楽天よ、おまえもか!

テーマ:



あの楽天がまたライブドアの後追いか?




楽天が経営統合申し入れ、TBSは「慎重に対応」


記者会見した楽天の三木谷浩史社長は、「経営統合により、日本初の世界に通用するメディアグループを目指す」と語った。



これは本音でしょうか?


ライブドアのように、


失敗しても結果として本体の認知度が高まればいい


というのでもなさそうですが。



TBSの井上弘社長は同日夜、記者会見し、「唐突な印象を受ける。慎重に対応を検討していくが、協議を始めたわけではない」と述べ、経営統合には消極的な姿勢を示した。


やはり拒否反応。


でも、ライブドアのときほど強い拒絶反応にはならないか?



プロ野球参入のときは


機構側の、ライブドアに対する冷たい態度に比べ、


楽天には批判的なものは皆無。


さて、今回はどうでしょう?



三木谷社長ライブドアVSフジテレビの際、


堀江社長の行動に苦言を呈していましたが、


今回のご自身の行動はライブドアとさして大差ないのでは?



楽天が提案した経営統合は、両社が共同で持ち株会社を設立、楽天グループとTBSグループがそれぞれぶら下がる内容だ。持ち株会社への出資比率や、トップ人事は今後、協議するとしている。TBSのブランドや経営陣、人事制度などは統合後も引き継ぐほか、統合後も放送の中立性、公共性を保つため、第三者による諮問委員会を設立する。



一方的買収の印象を薄める作戦か?


でも、結局、楽天TBSを実効支配したいんですよね?


まさか、経営統合したら、三木谷社長、経営の一線から


退くわけでもあるまいし。



おもしろ日記・雑談(その他) はこちら

AD
あとで読み返したい文章、例えばメルマガなど、

私はエクセルにコピペして保存していました。


各文章をシートごとに分類できるからです。


でも、それではCDにでも保存して持ち歩かないと


他の場所では見られません。


Yahoo!ブリーフケースという手もありますが、


保存したり開いたりが面倒。




ブログでうまくできないかなと思いました。


人の文章を勝手に公開するわけにはいかないので


非公開の形にしたいのですが、


アメブロでは下書きになってしまい、


管理画面で一つ一つの記事を一々開いて見るしかなく、


これも面倒。




ログインした自分だけ見られるブログはないものかと


ブログ 非公開 」でヤフー検索したところ、


ありました、構想どおりのものが!




1.ブログの公開・非公開

[設定]>[環境設定]>[ブログ公開設定]で設定できます。

・更新情報がエキサイトブログに表示されません。
・エキサイトブログ同士の簡易リンク機能が使用できません。

URLを知っていれば、作成者以外の人も閲覧可能です。
したがって、他の検索サービスでヒットすることもありますのでご注意ください。

2.記事の公開・非公開

新規投稿画面→本文入力欄の下[この投稿に対して]で非公開時はチェックをいれる

・更新情報がエキサイトブログに表示されません。
・非公開にした記事は、ログインしたユーザ以外にはみることができません。

エキサイトブログの公開/非公開設定以外にも、各記事を非公開に設定するオプション機能もあります。
ある記事を非公開にすると、自分がログインした時に限り、その記事を閲覧できます。他の訪問者は見ることができません。

メモを残したい時、下書きをしておきたい時などにご活用ください。
エキサイトブログの公開・非公開と違って、ブログ作成者(ログイン必要)のみが閲覧可能な機能です。




つまり、ブログの非公開設定だけではURLを入力すれば


他の人にも見られてしまいますが、


記事を非公開にすれば他の人に見られないし、


アメブロと違って下書き画面でなく、公開したのと同様な状態で


記事を見ることができます。


カテゴリ(テーマ)から見たい記事をすぐ見つけられます。


もちろんログインしたときだけ。


ログオフすると、自分でも自分の記事を見られません。




ネットにつながる環境ならどこでも見られるぞ!


仲間内だけで記事を見るのにも使える。


さあ、あなたも


エキサイトブログをはじめよう!

エキサイトのブログはここから



おもしろ日記・雑談(その他) はこちら

AD