或る花の生涯

テーマ:
ツツジやさつきが
あちこちで咲き乱れていますね。
初夏を感じることが
増えてきました。

日曜は
軽めの仕事。
(とはいえ4件)

道すがら
香りに声をかけられて
見回してみると、
ジャスミンの花。

キンモクセイのように
季節の訪れを
教えてくれます。

近寄ってみると
可憐な南国の雰囲気。

淡々と
暮らしと向き合って
帰宅したら
夫がランチに焼そばを
作っていてくれました。

ノンアルに
マスカットを浮かべて
デーゲーム観戦。
おうちピクニック。

ビールで眠くなった夫は
遅めのお昼寝。
私はウクレレ。
少し具合が悪くなって
横になったあと、

近所に散歩にでもって
出掛けていたところで
夫宛に
義母から連絡がありました。

先日、
大桟橋からお見舞いにむかった
夫の親戚の女性。
息を引き取ったとのこと。

あぁ。。。
苦しみから
ようやく解放されたんですね。

たまたま健康診断で
膵臓ガンが見つかって

しばらくひとりで
頑張ってたようで、
義母が動き出した頃には
もう大変な事態になっていました。

お見舞いの時は
奇跡的に回復した時だったらしく、
そこからは
意識を取り戻すことなく
朦朧と声を上げるばかり
だったようです。

ねぇ、
コーヒー、飲みたいわぁ。
買ってきて頂戴よ。

コーヒーの大好きな
キャリア・ウーマン
でした。

女性が幹部にまで
登り詰めるのが
稀有な時代の。

夫の弟には
あなた、
おしゃれな靴を履いてきたことが
あったわよね~
って女性らしい目線。

結婚式で
はじめてお会いしてから
10年目になる。

最後に手を握って
またね
と笑顔を見せてくれました。

その可愛らしい顔を
脳裏に焼き付けられて
良かった。

またね
もうないって
予想はしていたけれど。。。

夕飯は、
夫と献杯しました。
どうか
安らかに。。。

もう、
我慢は無用です。
コーヒーも、
好きなだけ飲んで下さいね。

いつかまた
そっちで会えるときまで。

都会に咲いていた、
或る素敵な花の生涯に。
Mahalo!!






AD