こんばんは。

相変わらず音楽バカです、ぴゅれです。
4/5~5/16の約1か月半の期間行われる、DIR EN GREYのTABULA RASA ツアーも中盤に差し掛かりつつあります。

このツアー、2009年のFEAST OF V SENSESツアー以来、ツアー参戦の原点に還り、積極的に参戦してきています。
その結果、これまでの参戦は、大阪京都と4本です。

残りはあと神戸と新木場、2本。

ここ数年、他のバンドライブにも多数参戦してきているので、同一ツアーでの参戦本数は、実に多い。

去年~今年の1月まであったTHE BACK HORNのリヴスコールツアーでは、京都神戸広島大阪東京と参戦していて、これらがその契機となっています。

ツアーで色んなところを参戦する楽しさ。
これがTABULA RASAツアーは関西+東京という形になり、名古屋に行けなくて残念ということにもなっています。

その反面、DIRは自分にとって絶対的なバンドなので、思考にまで影響を与えており、ツアー中は独特の頭の中に染まってしまいます。
16年くらい聴いているからね…

そして周りが見えなくなる、つまり中毒性に冒されます。

これがいいことなのか悪いことなのかわからないけど、ツアー中は他のことから目が離され、重たい頭の中になり、堅い思考回路へと…


結果、5/10のSiMと7/6のパスピエ以外、他のライブ参戦は何一つメドが立っていない(笑)

7月はあとフリーダム名古屋に三年連続行くつもりやけども、6月は何かいいライブがあるの?ってレベル。

自分にとって、月2度くらいが理想なんだけれども…。



うーむ。

つまり、ディルがある以上、他のライブへの魅力が…

そして他のを聴いていても面白味の欠落を招く。

他のライブに参戦し過ぎてDIRが見えなくなり過ぎていた年もあった。


他のバンドライブと、DIRのライブの参戦両立。

バランスをとるのは、限りなく無理です(笑)

一度行ったら、また行きたくなる、それがDIRのライブ。

盲目ってレベルでもないけど、これまで何百とライブに参戦してきた中で、一番世界観が凄い。

年を重ねるとともに音楽の優先順位に世界観をとる傾向にあり。
演奏上手い下手はよく分からないので…深みが一番の楽しみなんです。


最終的に一番何が言いたいかというと、他の音楽があまり聴けなくなるので困る、ということ。

色んな音楽に影響を受けて、柔軟な自分でありたいというスタンスを維持することは…なかなか難しい。

好きな道を歩むべきだろうか?








iPhoneからの投稿
AD