夏の風物詩

テーマ:



お仕事帰りに
夫と門前仲町駅で待ち合わせ。

会社帰りのデートに
隅田川花火大会を見に行くことに
なりました。

炎天下の行軍で
ややグッタリの嫁。
お腹がペコペコだったので
永代橋付近にある
川沿いのカフェで軽いディナー。

大阪は中之島あたりにありそうな  
雰囲気のよいお店でした。
スパイシーなインド料理が
主体のカフェというのも
なかなか面白かったです。
久しぶりの、ナン。
チーズ入りでピザ感覚。

テラス席もあって
花火が見えるかな?
と期待しつつ、
どうやら方向的に
見えないようでした。


お店を出て絶景求めて散策。
途中、野良猫を見つけた夫。
都会に逞しく生きてる猫でした。


黄昏時から
日没。
そして夜景へ。


隅田大橋は
歩道が広いのと
スカイツリーと清洲橋の
ライトアップ越しに
花火が見えるのとで
花火見物客が多くいました。


95万人の人だかりからは
離れているので
ささやかな人だかり。


花火を眺める人たちも
花火の風景に溶け込んで
幸せな空気に満ちていました。


日本の夏の、風物詩。
平和の象徴。
そして遠い終戦や
旅立った命への追悼の思い。


末永く続いてほしい。
なくならないでほしい。


今というひとときは
もう二度と訪れないから。













AD