{938AD50E-DD73-46F6-BB6B-4D04DB3A563D:01}


{37AC0567-C3EC-49A8-A345-AAA2BF5EA0ED:01}

{FFE2E29D-D854-43DF-8707-F7B28E517697:01}

{30505513-AD39-4CC3-8C02-68DAE9340A3A:01}


ちょいと仕事帰りに梅田、大阪、難波に寄ってみました。

梅田、くもり。

難波、雨降りかけ。

そこから阪神で兵庫県に帰った時は止んでた。

更にバスに乗り、家の方まで帰ると…




えっっっっ?????


ザーーーーーーー…


おかしいな、さっきは降ってへんかったやろがい!(播州弁が出てしもた)


見事にバス停から動けず。

少し弱まったので、突撃してみた。


ザーーーーーーー


また強いのんが。


別の屋根で雨宿りし…いつまでも待っててもしゃーねえなあと思い。



映画のワンシーンのような、ダイブ。


…プールに入りました。


全身びしょ濡れになり帰宅。



そこから身体を拭き、近場の、いい感じのお店へ晩御飯をたいらげにいこうかと。


勇気をもって一人、入店したのはいいんやが…


??????


アコースティックライブ中やん!汗


呆然と立ち尽くす、自分。


優しい常連客のお姉さんが、店の人気づいてないでとゆうてくれた。


店内の席、フルの少し手前でした。


お姉さんの前の席へ。


食事とビールを、頼む。

ビール、すぐにきた。

飲む。

音楽を聴く。


二曲くらいして、ご飯くる。


生の音を聴きながら食べる。


ええ音にええご飯。

初の経験?だと思うけど、なかなか良かった。

て、また色々飲んだり話したり。


ライブ後はジャズかかかっていました。


そうそう、今日は初めてジャズのCDを買ってみた。

10年は昔からウッドベースの音が好きやってんけど、買えず昔に至ります。


レイ•ブラウンとポール•チェインバーさんかな?

オススメのをスマホから調べて、買ってみました。


お店から帰宅して、すぐにコンポに。

んー。いいねぇー。

コーヒーによーく合う。


いつの時代も、ジャズ好きな人はこうしてゆっくりとした時間を楽しんできたのかなあ。

父親がかなりのジャズ好きだったから、こうして共通の趣味を持てるってことも、楽しみ。


と…話は、、飛ぶぜ??笑



明日は、、



久々のライブ参戦、、




HAWAIIAN6のツアーです。笑



今日は知らない人とちょくちょく話ができたから、また明日も楽しみたいなあ^^
AD
{EF2C6845-D436-4B27-BEE1-8BEFD1031C3F:01}


こんばんは。

ちょいと今日は河原町までカラオケへ行ってまいりました。
その後、近くの某古着屋さんを二つ回り、GAPへ行き、UNIQLOでポロシャツを購入。

で、思った。
ポロシャツは古着屋さんにはあんまり売っていない…

GAPにはあったけど、在庫処分的なのんばかり。
最後に行ったUNIQLOでの、ポロシャツの数には感動を覚えました。笑

上記の件から、京都は学生の街ゆえに、シンプル過ぎる服装よりも、少し小洒落た服装のほうが流行っているのかな?と推測した所存です。

やはり、自分の年齢柄か、そういうファッションの工夫というかアピールというか、そんなものはもうどうでも良くなりつつあります…

シンプルで地味なのでええわ、と落ち着いた服装こそが、年をとったと感じる瞬間なのでしょうか?


さて、話は変わり。
関西には、未だに街の真ん中、喫煙禁止区域指定がされている場所でも、堂々と歩きタバコをしている愚か者が居てます。

今日の四条でも一人、そんな人が見られました。
これはおそらく、首都圏ではそうは見られない光景ですよね…

それが関西のイメージ悪化になりませんように…

た、ただ、…これが関西の府県民性なんやよ!

とフォローしておきます笑
AD
{4755DFEC-5241-4BE9-88B9-9D599B25D334:01}


これも、遥か昔、高3くらい
の時に買った名盤。

なんでこんなん知っとんねん自分、


っていうツッコミが聞こえてきそうです。

その昔、高校で第二外国語やっていた時、
フランス語の選択の人らが合唱で唄って
いた時、鮮明な印象を受けたのでした。

自分はスペイン語を選択していて、かの
有名なグァンタナメラ?を唄いました。


でも、確実にフランス語の唄の言葉の響き
に惹かれてしまって。
以後、独学で勉強したのち、大学の第二
外国語でフランス語を独り、二年間ほど
優で単位取得していました。


あー懐かしいなあ。

他にもLIOとかクレモンティーヌとか、
バーキンとかゲーンズブールとか、
従兄弟にフランスの人がいるので、学ぼう
と思えば容易くできたのにしなかったこと
を後悔…

結局大学までフランス語を勉強した程度
で今に至りますが、外大を受験して落ちた
記憶も、蘇ってきました笑

もっと勉強しておけば、良かったなあ。

偏差値45くらいの高校に行き、英語だけ
は偏差値60近くまで出したんだ
けれども。

何事も、環境は大事ですね…

限界に挑んで、それを超えるのは己次第
だなあ、と今でも思います。


結局、、母校創設以来現役で初めてという
私大にマグレで通ったんですけれども。

あの頃のフランス語への興味がなければ、
英語をひたすら勉強してなかったかも
知れないし、二つくらい上のランクの大学
へと行けなかったかも知れない。

あと僅かでも、器用に生きていけたら、
人生変わっていたのかなあ…
AD

{6E8600E4-B8BA-4E4A-91DF-BD861BD3DCD4:01}


左上から、LUNA SEAのMOTHER。
ラルクアンシエルのheavenly。
右下から、GLAYのBEAT out!
シャ乱Qのロスタイム。


どれも、90年代中盤のバンドブーム
に生まれた、各バンドブレイク時もしくは
ブレイク前のの名盤たち。

必然と、青春時代だった、当時を
思い出します。



あと一つ二つ、何かが足りない気がする
ので、また探して見つけたいと思います。

{C91A6F31-885F-4C74-A9EB-4A6BE13665CC:01}



そして、此処からは90年代のマイナーな
名盤と、ジャケ買いした名盤について、
語りたいと思います。

DUSK AND HER EMBRACE…
CRADLE OF FILTH(写真上)

初めて買った洋楽メタルのCDが、これ。


多分90年代の半ばか前半にリリース
されたであろう、ブラックメタルか
シンフォニックデスメタルのバンド、
クレイドルオブフィルスのセカンド
アルバムだったと思います。

当時、高2か高3くらいのときだったか、
ビジュアル系にはまっていた自分は
おそらく、ホラーチックなジャケットを
探していたのでしょう。

そんなわけで出会ったのが、これ。
後に和訳に挑戦したのですが、

訳が分からない英文法•単語…実にメタル
の深さを味わえる一枚です。

もちろんグロウルやホイッスル、お前
どっから声出しとんねん的なホラー現象
に出会えることもお約束します(笑)

ボーカル、ダニさんのスクリームに
なんとも言えない衝撃を受けた当時
でした。

で、次のアルバム…
もう説明は要らないですよね(笑)

90年代といえば小室さん、
小室さんといえば90年代。


ひたすら横髪をダラーンと垂らすという、
髪型を真似たコムラー現象が一部で
流行りました(笑)

すみません、半年くらい髪を伸ばしていた
高1の冬でした…

で、小室先生のHit Factoryについてですが、
代表曲のMAGIC、
多分TM NETWORKのRESISTANCE、
他にも50/50とか、TOO SHY SHY BOY!
とか、中山美穂さんに…女性アーティスト
に提供した曲が収録されています。

{9E4E4AB7-E115-454A-ADCF-9681620191D4:01}


{364BA212-9D2F-40A8-8C0F-5D1688A65B6F:01}


最後に、一世を風靡した小室カットを…
載せておきます(笑)


懐かしいなあ


何処かから聴こえる

テーマ:

{A1A62310-FECB-4D73-A749-F78B99730E44:01}



画は、Kalmahっていうメタルの分野の
バンドのCDです。


おはようございます。


iPodから、JAZZのコンピレーション
CDを再生しています。

ウッドベース(ベースかも知らんが)
の音が、実に深い味を出していて、
ヨーロッパの映画を見ているかの
ような気分にさせてくれます。


昨日、仕事中にFMからJAZZの音が
聴こえてきたので、今に至るのですが、
こうして色んなきっかけで色んな
音に出会うことは、とても刺激に
なります。

ラジオからの出会いってのは、
YouTubeやらインターネットやら
が普及した現在において、昔から
継承されている手段ですよね。
(リスナー数は減っているかも
知れませんが…)
そんなわけで、たまには普段の
音楽探求手段を変えて、新しい
手段を見つけてみてはいかが
でしょうか。

自分の子どもの頃は雑誌•テレビ•
ラジオ•のちにTSUTAYAが普及した
くらいで、ジャケ買いが音源探求
の手段として、当たり前のように
確立さていたように感じます。
雑誌のコメントしか情報のない
アーティストさんが多かったの
ではないかと、当時を思い出します。

そして、買った音楽に「あれ?」
と感じることもしばしば…(笑)
ただ、高2くらいでジャケ買いした
Cradle Of FilthのCDのように、
衝撃を受けたこともあります。

一方で、「このアーティスト
は売れるんやないか?」っていう
期待感を見出し、先物買いする
みたいな気分が、楽しめました。


今は、どうでしょう?
アーティストの代表曲を簡単に
知ることが出来るため、安全パイ
と書いてはおかしいかも知れませ
んが、己の好きな音楽ばかり
聴ける時代になってきていませんか?

聴く音楽が偏ると、似たような音ばかり
最高だと思いがちになる現象に陥って
しまい、考え方も偏屈になりかねません。

探究心を見出すためには、CD屋さんで
POPのリコメンドコメントを見ずに、
視聴もせずに、一度勢いで買うことも
してみたら楽しいと思います。

もっとも、CD購入はゲームではあり
ません。
情報が左右される世の中には、型外れは
異端だと感じられるかも知れません。

ま、それをどう感じるかは勿論個人
個人の自由ゆえ、今の音楽に飽きた
退屈な人は、是非ともジャケ買いして、
普段聴かない分野のCDを聴いてみて
ください(笑)