こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 インターネットを通じて日用品、家電などを貸し出す総合レンタルモール「おかりなレンタル」を運営するフォレストワン(東京都台東区)が、「お試し需要」の開拓に力を入れている。自動掃除機、高級炊飯器など高級家電を中心に、若い女性や主婦層に関心の高い商品の充実を図り、購入前に自宅で試せる利便性をアピールする。森川義明社長は「レンタルが賢い選択である考え方を消費者に広めたい」と話している。  「おかりなレンタル」は商品を一定期間自宅で使える、インターネットを利用したレンタルシステム。家庭の日用品やブランド品など、高価な商品を得意にしていて、個人ユーザーが一時的に活用するニーズを想定している。  利用するには、パソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)などでサイトにつなぎ、会員登録をしたうえで、希望商品、利用日時、期間などを選ぶ。料金はクレジットカードの引き落としが原則だ。返却は、あらかじめ希望日時を登録しておけば、運送業者が自宅まで受け取りに来る。商品が気に入れば、そのまま購入することもできる。  人気が高いのは米アイロボット社のお掃除ロボット「ルンバ577」。8万円程度の商品だが、おかりなでは5日間、1500円(キャンペーン期間中、送料別)で試せる。コメからパンが焼ける三洋電機のホームベーカリー「ゴパン」や、大手メーカーの高級炊飯器などが人気で、利用者からは「性能や操作性、騒音を確認したり、他社製品と比較できて便利」とコメントが寄せられている。  このため同社は、「お試し需要」のアピールを強化する方針だ。気になる高価格商品がある場合にも、レンタルを利用してから購入するかどうかを判断すれば、間違いのない選択ができること訴えていく。あわせて消費者が、試してから買いたいと考える商品の品ぞろえも充実させ、当面は、LED照明の関連商品の充実に力を入れる。 【関連記事】
「この記事の著作権は産経新聞 に帰属します。」


【おまけ付き 中古パソコン】【送料無料】【安心3カ月保証】何か一つおまけ付きます!!『再入...

AD
こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

東京ゲームショウ2011の入場者数が過去最高の22万2668人を記録 ●東京ゲームショウ2012は、2012年9月20日~23日に開催予定  2011年9月15日~18日の4日間、千葉県・幕張メッセにて東京ゲームショウ2011が開催。その入場者数が東京ゲームショウ事務局より発表された。一般日初日の2011年9月17日は、86251人と過去最高の出足を記録していたが、一般日2日目の9月18日もその勢いに乗って入場者数は83744人を記録。4日間合計で22万2668人と、過去最高の入場者数を記録した。なお、1日単独で見ても、9月18日の86251人は、2006年9月23日に記録した84823人を超え、過去最高となっている。この件に貸して、公式リリースの見解は以下の通り。 「東京ゲームショウ2011では、携帯型新機種の発表、発売にあわせた新作タイトルの展示があった一方で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上のソーシャルゲームやサービスなどの展示も数多くありました。家庭用ゲーム機向けに加え、スマートフォンやフィーチャフォン、パソコン向けゲームなど幅広いジャンルのゲームタイトルや製品が集まったことで、さまざまなユーザー層が来場し、その結果、過去最高の来場者数につながりました。  また、本年は“ゲームで日本を元気に”というスローガンを掲げ、出展社やクリエイターからも東日本大震災への復興支援義援金募集に協力をいただきました。主催者企画「ゲームで日本を元気に」ブースではメッセージカード展示などで、数多くの来場者から賛同を得ることもできました。東京ゲームショウにかかわった人たち全員からの温かいメッセージは、被災地の方々へきっと届けられたと思います」  なお、東京ゲームショウ2012は、2012年9月20日(木)~9月23日(日)まで、千葉県・幕張メッセで開催される予定とのことだ。 [東京ゲームショウ2011入場者数] 9月15日(ビジネスデイ)25631人 9月16日(ビジネスデイ)27042人 9月17日(一般公開日)86251人(内ファミリー8798人) 9月18日(一般公開日)83744人(内ファミリー14848人) 合計 22万2668人(内ファミリー23646人) ●過去3年の東京ゲームショウ入場者数の比較 2011年2010年2009年 9月15日 (ビジネスデイ)25631人24764人27435人 9月16日 (ビジネスデイ)27042人24229人24605人9月17日 (一般公開日)86251人 (内ファミリー8798人)81469人 (内ファミリー9221人)61138人 (内キッズ9579人)9月18日 (一般公開日)83744人 (内ファミリー14848人) 77185人 (内ファミリー13156人)71851人 (内キッズ12369人)合計22万2668人 (内ファミリー23646人)20万7647人 (内ファミリー22377人)18万5030人 (内キッズ21948人) 【関連記事】
「この記事の著作権はファミ通.com に帰属します。」


【お買得 中古パソコン 液晶セット価格】【送料無料】【安心3カ月保証】【ただ今HDD2倍に増量...

AD
こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 【上海時事】中国浙江省海寧市にある香港系企業、浙江晶科能源の太陽電池工場で、周辺住民数百人が15、16の両日、環境汚染に対する抗議活動を展開。地元当局は、工場の廃棄物管理がずさんだったとして同社に操業停止を命じた。18日付の浙江省紙・今日早報(電子版)などが伝えた。  8月26日に付近の川で魚が大量死したのがきっかけで、ネット上には「住民のがん発生率が上昇している」との書き込みも出現。今月15日夜には住民500人余りが工場前に押しかけ、一部が敷地内の車8台をひっくり返した。16日夜も数百人が集まり、警察車両4台を破壊した。  市当局は17日、記者会見し、工場から基準を超えるフッ素化合物が排出されていたことを確認。住民らに暴力を振るった工場の保安要員3人と、工場のパソコンを壊すなどした複数の住民の身柄を拘束したことを明らかにした。  【関連記事】
「この記事の著作権は時事通信 に帰属します。」


第2世代Corei3搭載!限定特別特典付!激安セール!【送料無料ポイント10倍】Lenovo(レノボ)G5...

AD
こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 中学3年生の娘をつれて東京ゲームショウに遊びにきましたよ。娘は特別ゲームマニアというわけではない普通の女の子。けれど、周囲の友人や兄弟はみんなゲームが大好きで、小さい頃から、身の回りにゲームキューブやDS、PSPがあったのです。最近はどんなゲームに興味があるのでしょうか。東京ゲームショウを中学3年生の娘とその母で歩き回って、気になったもの、遊んだゲームをご報告します!  一般公開日の東京ゲームショウはとにかく人が多くて、人気ゲームに並ぶには、よほどの根性がいりそう。とりあえず会場を一回りして、気になるものを見ていくことに。  中3娘が一番最初に立ち寄ったのは、なんと、「RAZER USA LTD」のブース。  ロゴは緑色に輝く3頭の蛇。かなりコアなゲーマー向けの、ゲーミングデバイスメーカーじゃないですか。 ちょうど入り口には,美しく青く輝くキーボードのついたノートパソコンで、「RAZER ELECTRA」のキャンペーン登録を受け付けていたのだ。娘はいきなり深いところに! 知らなかったけれどバリバリのゲーマーだったのかしら。と思ってびびった母でしたが、単純に中3娘は「キレイなキーボードだったから」ということで。タトゥーシールを貼ってもらって楽しそう。中3娘はこわいもの知らずということが、分かった。  この界隈にはグッズのブースが集まっていて、中3娘が次に「かわいー」と駆け寄ったのがアンサーのケース類。カラフルなケースに、動物たちをデフォルメしてデザインしたPSP、DSなどのケースは、「小物入れにして、いろいろ使えそう」とか。ブースのお姉さんによると、これらのケースやアニマルシリーズのイヤホンは試作参考品。反響がよかったら製品化するそうで、「ぜひ、製品化して……」とお願いする中3娘でした。やっぱ、女の子ってこういうのが好きなんだなーとおもう母でした。 (文/波多野絵理) 【関連記事】
「この記事の著作権はnikkei TRENDYnet に帰属します。」


【激安中古PCメモリー増設済】【中古パソコン】【送料無料】【安心3カ月保証】ハイスペック ...

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 横浜市は15日、公設の特別養護老人ホーム「市浦舟ホーム」(南区)で、県国民健康保険団体連合会(国保連)に請求すべき生活保護受給者の食費計28人分、計525万4200円を誤って受給者に請求していた、と発表した。1人で計74万7300円支払っていた人もいた。  市高齢施設課によると、同ホームは2004年7月開所。市福祉サービス協会が指定管理者として管理運営しているが、開所当初から11年4月までの約7年間、同ホームを利用する生活保護受給者の食費1日300円を利用者に請求していた。  生活保護受給者が利用した場合の食費は、国保連に請求すると決められているが、04年7月から11年4月までの間、誤って請求していた。  同協会はことし6月、パソコンのチェック作業などでミスが分かり、利用者や家族に経緯を説明し謝罪、返金を行っている。同協会によると、28人中1人は別の施設に移り、15人は死亡。死亡したうちの2人と連絡が取れていないという。  同協会は誤請求について「十分な知識がなかった」と説明。事務取り扱いを総点検し、情報を共有して再発防止を図るとしている。 【関連記事】
「この記事の著作権はカナロコ に帰属します。」


中古パソコン 安心の1年保証 毎日楽天ポイント5倍中古パソコン【4181】PanasonicLet'

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中のゲーム展示会「東京ゲームショウ2011」で15日、SNSサービス「GREE(グリー)」を運営する同社の田中良和社長が「ソーシャルゲームが巻き起こすパラダイムシフト」と題した基調講演を行った。  田中社長は今後5年間、世界中で爆発的なスマートフォンの普及が見込まれる中、10億人が利用できるサービスを作りたいと抱負を語った。また家庭用ゲームとソーシャルゲームの対立のような論調には疑問があると語り、両方の良さを生かそうと呼びかけた。  田中社長はソーシャルゲームの流行は「通信」「流通」「販売」という3つの革新と表裏一体で進んだと分析。今後は電話・デジカメ・パソコンなどのコンピュータを用いた製品がスマートフォンに機能統合され、大量生産によって価格が劇的に低下し、全世界に普及するという見通しを示した。  「GREE」のゲームは基本料無料のアイテム課金方式が中心で、国内で約2500万人、全世界で1億3千万人が利用しており、世界市場への進出を進めている。田中社長は南米やアフリカなどの新興諸国を中心に、今後スマートフォン上で、初めてゲームを体験する人が激増すると分析。収益化も重要だが、ゲームを通して社会のイノベーションに貢献したいと語った。  また田中社長は1977年生まれの「ファミっ子」で、「ドラゴンクエスト」「ストリートファイター2」などの人気ゲームに熱中し、大学生でインターネットを体験した世代。基調講演に先立って会場を一巡りした田中氏は「ソーシャルゲームより家庭用ゲームの方が面白そうに見える」と語り、さっそく予約したいゲームが何本もあったと話していた。(毎日新聞デジタル) 【関連記事】
「この記事の著作権はまんたんウェブ に帰属します。」


中古パソコン <デスク単体> 1年保証付★通常価格3万円以上をレビューを書いて激安価格でご...

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 NTTドコモは9月8日、LTEによる高速データ通信サービス「Xi」に対応したタブレット型デバイス2機種の発表会を開催した。それに伴いタブレット向けサービスやXiの料金改定などさまざまな発表がされている。その発表内容からは現在、NTTドコモ、ひいては携帯電話キャリアが抱える悩みが見え隠れする。 ビジネス・プライベートに向けた2つのタブレット  今回、NTTドコモから発表されたのは、サムスン製の「GALAXY Tab 10.1 Tab LTE SC-01D」と、富士通製の「ARROWS Tab LTE F-01D」の2機種。どちらも10.1インチのディスプレイを備えるスタンダードなタブレット型デバイスで、FOMAに加え、Xiによるデータ通信が可能。さらにAndroid 3.2にデュアルコアCPU搭載と高性能であるなど、一見すると傾向は似通っているように見える。  だが、実物を見ると、その傾向はかなり異なっていることがわかる。SC-01Dは、海外向けに展開しているGALAXY Tab 10.1のLTEへの対応、spモードや緊急地震速報への対応など、サムスンがNTTドコモの仕様に合わせた機種となっている。加えて、サムスン独自のインターフェース「TouchWiz」を備え、カレンダーや手書きメモ(ペンメモ)など、マルチタスク起動できる独自のアプリ機能も備える。  一方、F-01Dは、防水性能やワンセグ機能を備えているというのが大きな特徴だ。また携帯電話で一般的な着せ替え機能に相当する「スタイル」という機能を備えており、画面のデザインや壁紙、ウィジェットなどをまとめて切り替えられる。さらに、「楽天レシピ」をプリインストールするなど、女性やファミリー層を狙ったものとなっている。  その傾向の違いは発表会でも見られた。発表会場では、NTTドコモの社員2名によるプレゼンテーションが行われたが、SC-01Dは男性社員によるビジネスシーンでの利用、F-01Dは女性社員によるオフでの利用という内容だった。 Xiとタブレットの特性を生かしたコンテンツを用意  また今回は、従来のように、単にタブレットのデバイスを提供するというだけでなく、タブレットに向けたサービスを充実させているというのも大きな特徴となっている。  発表会では、タブレット型デバイスに向け、4つのサービスを案内していた。特に力が入っていたのが動画系のサービスだ。9月1日に日本でスタートしたばかりの月額1480円で映画やドラマが見放題のサービス「Hulu」、そして、吉本興業の芸人による短時間の動画コンテンツを配信する「よしもとケータイバラエティ JOOKEY」と2つのコンテンツを提供するほか、ビデオチャットなどが楽しめる「Qikビデオ for DOCOMO」も用意しているという。  加えて、サーバー上でゲームを処理してタブレットデバイスでも快適に楽しめるクラウド型のゲームサービス「G CLOUD」も予定している。いずれのサービスも一定期間無料で利用できるなど、Xi搭載タブレットでの優遇措置を受けられるサービスとなっている。  スマートフォンよりも画面の面積が広いタブレット型のデバイスに対し、高速・大容量・低遅延というXiの特性を生かしたコンテンツを提供することで、従来の先進層以外に対する普及に弾みをつけたいという狙いがあるといえよう。 “訴訟”という新たな悩み  従来「ドコモ スマートフォン」のカテゴリに区分されていたタブレット型デバイスだが、ラインアップが増えたことから、新たに「ドコモ タブレット」として区分するなどNTTドコモはこのデバイスの販売に注力する方針を見せている。だが、意気込む一方で、いくつかの悩みも抱えている。  1つは“訴訟”だ。今回発売予定のタブレット型デバイスの1つはサムスン製だ。だが、既にご存じの方もいるかと思うが、サムスンのタブレット型デバイスは、ライバルであるアップルが特許侵害などを理由に、欧州や米国、韓国など各国で訴訟を起こしており、ドイツなどでは実際に販売が差し止められている。  そして、日本でも、発表会前日の9月7日にアップルが日本サムスンとサムスンテレコムジャパンを相手取り、サムスン製スマートフォンやタブレット型デバイスの販売差し止めを、東京地裁に提訴し、第1回の口頭弁論が開かれたと報道されている。  このことに対し、山田氏は「(訴訟による販売差し止めが発生した)欧州と日本では訴訟内容が異なり、販売に支障はないとサムスンからは聞いている。著作権も日本と欧州では決まりが異なり、同じことが日本にそのまま持ち込まれることはないと考えている」と話している。だが、今後も訴訟が続く限り、何らかの影響を受ける可能性がないとは言い切れない。  このことは、グローバル展開する企業からの調達を増やしているキャリアにとって、世界レベルでの競争激化による“訴訟”と、それによる端末販売の不確実性という、新たな悩みが発生したことを示しているといえるだろう。 Xiの料金プラン変更に見る悩み  そしてもう1つ、NTTドコモの悩みを示していたのが、Xiの新しい料金プランだ。従来のXi向け料金プランである「Xiデータプラン」では、5GBまでは6510円(2年契約の場合)の定額料金で利用できるが、それを超えると2GBごとに2625円ずつ料金が加算される仕組みとなっていた。だが、ユーザーの声を受け、これを見直したという。  具体的には、今回、月額7455円(2年契約で5985円)で料金変動なく利用できる「Xiデータプラン フラット」と、データ通信量に応じて3970~7980円(2年契約の場合2500~6510円)に変化する「Xiデータプラン2」の2種類を用意。いずれかを選択できるようになった。また、通信量の上限も5GBから7GBに引き上げられ、それを超えた場合は、通信速度が最大128kbpsに制限されるか、2GBごとに2625円支払って通信速度を維持するか、選択できるようになった。  こうした仕組みは、「1年でトラフィックが1.7倍に伸びた」と山田氏が話している通り、近年のトラフィック増加に対応しながらも、「データ通信を定額料金で安心して利用したい」というユーザーの声に応えたもののようだ。だが、通信量上限を超えた時の通信速度の低下がかなり厳しいものとなっている。  現在は、98%の利用者が7GB以下で収まるとしているが、今後、動画などの大容量サービスを強化していくことを考慮すれば、この比率は低下してくると考えられる。また、自宅でパソコンを利用している人は固定インターネット回線と無線LANを備えていることが多く、そちらにオフロードできる可能性もあるが、パソコンを所有していない層にも広まった場合、そうした逃げ道も閉ざされる。  高速・大容量通信を提供しながら、急増するトラフィックに対処し、かつ安心して使える料金を求めるユーザーの要望に応え続ける。Xiの料金プラン変更からは、インフラを運営する事業者のそうした悩みも如実に伝わってくる。厳しい条件、厳しい競争下でこれらの問題をどう解消していくかが、キャリアの命運を分けるといえそうだ。 【関連記事】
「この記事の著作権はnikkei TRENDYnet に帰属します。」


[送料\399~]作業スペースを開放するノートパソコンアーム:【期間限定値下げ】EVERGREENEG...

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

携帯電話の持ち主の現在位置や、移動経路などがリアルタイムでわかる新たなサービスが、波紋を広げている。悪用されれば、自分の行動が知らぬ間に筒抜けになるということで、川端総務相も注目する事態となっている。 街の人は、「わたしは、断固として拒否します。勘弁してほしい」、「すごく怖いと思います。何してるか、ばれるんですよね」と話した。 どこにいても、行動が筒抜けになる。 世の男性が恐れるのは、あるスマートフォンのソフト。 一部のスマートフォン向けのソフト、彼氏追跡アプリ「カレログ」。 このアプリを使うことで、相手がどこにいても、居場所などが特定できてしまうという。 8月30日にサービスを開始した「カレログ」は、GPS(衛星利用測位システム)の位置情報を使い、恋人や家族の居場所を追跡できるというもの。 取材中の記者のスマートフォンに「カレログ」を入れたところ、現在地や、これまでの移動経路までも筒抜けになっていた。 あらかじめ、行動を知りたい相手のスマートフォンにソフトを入れ、会員登録するだけで、自宅のパソコンなどで、居場所をリアルタイムで確認できるようになる。 街の人は、「あったら、使っちゃうんだろうなと思うけど。でも、知りたくない部分まで知っちゃうのは嫌ですね」、「アプリを入れようっていう時点で、相手にとって不信感が生まれているわけで...」と話した。 そして、このソフトでわかるのは居場所だけにとどまらない。 使用しているアプリの一覧や、バッテリーの残量まで表示できるため、電源を切っても、「電池が切れていた」などの言い訳はできない。 当初は、通話履歴まで確認できたという、このソフト。 利用には、居場所を知られる側の同意が必要とされている。 しかし、同意の確認も、スマートフォンの画面上でできてしまうため、知らぬ間にソフトを入れられて、悪用される可能性もある。 大手インターネットセキュリティー会社「McAfee」では、「悪意を持った第3者が、個人情報を抜き取ることができ得る」として、当初、このソフトをウイルスソフトとして認定したほどだった(改善後、ウイルス認定を解除)。 街の人は、「(悪用の可能性について?)それは、やっぱりまずいんじゃないですかね。そこが改善できれば、まだ...」、「悪用されたときは、大変ですよね。ストーカーは大喜びですよね」と話した。 2011年2月、GPS機能つき携帯電話を女性の車に取りつけ、行動を把握していた男が、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕される事件も起きるなど、進化するGPSサービスをめぐっては、さまざまな問題も起きている。 スマートフォンにくわしい石川 温さんは「(アプリは)非常に自由で、オープンな環境になっています。なので、誰でも作れますし、誰でも世界に公開できるといった状況になっているので、野放しの状態になっている。子どもの安全を守るとか、そういった用途では非常にメリットも大きいんですけども。同じ機能でも、使い方によって、良かったり悪かったりするのかなと思います」と話した。 そして13日、川端総務相も、この問題について「アプリを入れるということを、本人の同意があるのか、ないのかは、たぶん一番の問題だというふうに思いますし。今の段階でいえば、サービス当事者の改善を見守り中」と述べた。 開発元は、通話履歴を見られなくするなど、ソフトを改良し、「浮気防止アプリという側面が強すぎ、プライバシーへの配慮が欠けていた。今後は、技術を生かして、子どもやご老人の所在地を把握するアプリや緊急時の安否確認などに生かせるアプリを作っていきたい」とコメントしている。
null


中古パソコン 安心の1年保証 毎日楽天ポイント5倍中古パソコン【4224】NEC MateMY28V/L-H...

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 オージス総研は、9月12日、海外のITサービス事業で、AWS(小西彰社長)と10月1日付で業務提携することに合意したと発表した。両社の経営資源を相互に活用し、中国とASEAN(東南アジア諸国連合)でのビジネスを拡大する。  オージス総研は、シンガポールを拠点に、子会社も含めて海外に進出した日系企業向けのシステム開発とITサポートサービスを提供するなど、海外事業に力を入れている。一方、AWSグループは、システム開発とパソコン・プリンタなどの機器の品質テストが強みで、フィリピンを拠点に、日本国内企業と現地日系企業に対して、システム開発や製品テスト、ヘルプデスクサービスなどを提供。また、フィリピンでは、技術者向けの英語研修サービスを展開している。  提携では両社の強みを融合し、主に中国とシンガポール、フィリピンでのビジネスを拡大する。具体的には、中国・ASEAN地域に進出している日系企業に対して、日本語・英語・中国語の3か国語に対応したシステム開発と、ヘルプデスク・製品テストサービスを展開する。  ユーザー企業の海外拠点にIT技術者を派遣し、現地で必要なITインフラやシステムの構築を支援するサービスも行う。また、IT技術者や語学力向上のためのトレーニングサービスも手がける計画だ。(木村剛士) 【関連記事】
「この記事の著作権はBCN に帰属します。」


フレッツ光を新規加入でレノボデスクトップパソコンをプレゼント♪詳しくは0120965880までお気...

こんにちは。今日もパソコン、ネット、携帯関連のニュースをお届けします。

 今秋、アップルは「iCloud」やTwitter連携などの新機能を搭載したiOSの最新バージョン「iOS 5」をリリースすると発表している。この新OSに合わせて、「iPhone 5」やら「iPhone 4GS」やら、何やら新しいiPhoneが登場すると予想されている。新モデルの発表を前に、量販店の実売データを集計した「BCNランキング」をもとに、iPhoneのこれまでの売れ行きを振り返りつつ、新モデルに対する要望・予想(妄想)をまとめた。 ●2008年夏、iPhoneが日本に上陸、「売れる/売れない」論争が巻き起こる  アップルの「iPhone」が日本で発売されたのは、今から3年前の夏。国内では、2008年7月11日にソフトバンクモバイルが発売した「iPhone 3G」が初代モデルとなる。容量は16GBと8GBの2種類。当時は、閉鎖的で独自の進化を遂げてきた日本の携帯電話市場に「黒船がやってきた」といわれ、「売れる」「売れない」の議論が巻き起こった。  ソフトバンクモバイルの孫正義社長によれば、独占販売の契約はないそうだが、実際には2008年7月発売のiPhone 3Gから、09年6月発売のiPhone 3GS、そして10年6月発売のiPhone 4まで、すべてソフトバンクモバイルが販売している。今まで使っていた携帯電話番号とキャリアに愛着があり、どうしても変えたくない場合は、従来の携帯電話とiPhoneの「2台もち」をするか、海外でSIMフリーの端末を入手するか、もしくはiPhoneを諦めるしかない。  確かに、iPhoneの代わりとして、やむなくAndroid搭載スマートフォンや同じiOSを搭載したアップルの「iPod touch」を購入した人は存在する。iPod touchの販売台数は、昨年9月のモデルチェンジ以降、前年を上回って伸び続けている。iPhoneだけではなく、通話機能のないiPod touch、iPadも売れている点に留意しながら、過去3年間のiPhoneの売れ行きを振り返ろう。 ●iPhone 3Gは最初だけ爆発的に売れる「初動型」  「iPhone 3G」の2008年7月の販売台数(16GB・8GBモデルの合計)を1として指数化し、iPhoneシリーズの月ごとの販売台数指数を集計すると、08年内は7月が最高値だった。iPhone 3Gは、発売直後に一気に大量に売れ、その後は伸び悩む典型的な「初動型」だったのだ。  これに対して09年6月26日発売の「iPhone 3GS」は、発売直後だけではなく、長期にわたって売れ続けた。販売台数指数は0.7を下回ることはなく、1以上の月が増えた。特に09年12月は1.26、10年1月は1.62と好調だった。モデルチェンジによるハードの進化やアプリの充実、周辺機器のラインアップ増加といった端末そのものの魅力に加え、実質負担額を抑える「iPhone for everybody」キャンペーンの効果だろう。 ●iPhone 4は「初動+ロングセラー」で大ヒット  10年6月24日発売の「iPhone 4」では、さらに「初動+ロングセラー型」の傾向が強まっている。発売直後の10年7月の販売台数指数は2.24に達した。「初動」の販売台数の大幅増に加え、8月は1.81、9月は1.66、10月は2.20と、初動に匹敵する売れ行きが長く続いた。さすがに発売1年を過ぎて、勢いはやや衰えてきたが、いまだに機種別ではトップ10に入っている。32GB、16GBの2モデルを合計した値で、iPhone 4は、10年7月から11年6月まで、11か月連続で月間携帯電話ランキング1位を獲得。2008年7月~2011年8月の累計の携帯電話ランキングでも、2位のiPhone 3GSの2倍近いシェアを獲得して、ダントツの1位だ。今のところ国内で最も売れたスマートフォンといっていい。  また、2008年7月~2011年8月のiPhone 3Gの累計販売台数を1とすると、iPhone 3GSは1.6、iPhone 4は3.1となり、モデルチェンジのたびに大きく伸びていることがわかる。iPhoneは、「BCNランキング」の集計対象外のアップル直営店や携帯電話ショップ、法人窓口などでも販売されており、その分も加味すると、伸び率はもっと大きいだろう。「3G」で種をまき、「3GS」で葉や枝を伸ばし、「4」で大きく花開いた、といったところだろうか。しかし、iPhone 4の発売後、国内では複数のメーカーが投入するAndroid搭載スマートフォンの存在感が増してきた。次モデルが、既存ユーザーの買い替えだけで大ヒットしたiPhone 4を超えられるかどうかはわからない。 ●新iPhoneに望むことは「大容量化」&「容量の一本化」  近々発表されると噂されている次期モデルに個人的に望むことは、メモリ容量の大容量化・一本化と、iPod nanoのようなカラフルなカラーバリエーションの二点。これまでのように同じデザインの容量違いではなく、例えば、新デザインを採用してiPad、iPod touchの最大容量と同じ64GBのメモリを搭載した上位モデルと、従来のデザインを踏襲して容量を8GBに抑えた廉価モデルを用意してもらえると、例えば、ソニー・エリクソン製の「Xperia arc」「Xperia acro」のような関係になる。  身近にいる、動画や写真を大量に保存しているiPhoneユーザー、iPod touch 32GBモデルのユーザーは「32GBでは容量が足りない」と悲鳴を上げている。iOS 5からクラウドサービス「iCloud」がスタートするので、望みはかなり薄いだろうが、価格とバッテリ駆動時間はそのままで、ぜひともストレージの大容量化を望みたい。  カラーバリエーションは、ピンクやレッドなど、色にこだわりをもつ女性ユーザーを取り込むために、あったらもっと売れるだろうな、と思うレベルの要望だが、本体はともかく、iPad 2用純正カバーと同じギミックを採用した「カラフルな純正カバー」は“アリ”かもしれない。  すでにOSの「iOS 5」の詳細は発表されており、次期モデルの注目ポイントは、薄さや内蔵カメラの画素数など、主にハード面となる。また、海外のように、国内でも複数のキャリアから提供されるようになるのか、気になるところ。正式発表を楽しみにしたい。(BCN・嵯峨野 芙美) *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。 【関連記事】
「この記事の著作権はBCN に帰属します。」


★中古パソコン2.5万以上で送料無料・安心のサポート中古PC★中古パソコン無料アップグレー...