ストレスとの戦い

テーマ:
05-07-27_15-18.jpg
自分ニハ、辛抱ガ足リナイ。
自分ニハ、謙虚サガ足リナイ。
自分ニハ、学ブ姿勢ガマダマダ足リナイ。

ストレスをためていたのは、自分のふがいなさが原因だったんだ。
(ストレスが、ふがいない自分をメイクアップしていた)
何でも、人のせいにして、ストレスにしていました。
ストレスのせいで、自分から何かを始めることがまだまだ足りておらず、指示待ちになる時がある。

ストレスがなければ、頭をフル活用できるはずなんだ。(完全なる言い訳)


学ぶこと。

ストレス軽減の第一過程はそこにある。
常に頭を解放しておくのではなく、頭を使って次に何をしたらいいか、インプットした上で、自分をアセスメントするんだ。

結果が伴うまで反省を繰り返す。
できた・できなかった、じゃない。

そんなの、算数の計算だけの話だろ。

毎日出す点は、ストレス軽減の話なんかじゃなく、自分に不足している点はどこか探すこと。

そう、あたかもスポーツ選手になったかのように、日々一番を目指そう。
自分の中での、一番を。


根拠がわからず相手に怒られたり、きつく言われたりすると、ストレスが溜まる。
ストレスが溜まると、言い訳をしたくなる(言い訳をすることが多い)。
言い訳をすると、相手に不快感を与える。
不快感を与えると、相手の評価が下がる。

そしてまた、相手に怒られ、その根拠がわからなければ、ストレスが溜まる。

つまりストレスは自分から発され、そして自分に帰っくる、螺旋状のサイクルを半永久的に廻っているもの。

終わらない弧を描かず、終点・弧にぶつかる直径直線を描けるようにしよう。


では、自分以外の外的因子であるストレスはどこから発せられるか。

1・知人

相手がこちらの制御を超えた行為や発言をした場合、一瞬にして線が切れる。
切れたあと辛抱できることはできるが、いつ切れて爆発してしまうかわからない。
だから、ストレスを予防するために言おう、「やめて」と。

相手を気遣うことは大切で、この場合の「やめて」は気遣うことの一つになる。

3・街行く人・車

これはいつどこでどのように…(5W1H)発生するかわからない、完全なる脅威。

だから、無視するか、最悪その場を去る。
逃げるが勝ち、これ以外にない。

もしかしたら自分が他人にそうしてしまっている場合もあるので、気を配るようにしよう。

(実は今自分が、かなり汗臭かったり…かなり恥ずかしい)

次は、違うニオイをつけれて相殺するか、消せるようにしたい。

ってまあ、向かいにいる方(オバサン)からも化粧か香水のニオイが…
きっと、他のニオイからの自衛か、自分を飾るためのツール。

ちなみにボクは、前者です。
今の自分のような、臭いニオイを持った人が現れた時、自分に着けたコロンのニオイで、少しはその臭さから逃げられるから。
(ブルガリのブルーを使用)
てかホンマに自分が汗臭い…助けて。


早くシャワーなり風呂なり入りたい。


<続く>
AD

KAIDO

テーマ:
05-07-29_21-01.jpg
七月(なながつ)も、あと二日か…早いものですね。
この調子で、夏も早く過ぎ去って欲しいものです。
これから、退屈な夏が待っているからです。


予告通り、今回はPS2ソフト「KAIDO~峠の伝説~」について書きたいと思います。
昨日、ブログで書いた通り、某三宮のゲーム屋で購入しました。


コンクエストモード。

記念すべきファーストカーは、画像のように、マツダのロードスターにしました。
これが正解でした。
車重1000キロを切って小さいくせに、速いです。
(上り坂はさすがに加速が落ちますが…)

マフラーとエンジンを換装しまして、現在173psくらいまでになりました。
ライバル戦も、今のところ、広島と箱根で計20戦くらいして無敗です。

しかしまだ通り名が「ファットヤロウ」(初期設定名)のままだ…


前作、街道2のいいところをより良くしている。
それが、「KAIDO」を一日プレイしてわかった感想です。

操作面では、ドリフト時では荷重移動がスムース(ボタンを強く押せばうまくコントロール)になった気がしますし、滑りやすくなった気もします。

とはいえど、タイヤを2インチ大きくしているのですが…

また、自分よりも馬力の低いライバルに勝つと、1/10以下の確率でライバルが仲間になったり(ライバルリストで仲間の車が使える)することもあります。
現に、レビンとヴィッツRSが仲間になりました…

車種ですが、前作に較べ外車が減り(攻略本より判明)、国産車のグレードがよりマニアックになっています。
その車にエアロパーツをつけるのは勿論のこと、ステッカーやステッカーシートを張り付けることで、自分オリジナルの車をドレスアップすることもできます。


まだ色んなことを書きたいのですが今回のネタバレはこの程度に抑えておいて、またいつか報告したいと思います。

ちなみに、コード名は5_CTA9です…けれどまだエボ8GSR登場への道のりは果てしなく長い…




<次回予告>

今夜、久々に愛車を運転しようかと思っています(日曜日以降、運転しておりません)
そんな愛車、JZZ30 GT-T 2.5 TWIN TURBOに合う音楽は何か?
走りを確かめるとともに、調べてきます。
(前回はシャ乱Qをかけてタメの地元友達と騒いでいました)
持ち点が残りゼロなので、捕まらないようにしつつ…

この前、パワステが直ってベタ踏み可能になったので思いっきり何も走っていないバイパスで踏んだら、デジタルメーターが16●キロを表示していました;;

そんなわけで、仕事中にアクセルの軽い車に乗ると、直線ではかなり踏みたくなる傾向にあり、ステアリングも無理やり曲げようとしつつあります。
(こんなアホな運転していたらまたいつか必ず捕まるなぁ…)
誰か、ソアラの適切な加速&曲がり方を教えてください…

(続く)
AD

”Yahoauc”, it's my hobby.

テーマ:
05-07-27_15-53.jpg
オークション。

の記事を書こうとしていたら、前置きのための記事(さっきの盗撮の話)で一回分、スペースを使ってしまいました。

ダメだなあ。

さて、先に出品した3品の行方ですが…

3200円の収入予定。

再来月行く予定の「音泉魂」ライブ会場、泉大津フェニックスまで2000円強の交通費。

黒字です。
(※3品の購入時の原価を合計すると1万1000円くらいになりますが、それは無視してください)


正直、現在のところ、オークションは「安く買ったモノを少し高く売る」ためにあるのではなく、「不要なものを多く、安く売り何かの費用の足しにする」ためにあります。

「安いものを高く売る」、つまり金儲けでオークションをやっている人は確実にいます。
オークションで儲けるための本とかも確実に存在します。

しかし、当たり前のことそんな本を見て出品したところで、黒字になるとは限りません。
市場を分析したりするために、先行投資が必要ですし、そういったリスク面から考えても、副職的な視点で見ないといけません。

成功のための「数多くの失敗」を重ねないことには、儲けることには繋がり辛いと思います。



では、オークション屋は、どうやって儲けているか?
簡単にいえば、当たり前のこととなりますが「非常に安く仕入れたものを少し割増して売る。」

これが服とかだと、シーズンオフに安く仕入れた「セール物」を、次シーズンまで取って置き、次シーズン開始時若しくはシーズン中に売る…

この場合、売れ筋の商品を6~9か月前に見極め、状態よく保存するのが必要条件で、先見の明が必要となります。



とまあ、段々この記事の本来の主旨とはズレたことを書いていってしまいましたが、もちろん、ボクは金儲けでオークションをしているわけではありません。
金儲けのためにするならば、今回の3品のような、安価な出品はしません。

というか、開始価格をあまりに高く設定すると売れないのが、ヤフーオークションです。
2000円未満の安い品なら、半額くらいで出しても入札する方がたまにおられますが…

もっとも、ボクとしては、あまり原価のわからない商品は出すつもりはないです。
もしわかりづらい商品である場合は、ちゃんと原価をネットで調べてから、提示することが多いです。



そんなわけで、さりげなく値があがらないかと期待しつつ、オークション終了の日まで見守り続けます。
といえど、いくらになって欲しいとか、希望落札価格(設定額を上回る入札があれば、オークションは終了する価格)もしくは最低落札価格(この額を越さなければ落札は出来ない価格)を設定するつもりはありませんけどね…

終了後、「こんなに上がったんや!(落札された時、複数の入札があった場合ですが)」と喜ぶくらいです。
始めから儲けを期待してオークションをしていたら、なんか仕事みたいで嫌になる。

なぜなら、最初にも書いたけれどボクは趣味でオークションにモノを出しているから。





(次回予告)

給料が入りました。

早速、銀行に金を下ろしに行き、PS2ソフト「街道バトル」シリーズの新作を買いに行きます。
このソフトについては、先に攻略本を買うという、荒業に挑んでみました。


走り屋になりたい、もしくはクルマの運転の好きな方には、絶対お勧めのメーカー「元気」さんのシリーズです。

これまで、「首都高バトル01」「街道バトル2」と購入を重ねてきました。

かなり、いいです!!

そんなわけで、次回のブログでは、このゲームを買った後の軽い感想を書きたいと思います。



にわか走り屋気分を、アピってみます…

<続く>
AD

Stranger from ASIA

テーマ:
兵庫県公館.jpg
昨日の仕事帰り。

最後の電車の駅の前、本屋に行こうか行くまいか迷っていた。

10秒間位迷った結果、駅前ダイエーの7Fの本屋まで、行くことにした。



7F、手前・左端の列・奥寄り付近にある車コーナーに行った。
「人、多っ。」

よく見ると3人くらい、大の大人が群がっていたのは、「鉄道」コーナー。

というか夜の19時半位に、これだけの人数の鉄道立ち読み男が居ること自体、おかしかったんだ。



「最新ネズミ捕り・オービスマップ」を読んでいた。
(左隣にいた先客も、同じのんを読んではりました)

先客、帰る。
すると、

ピピッ

どこかで聞いたことのある音、それはデジカメの撮影音だった。

神経を研ぎ澄ます程耳を傾ける必要もなく、異国の言葉を耳にし、感じた。

「こいつら、中●人民共和国のスパイだな」(?)と。

奴ら、日本のいい部分を悪いようにパクるのが上手い。


…オービスマップはどうでもいいねん。

でも、立ち読みし終えても懲りずに奴らはピピピピしてたから、その辺にいた女店員さんに密告しました。

(4);「あの人ら、デジカメで撮影しまくってるんですけど」
(店員さん);「あ、ありがとうございます」
(4);「外国の方です」

すぐさま違和感なく駆け寄る女性店員。


それから先の、鉄道マニア男達の行方は知らない。
が、バカな「電車男」達だったということは確実に言えるだろう。

日本の雑誌が高くても、買えよ。
渡航する金が、あるくらいなら。

と、近隣外国人の、しかもいい大人(40代前後)の知性の低さを知った。

てか、隣国では普通にデジカメで本の内容を撮影しまくっていいのか??
なんとか肖像権がある日本では、それは条例に反するか法律に反するはずだ…

そんなことも知らんとやっている奴ら、さすが外国だなと思ったりもしたのだけれど…


根本的なことですが、日本でいらんことをして不正に情報(もしくはモノ)を得て、海外にそれを無断で輸出するのはいけません。
きっと、日本ではよくある、外国人の日常の一コマなんだろうけど。
やってることは自動車窃盗団のそれと、あまり変わらないような…。

ダメだこりゃあ。


よし、明日、ヨ●様関係の雑誌を物色しに、韓国へ飛び立つことにしよう。
もちろん、デジカメ片手にね。



※オークションの経過は、次回お伝えします。

画像:兵庫県公館
県警本部の隣にあります。
05-07-27_15-52.jpg
久々、音楽ブログ。

このところ「一杯一杯」な日々を送ってきたので、音楽に入り浸る余裕がなかったのでした…

しまいには今日風呂介助中に、ふと鏡を見ると。

白髪(本年度、二本目)…

ストレスから来る若白髪ですね、しかも一本だけとか。
プラスとマイナスの神経が対立し、マイナスが僅差で勝った結果なのだと思われます。

白髪の本数が指折り数えられなくなるほど、生えている年下の男もいますが…。
↑の持論でいくと、彼らの神経は一度やられてしまったものだと考えられます…



って。。

何白髪について熱く語ってるんだおれは…
思わず一人ツッコミしてしまいました、すみません。

そう、謎のCDRが出来てしまったのでした。



CDタイトル「あいうち vs THE BACK HORN」。

・ロックダンスシンガー・愛内里菜と、オルタナ系エモロックバンドバックホーンのスプリット盤。
絶対に実現しないであろう、ハイな作品です。

…かなり意味不明な解説はこのへんにしておいて、収録曲リストを書いておきます…

あっ、勝手に4puriレーベルでも設立しておこうかな…
4PCD-4001 ソニーのR使用


<収録曲>

☆愛内里菜
1. START
2. I can't stop my love for you
3. FULL JUMP
4. Over Shine
5. SPARK
6. STEP UP
7. Run up
8. Foever You~永遠に君と~
9. Dream x Dream

☆THE BACK HORN
10. 世界樹の下で
11. ゲーム
12. 墓石フィーバー
13. 運命複雑骨折
14. 雨
15. ひとり言
16. サニー
17. 奇跡


となっているのですが、致命的な欠陥が二つ程、ありますo

1。
7曲目あたりから1曲終わると、自動的にCDの回転が終了(総曲数・総時間が表示=CLEARを押したのと同じ状態のこと)しやがんだYO!!

すみません、思わず壊れました。

2。
9曲目と、16曲目で音が「え、ええええ」とカタカタします。

どっちもかなり聴きたい曲なのに…あまりRの読み込み面に傷がいってないはずなのに。


はぁ。

また、まともなRで同じ作品を作ろうかと思います。

画像:県警本部・南西側、元町方面から撮影。

「ここだけ、震災の爪跡が…」

いくらなんでも隆起しすぎだろ、と上り坂を通ってから思った。

いや、横の車道を通れば普通の坂道なんだけれど…




<次回予告>

・「どうなった?オークション」(仮)
9月の「音魂」のため、つまりライブの交通費稼ぎに放出した、微妙にレアな品々たちの行方を報告したいと思います…

果たして、採算は??
そしてタダでライブ会場まで行けるのか??

あっ。
まただ…
14曲目をかけたら、一曲で止まりました。