物見遊山

テーマ:
雨になるという
予想に反して
風とお日様が
心地よい初夏を
感じさせる1日。

夫と銀ブラしました。
行きたかった場所が
まだ開いていなかったので
近くにオープンしたての
GINZASIXへ。
ここは観光バスも停まれるように
入口が2階に繋がっていて
駐車場もあるせいか
人がどんどん吸い込まれてる。

混みはじめの頃だったので
勢いで屋上へ。

回廊式のデッキは
少し都会の空を感じる
憩いの場所でした。

店舗はどれも
美術品のよう。
蔦谷書店とスタバリザーブも
高級なホテルのラウンジのよう。

遅い時間を過ごすには
いいかもしれませんね。
食事をどこかで
済ませた後とか。。。


昼間の景色は
銀座の裏方を
見たような感じ。
鉄骨や室外器が目立ちました。
やっぱり銀座は
夜景が似合うのかな。
もしくは
見上げた方が良いのかな。

銀座は
年齢層も高め。
自分達もそんな年に
なったのかもしれないね。
似合うかどうかは別として。
落ち着くことは確かです。

本来の目的は
企画展巡り。
今回は
建築系の梯子でした。

日本、家の列島
南極建築。

どちらも大事な
暮らすということ。

日々の暮らし
極地の暮らしは
全く異なるけれど、
どちらも
見応えありました。

家をつくる。
施設をつくる。
場をつくる。

日本橋から
神田を経由して
秋葉原。

都会は
たくさん歩きます。
夫の万歩計は
16000歩を超えてました。


最後に一服。
ビールと
ドライジンジャーエール。


仕事があるって
いいことだね。
やることがあるって
いいことだね。
コツコツと
積み上げていこうね。

そんな会話が
夫と出来ました。

大満足の
物見遊山に。

Mahalo!!













AD