ライブハウスで死ぬ?


BUDOKAN???

Are you sane???

MADNESS???




時は光速なもんですね。


メジャーデビューしたからですか???



プロモーションに重きを置いた結果ですか??

なのにライブハウスツアーとかという偽善的な活動は、正直不要です。


ライブが楽しければそれでいい(笑)という、ロックとかパンクとかの単語の意味を考えたことすらない、オコチャマキッズ達の玩具と成り下がってしまったのですか???????


あまつさえ、1stアルバムからカバーしたcome togetherの主、ビートルズ云々という、過去回帰発言。


本当に本当ですか????


横浜アリーナで来夏、見せられるのですか???


どうせまた時代のキッズのニーズに合わせた女子高生以下の、女々しい音をやるだけでしょ??????


せやからな、、、


レゲエってなんじゃ!!!


パンクってなんじゃ!!!


お前らはただの流行に合わせたダッサいダブステップハードロックバンドやん!


過去と訣別できていないのに、今もなお、ライブハウスが~ライブハウスが~と、過去に拘泥するカッコ悪い4人組チンドン屋集団、それが46。



最後に数言、言って締めます。


You're killing you, by yourself.

お前ら自身がお前らを殺した。



ドゥーッドゥッ…


playing is over.



あの頃は、良かったのに。

AD