秋から冬への散策。

テーマ:
あまりにも…だったので、こんにちは。

今回は晩秋から初冬へと向かう、大阪の日曜日を、描いてみることにします。

散策紀行でありつつ、切なさを。笑

{3442B641-3AED-45CB-9DC8-DE656E5381C6:01}


オレンジ色が紅葉を彷彿とさせる、今の季節に相応しいような某駅から地下鉄を乗り継ぎ、谷町線の谷町四丁目駅へ。

谷町線の天満橋から谷六…
ここは僅かな時期だけ、思い出の場所です。
そのエリアと今回は、あんまり関係なく。

中央線と谷町線の交わる、谷町四丁目。

中央線側、11番出口を出ると、そこで待っていたものは。

{DC1DB283-C540-4A16-8B6A-E4DD415C807E:01}






 
{7DF234D1-7985-4F3A-AE56-F9D560573799:01}





晩秋に染まった、法円坂の交差点…


いやあ、秋だなあ。と今年初めて思ったかも知れない。
今回の目的地はここでは、なかったのだけれども。
何処となく見える大阪城の建物が、意外に哀しく見えました。



今回は、なんとなく、難波宮跡公園に行ってみた。
阪神高速の環状線?から東方面に向かうと、ふと、進行方向の右手に謎の空間が見えてくる…確かここで見た景色が、これだったはずなんだ。

{3F51A062-5E9C-487E-BCC0-566975C3D43C:01}


町の真ん中に突如現る、謎の広場。
地元の人は知っているであろう、奈良でいう平城宮跡のような、それ。

{72D2131E-23D7-4254-8590-222FD4FCAFAE:01}


足を運ぶだけで、得られた感動があった。謎解きが一つ出来たような気がして。
冬の昼過ぎに訪れた、少し灰色がかった空に映えていたけれども、温かった。
きっと、地域の人たちに愛されているのだろうと思った。


{E96152D3-099B-4332-B4FE-D1B8FB8A0375:01}



ついでに、法円坂の交差点で見た、朱色に染まった道も足を運ぶ。
こんな穴場があったとは、知らなかった。

NHKの裏、大阪城へ通じる道には、秋があった。

しばらく歩いていると、市バスが来たので、行き先を見ると…住吉車庫。
この後は難波に行こうかと思っていたのだけれど、バスの行き先にはない。しかし、あべの橋…なんばの南のターミナル駅、天王寺には行くみたいなので、気分で乗ることにした。

長い上町通りを南に下ること約20分、おそらくかつてここには市電が走っていたのだろうなと、思いを馳せつつ、あべの橋で下りた。

{B56ED169-4781-4B80-B0AB-8E7EE7BCBA71:01}



市バスのおりばを正面に向かうと、あべのハルカス…上層部がオープンする前に一度来たけど、今回初めて新しい天王寺に。

なんだか、変わったなあ。

天王寺にも、2件ほど思い出のある場所。
そんな土地がいつの間にか変わっていることを思うと、少しだけ、寂しくなる。

ここって、こんなに栄えていたっけ?


キューズモールに、CD屋を探しに行った。
ない。
4階に、ガーデンがある。
そこだけ、行ってみようと思った。

{5D603533-CBE4-44CF-9D46-80B53F68F13E:01}


僅かな敷地面積に、オープンカフェ的な机椅子が並び、その中央に、緑。

うーん、何なんだろうここは?という疑問をのこして、去った。
幸い、このガーデンから下のフロアへ下りるエスカレーターへと、逃げ道として繋がっていたので、敗北感を味合わずに済んだ。


キューズモールさようなら。


それから、近鉄阿部野橋駅方面へ。

次は、あべのフープへ。

あったあった、タワレコ!
{C398984B-4CEF-4884-B1FE-2FED70E53108:01}



6階にあった。

今回は、きのこ帝国のアルバムを、梅田以外で買うというのが、第二の目的でした。

何故か知らんが、あっちにはないもんがあってん。


発見!

{48B6AB05-8F38-4712-A3C6-B2A173BA39D3:01}


これは、茶屋町には、多分なかった。笑
新しいのんやから、別んとこにあったんかも知らんけど。

色んなタワレコでお馴染みラウドパンクコーナーに加え、かつて神戸店にあったインディーズコーナーも設けられてて、見やすかった。
ラウドパンクコーナーにはCrossfaithのシングルが直筆コメントとともに、あった。


あべのフープ終わり。

あべの橋駅を過ぎ、天王寺駅まで直接通路が繋がっており、人が沢山の日曜日の天王寺を動くには、便利さ半端ないなと驚いた。


環状線に乗って、帰る。
しかし、ここの駅はよく分からん。

環状線外回り内回りと大和路線の乗り場が別にあるん、やめてくれやんかな?
よく分からんので、大阪から奈良方面に変わる大和路快速がすぐ来る時間帯だったので、大和路線の乗り場から快速に乗って大阪に帰った。


…定刻通りに、こなかった。さすがJR西日本や。笑

まあ、その時は確か17時半にもなってへんかったから、いいか。。


もはやオンボロと化した221系の白い快速に乗り、大阪へ。


大阪駅も、人が多かった。
3分遅れていた大和路快速に、いつまでも止まない駆け込み乗車客達。
大阪はこんなもんやで、と言わんばかりに次から次へと、発車を阻止しようとするデモ行進。

駅側は、怒声で臨戦するも、当然のごとく、発車阻止を生業とする人達には、届かない。
催涙弾でも飛ばさない限り、これは防がれへんのちゃうか?
人間処理力が、足りないな。笑


そんな間抜けな人混みを抜け、グランフロント側を通って帰ろうと思った。
スケートリンクがあった。

思えば今年の初冬、名古屋は栄のオアシスでも、これを見かけたな。
昭和に流行った屋外スケートリンクブームを、軽く30年は経ったであろう今また、興そうとしているのか?

梅田には、小雨が降っていた。

なんだかよく分からない景色だったので、無視してヨドバシの方へ向かう。


横断歩道に差し掛かり、青信号。

今度は、横断歩道に余った車が、歩行者を阻止する。すし詰め。
初詣ではないのに、滑稽な景色で、渡れず諦めた。
実は、天王寺でも同じ光景に当たったが、その時は単に人が多過ぎて、車に妨害されたわけではなかった。


日曜日の力は、怖いものだ。

さようなら秋。こんにちは冬。

秋の最後の赤い町並みに、いよいよ私達の本番がきたのだ、お疲れ様ありがとう。と、いつしか冬の代名詞となっていた電灯達が、手を振っているかのようだった。




AD

活字離れからの回帰

テーマ:
こんばんは。

昨日、インフルにかかったピュレです。

それゆえ、今日は家で引きこもり。

読書しました。

深見真さんの「ゴルゴタ」っていう小説です。
近所の本屋で、2週間以上前に表紙買いしたのに、なかなか読む気分になれず。

そう、一人暮らししだしてからスマートフォンに取り憑かれている時間が多いからやと思われます。笑

そのスマートフォンに取り憑かれている云々の話については後述するとして…


ゴルゴタは、ツイッターで某バンドのメンバーの人が面白い、て書いてたらしいけど、そんなツイートは見てへん。
たまたま重なっただけ…あかん、また話逸れつつあるな。

この作品は、人の「痛み」を忠実に描かれてると思いました。
妊娠中の妻とその母親を未成年のワル共に惨殺された主人公・陸自特殊部隊の最強男・真田聖人の復讐の生き様が描かれています。
そこから、復讐には、生きるためには、心の拠り所、大義名分が必要なんだなーと感じた。
真田は犯罪者だけど、そこには筋が通っていて、一本の柱を持った人間。
しかし、警察の特殊部隊数十人をもほぼ1人で駆逐するとか、ホンマもんのアホやコイツとしか思えん展開やった。笑

一人テロリスト真田の、次作に期待です。笑

で、こっからが本題。

久々に読書して思った。

活字離れが進んでるなーワシ、と。

とりあえず本を読め!かつては色々読んどったのに、なんで最近読んでへんかったんや!と悔やんでいる現在。笑

何かを読むことで、色々考えることや、先に繋がる何かが見つかるんちゃうかなーと。
もちろんそれは誰かの考えに影響されるとかやなく、自身で悟らなあかん。
己の感性で進んだ方が、人生楽しいからなー。

その活字離れを起こしたんが、今この記事を書くのに使とる、この悪しきスマートフォンの存在や。笑
どこがスマートやねん、クレイジーフォンの間違いちゃうんけ!と、使い方次第ではホンマに思います。

何もかも多機能化、利便性の向上によって、自由が生まれる。

それにより、依存症となり、スマートフォン中心→自分中心の世界をここで繰り広げることが可能なわけです。


結果、自分は何でも出来る→何をしても良い

という誤った方向性に至り、あたかも別人格のようなキャラクターを、この小さな箱の中で生み出しているケースが多々見られると思います。


極端に言えば、スマートフォンをいじることによって、「主人公は私よ!」って気分に浸れる、ってことね。笑

昨年くらいからバカッターとかそれに類似した犯罪が多いですが、それらは上記の推論から生まれた脳内スマートフォン化によって起きた、無様な末路でしょう。
この記事の冒頭、ゴルゴタ関連の感想で痛みがどうたらこうたらと書きましたが、スマートフォンの過度の操作により、人の痛み、周りの人の痛みに対する配慮が、徐々に欠落しているので、何でもかんでも愚行に至れるのではないでしょうか。


今一度、己の視野を広げ、生きる目的や、痛みについて考えてみたらいいかもしれません。

真面目な話、おしまい!

ふざけた人間がこんなこと書いても、説得力あんまないやろなあ。笑

AD

{8382BB54-F529-4C57-AF88-CDDD8392F3F8:01}


どうもこんばんは。

旅と夕景と鉄道と建築物と花畑と温泉、そしてライブが好きなピュレです。

{4AAE2A8F-F3EB-4005-91CD-4030369A0D22:01}


この前は亀岡の夢コスモス園までコスモスを見にいき、、
{720E7DFC-62B7-48A6-B27B-33B546A435D0:01}


8月末にはZepp Tokyoにライブに行き、

{85B5B239-C8B0-4C5B-B708-5D05859D67EE:01}


9月半ばには湯原温泉に行き、

{1BD1EC87-3024-461B-9FCE-7962D52E5307:01}


その数日後に和歌山駅からたま電車に乗り、

{0FF8EF43-F150-4FB1-A627-C060716FDB54:01}


たま駅長にそっぽ?を向かれてきました。

そんなわけで、先月初旬は赤坂までライブに行ってきたのに続き、

{765E3AF6-96C6-4A8D-8DA5-95D99BC57DDF:01}


今月は川崎まで行ってきます。


AD