{57DD014A-804A-4D4E-8F56-7111586B0608}

{31B77BA6-9C5D-4640-8146-955E65CC22FC}

{277EAF64-CB5D-4B64-9592-B6CBD8141FDD}

{646FD429-FE50-424D-B984-52EB8FB16E66}

{C190042B-6335-4270-9B3C-0B55847797BF}

{074E12BB-3E1A-4764-B634-1E44281A0DF2}

 ー久しぶりのブログです。今回もまた、現在の自分の在り方、過去から現在へと繋がることを書きます。

  


   市立吹田サッカースタジアム。

  ここにはここにしかない、景色があります。かれこれJリーグ創設期からサッカーに触れ、20年超。三沢、ユニバー、ウイングスタジアム、万博とかれこれ10数回くらいしか観戦して来なかったことが、非常に悔やまれます。
   その創設期から関西に唯一存在したチームという理由で、つまり地方を代表するサッカーチームとして応援し続けてきたガンバ大阪が今年産み出した、世界に誇る舞台。2月の柿落としマッチからここに通うこと8度。何度訪れても、本当に素晴らしい。感動がある。これまでに生で得られてきた感動の中では、ここが一番大きなものであると言えます。

  サッカー観戦通いをするまでは、娯楽に関しては、過去にも書きましたが、15年ほどコンサートやライブ、つまり音楽観賞へとそれを費やしてきました。近年の音楽=ライブの多くは刺激を得るためにあるもの、その潮流はおそらくこうでしょう。「観賞」というのはかつてのコンサートが主流だった時代の、あくまで歴史を引き継いでいる表向きばかりの言葉。それが、現代の若者( もはや自分は違いますが )にとっては、『ライブ参戦』。これの意味は、己の楽しむためであるという趣味の延長線上であることだと考えられます。

   しかしながら、ライブの主役である「アーティスト」は、「オーディエンス」の『支え』なくしては、やっていけません。その支え方がCDを購入することであったり、ライブに参戦することであったりといった形が多いと思います。この『支え』をサッカー観戦でいう、『応援』にあてはめてみましょう。応援し、本当に愛する気持ちがあれば、精一杯前を向いて、ライブを盛大なものに出来るのではないか、と考えられますが…
   度々このブログで挙がる夏フェスを例に例えてみます。「色んな(好きな)アーティストのライブを観たい。楽しみたい。」こういった気持ちが、多くのオーディエンスにはあるでしょう。この言葉は、『楽しみたい』が先行し、『自分の為に楽しみたい』といつの間にかとって変わる可能性があります。これでは、「好きなアーティストを支えたい」という気持ちが顕れているかどうかは、疑問です。「楽しみ方は自由」などという原始的な思考は、論外です。本当に好きなアーティストがいるのであれば、一度、好きなアーティストに対して手紙を書くなど、してみては如何でしょうか?
 
   サッカー観戦について、話を戻します。こちらはライブやフェス参戦と違って、「1つのチームを応援すること」が一番価値があります。詳しく書くと、「好きなチームの選手がいいプレーをしてくれるよう応援し、それによって生まれた素晴らしいプレーに一喜一憂する」ということが観戦の楽しみ方だと思います。アーティストの主催する音楽のライブの場合は、オーディエンスが動くことでライブが盛り上がり、それによりアーティストのパフォーマンスが向上する…?なんだかしっくり来ませんね。アーティストからすれば、珍しい曲を演奏したり、近くまで行くことで、ファンにサービスをすることで、楽しませることが出来るのでしょう。
    
    では本題について。「ライブ(生)で得られる感動」。規模が全然違うとはいえ、これまで私がライブハウスやフェス会場で得てきた感動、その光景は数多くあります。しかしながら、暴力や暴言など、他の客の非人間的行動によりそれが掻き消されたことも、しばしばあります(モッシュピットに自分が入って行った時の、ぶつかり合いは除きます)。
   こういった人達がいるからこそ、一部のファンにはアーティストに対する『応援する心』が欠落しているのではないか?と先に述べるに至りました。この件に関しては続きを書くと非常に長くなるので、今回はこの程度に割愛します。同じアーティストを好きな仲間同士のはずなのに、争っているのであれば、それは非常に悲しいことです。
   
   サッカーでもライブでも、それらにおいて感動を共有することは、非常に大切なことです。心なくして楽しみなし。気持ちがいつしか何処かで歪んでしまうと、別の次元へと旅立ってしまいかねません。音楽でいう「仲間作り」だとか、「サークルピット作り」だとかに感動は得られるのでしょうか。アーティストのMCの言葉を聴きはするものの、彼らに背を向けて仲間内で騒いでいるだけではありませんか?己の娯楽のためだけに動くのならば、一度アーティストを好きになった時の気持ちを、考え直して見てはいかがでしょうか?
    前を向いて、好きな気持ちを前面的に出して、相手と向き合ってみると、すんなりと得られるものがあるかもしれません。
AD
前回何を書いたかあまり覚えていませんが、今回はお客さんにありがちな心理状態を書きます。

今回もディスらず、愛情を込めて冷静な分析をしたいと思います。


真夏の宇治市某所。

何処かの運動公園。


その一角のグラウンドみたいなところに現れる、目立ちたがり屋さん。


さぞかし快感なことでしょう。


その心理やいかに・・・


もしかすると、「罪を犯して目立ちたかった」人の心理と、類似しているかもしれません。



世間には秩序があります。

テレビに映って有名になりたいために罪を犯せば、ゆくゆくは逮捕されるでしょう。


一方で、ライブハウスやフェス会場には、秩序はありません????

サークルの真ん中にいる人
「いやいや、楽しんだ者勝ちでしょ???」


・・・・・

ライブやフェスは、運動会ではありません。勝ち負けはありません。


この視点からすれば、目立ちたがり屋は周りの客なり己自身なり、何かと勝負をしていて、それに打ち克つために、とんでもない動きをしようとしているわけです。


しかし、目立ちたい男女が周りの人たちからキャーキャー言われたいイベントではありません。


どこかの9のつくバンドの人が言ってる台詞の受け売りになりますが、、、


ライブやフェスでは音楽を楽しみましょう。


普段から苛々しやすく、犯罪者になれない人が、ライブハウスやフェス会場に現れて鬱憤を晴らすために目立とうとしているとするのであれば、実に哀れだと思います。

ライブに秩序なんて今や存在しないので、場の空気を読まなくても結構だと
思いますが、いつの間にか見えない敵と戦うようなことは、やめておきましょう。。


音楽が演奏される場所は決して目立ちたがりファンのホームグラウンドでもなく、
あなたたちの住所は、ライブハウスでもフェス会場でもありません。
おとうさんおかあさんのところか、自らの自宅が、おうちです。


あっ・・・

{5ECDC8E6-843C-4789-BC6A-9478B8F59A7D:01}




前回書いた、どこかの目立ちだがりビッグマウスな某Mバンドマンをディスりたくなるような展開になってきてしまったので、この辺で今回はやめておきます。


AD


こんにちは。

今日もなんとなく思ったことを、ブログに書こうかと思います。

このところ、暑くなってきましたね。
夏も近い、フェスの季節も近い、ということです。

そんなわけで、今回もしょうもないことについて、調べてみた。

{815DADFB-A389-4157-B841-423650034384:01}


{E9F369B8-1660-4411-9613-2B2BD0572F43:01}


{A21F153F-77C4-40BA-9D08-5F09FF6B44DB:01}


↑MAN WITH A MISSIONさんのホームページより。

なななななんだこの夏の予定は?


2か月で8本、北は北海道から南は長崎まで、ショートツアーしとるようなもんではないか…
3年くらい前から、爆発的な人気ですもんね。

続いては。

{9D3B99CB-8FD9-4724-8391-FBDC3DD75429:01}

{A4EA5160-A932-4AE4-84FE-4814962400FC:01}



伝説のBRAHMANさん。
こちらも夏に7本。

ツアーできますやん…(二回目)


最後に。

{2F649408-BC24-49C3-8673-24C6F78698C1:01}


{460CE751-FEFC-4354-B010-135685CA04B3:01}




10-FEETさん。
彼らも主催の京都大作戦を含め、8本。

これら3アーティストが勢ぞろいするフェスは、何処でしょうか?

いやー、しかし凄いですね。TUBEさんもビックリな、夏男達の宴か?
あと、このブログをまとめている途中に分かったこと…それがつまり、↑に書いたことの大文字の疑問に対する、答えになるんだけども、


京都大作戦とDEAD POP FESTIVAL(笑)

キッズ「2週続けて同じメンツを観れる!ヤバい!」



なんていう神展開に…じゃねえよ。なんでワンパターンな面子しか集められないのに、全国あちこちでフェスやりまくるんだよっていう話。

ー答えは金儲けと自己満足か?

客は楽しめればそれでいいかもしれないけど、なんか変なところにツッコミたくなるフェスってのんはねえ…
まさに客寄せ狼バンドと化しているマンウィズさん、その胸中は如何に?




最後に、夏フェスに参戦する方、メンバーの皆さん、水分補給と体調管理には気をつけて下さいね!

すぐ汗をかく身としては、フェス1日あたり、アルコールを6~7杯くらい補給しないといけないので、行けません(笑)なぜ缶を持ち込み禁止にしたのか…あ、持って行っている人いるけど…

歳を食うにつれて、夏の野外っていうのはきついものがありますね!!(笑)


AD

2015、ライブ参戦予定と記録。

テーマ:

( BGM:ミニモニ。ひなまつり / ミニモニ。

ネタから入ってすみません。

しかし…おかしいな。

2015年はまだ3月に入ったばかりなのに、気がつけばもう、ライブ参戦の数が10数本軽く超えている。


そんなつもりは、全くないのに。笑


なのでとりあえずまとめてみる。


1/5   DIR EN GREY@なんばHatch
1/6   DIR EN GREY@なんばHatch
1/10 DIR EN GREY@新木場STUDIO COAST
1/11 DIR EN GREY@新木場STUDIO COAST

2/5   sukekiyo@梅田CLUB QUATTRO
2/19 イツエ@京都MUSE
2/25 イツエ@神戸太陽と虎
2/26 イツエ@梅田Zeela

3/9   凛として時雨@Zepp Nagoya
3/27 はるちゃむ企画@南堀江SOCORE FACTORY

4/3   DIR EN GREY@CLUB CITTA' 川崎

5/2   DIR EN GREY@なんばHatch
5/3   DIR EN GREY@なんばHatch
5/7   DIR EN GREY@オリックス劇場


頑張ります。。





セトリは、こんな感じでした。

{E1BABA16-786E-4A40-AE81-9A217BD96E38:01}


ライブが終わってからすぐにスマホからメモしました。


イツエはおそらく6度目くらいで、昨年末の阿倍野ワンマンぶりに参戦。

その時はやらなかった『言葉は嘘をつく』を聴けました。すごく良かったです。

この日は仕事後、大阪府内から京都まで向かいました。前回ブログで書いた急いでいた理由はこれで、スマートフォンを道路に落としたのは、早く会場に行きたかったから。

開演前に京都MUSEになんとか到着。
ここに来るの、おそらく1年半ぶりくらい。
対バンはThe Sound's Pierrer, reading note, Qaijffの順でした。
感情篭る素晴らしい曲の数々を聴けたため、ビールを美味しく堪能できました。

トリのイツエ。
ネモフィラ始まり。
時折前方に攻めてきつつもやはり優しい瑞葵さんの声、久慈さんのキメまくるギター、リズミカルな馬場さんの動きにベース音、吉田さんの面白いMCと光るドラムプレイ。

イツエ、大好きです。

飲みながら聴いているのもあるかもしれませんが、感情の伝わり方がとてもストレートにくるので、無意識に身体が動きます!

2回目のグッドナイト、青空に駆ける主人公の姿が鮮明に浮かんできました。


{37C55CE3-25A5-432C-9987-5C2C329F436E:01}



( イメージ画像 )

フォルダー漁ってたら去年の春の甲子園のがたまたま出てきたんだけど、高校球児に『グッドナイト』はぴったりな気がしてきました。テーマソングにして聴いてみたら、さらに清々しい気持ちになれるかもしれません。

青春って、いいなあ。