こわばるお年頃?

テーマ:
私はすでに43にして
閉経を迎えておりまして、
それゆえに
やはり意識しないと
体の老化が加速的に
進むようです。

訪問介護を始めた
去年の夏過ぎから、
徐々に手のこわばりを
感じるようになっていて、

リウマチか?
と2度も検査をしてみるも
まったく問題なし!
強いて言うならば
すい臓が腫れてる
って言われる程度。。

原因は
探してもみつからない
なのに
症状ばかり悪化する。。

お得意の
試行錯誤を
繰り返しておりますが、

お小水に
少し泡が立つようになり、
ネットで調べてみると、
タンパク質が出てるかも?
と思うようになり。

先日の血液検査で
すこーしだけ
ナトリウムが高かったのもあって

もしかしたら
脱水??
ということもあって

何となく
コラーゲンドリンクを
水分に加えて
飲んでみようと
お試しお取り寄せ。

まだ1日目
効果のほどはわかりませんが、
起きたあとの
レスポンスというか
動き出す時間が
少し楽になった気がします。

タンパク質不足を
お肉で補い、
コラーゲンは
ドリンクやゼラチンで
補うキャンペーン。

どうなるか
実験実験🎵

OL時代から
体重も5kg以上落ちました。
消費カロリーも多くなってる。
ちゃんと栄養管理しないと!!

🌈🌈🌈

昨日は変な天気で
雪山みたいでした。


そんな中、
時間に追われての
7件訪問は
やはり体力消耗します。


でも、
感謝されることもあって
本当に救われます。
たいしたことしてないのに。。


これがあるから
続けられるんです。
お金じゃないんです。
(だからといって
非常勤では厳しいので
常勤で頑張ってるのですが)


利用者さんと接する時間は
学びの連続であり
人の本質を
知る貴重な機会。


家族の代わりとして
家族以上に
信頼される存在。


独居で
家族と疎遠な人は
ヘルパーとも
距離を置きたがる
感じがするので
なかなか大変ですが、


訪問介護は
時間で区切られているのが
ありがたいところ。


互いに線を引ける。
それって
すべてにおいて大事ですよね。


心穏やかに
自分らしくいられる場所で
安全に暮らせたら。


そう。
私たちが見られるのは
安全なんです。


薬をのんだり
食事したり
清潔にしたりが
安全のもとに
日々繰り返される。


普通のことのようで
普通ではないこと。


来てくれて
ありがとう。
そう言われるだけで
仕事できた!って
思えます。


最後まで
付き添える仕事ではないけど
その人のどこかの日常が
しあわせでありますように。


穏やかな日々に。
Mahalo!!



AD