中島商店

テーマ:
{DCF81CE2-4C03-45D4-B1BC-E5F5CE5D40A0:01}



ホンダのナビで北近畿豊岡道を走っていて、とある場所にこのようなランドマークだけ現れます。

和田山IC~八鹿氷ノ山IC間を走る時にいつも表示されては「何なんやろ?」と思い続けてきたので、今回ついに意を決して行ってみることにしました。

そこは、なかなかの試練の道でした。




まず、北近畿豊岡道和田山ICで下り、312号を9号線方面へ。
(氷上方面から遠阪峠をそのまま抜けても勿論OKです)

{1F98CAAA-C2C4-42F7-AF65-88D14EAD8779:01}


9号線を鳥取方面へ。
トンネルをいくつか抜け、標示はありませんが県道527号へ行きましょう。

{2FA4C934-BDBF-4CFA-AAA1-C0D51E9D895B:01}

しばらくは開けた道が続きますが、坂を上り北近畿豊岡道より先は1~1.6車線程度の離合困難な道幅、朝来市から養父市へ抜ける酷道になります。

{115A5FBB-44A3-45A2-AC88-619D8C99F484:01}

養父市との市境へ至ると、停車できるほどの道幅になっています。

{B3802C93-59AE-4EB5-8661-560F865A13AA:01}

527号はこのあたりで終点となり、気がつくと県道136号に変わります。

この136号ですが、県道ですが謎があります。

{7DD784CE-3B53-455C-8B5A-F41E82C0B026:01}
朝来市山東町から起点となり、

{D15145FC-613F-406E-A183-7B6384112396:01}
和田山インターを過ぎ、

{C45F3A82-3A6F-48E7-AA1E-1E4501626050:01}
円山川を越えて、

{1E6ED4BC-D5F2-460F-AC50-50B653617A3A:01}
途中の山道で一旦終点となり、養父市にてまた復活するという未開通の点線県道のようですね。

もしかすると、山道を通って抜けることが出来るかも知れません。



話が逸れました。

 

再び北近畿豊岡道の下をくぐると、それはついに見えてきます。

{8F5568E3-0F46-4FFC-B4A4-40513B047514:01}

グーグルマップでも確認できますが、右手に写るのはまさに養父市畑に表示される冒頭の地図画像の表示にある中島商店さん、そのものです。

外観は民家ですが、ほんの小さな空間だけが店舗スペースになっていました。



{59FB60F9-AA5C-4FAC-9E8A-0B54FCE9FA40:01}

帰路は、道の駅八鹿但馬蔵によって帰りました。

特に何もすることはありませんでしたが、空が綺麗でした。




※道路上の画像は全て、サイドブレーキを引いて停車した上で行っており、運転中のスマートフォン撮影を助長させようとしている目的のものでは一切ありません。






AD