静寂と自由

テーマ:
心がざわつく
今日この頃。
今に始まったことではいけど
人の悲しいところを
見てしまうと
心がざわざわする。

昨日は
クレマチスや
矢車菊の
紫に
至近距離で癒されました。

花弁だと思っていたのは
花を支える顎なのか。
この時期の花はみんな
そんな構造のようです。

生きるための
戦略。
生きるために
必死でいるのは
ひたむきで美しい。

憲政の父、
尾崎行雄さんの
お嬢さんに関して
側近の方が纏めた本を
仕事帰りに
カフェで一気読み。

この静寂が
至福の時。

心に響かせつつ
眠気に微睡みつつ。。

平和を願い
行動し続けた人。
自由とは
好き勝手することではなく、
他人やお上に縛られずに
自分の意思をもって
責任ある行動が出来ること。

ハッとする
言葉たち。

選択肢があり
選ばないことも
許される世の中。
当たり前じゃなくて
先人が命がけで
守って貫いた今の世の中。

元気貰いました。

私も
私なりに
介護業界で
介護ってなんだろう?
と思いながら

電車通勤しないという
自由を選びました。
地元で生きる
という責任は
地元で働くということ。

いつかは
私なりに介護というものを
人に伝えていきたいです。

地域で
安心して暮らせるために。

特別なことを
しなくていいんだ。

出来ることを
すればいいんだ。

ね。


本がもたらす
出会いに。

Mahalo!!







AD