大腸がんステージ4~絶対負けられない闘い

平成25年5月。旦那はんが大腸がん・ステージ4(腹膜播種)の宣告を受けました。泣くのはもうやめました。絶対負けられない闘いをしている家族のブログです。


テーマ:
いつも応援していただき、本当にありがとうございます❗

「頑張って!」と言われることが辛くて仕方ない時期もありましたが、今の私には「頑張って!」という言葉が大変嬉しく、力になっていますニコニコ

コメント、メッセージのお礼を出来ずに本当に 申し訳ありませんぐすん

その後、旦那はんの病状は悪いながらも安定している感じです。

最近よく「お見舞い」ということについて考えされられています。

旦那はんの厳しい状況を察して、あえて会うことを控えておられても、メールや電話で本気で心配してくださってるんだなと家族も胸が熱くなるお見舞い。

身内だからと、旦那はんの体調も気にせず居座るお見舞い(←旦那親)

あきらかに旦那はんの変わった姿を指摘して、可哀想やけど長くないなと同情の目を向ける方のお見舞い。

いかにも義理で来ているお見舞い。

いずれにしろ、気遣いしてくださっているので、感謝しなければならないのですが・・

先日も旦那はんの親戚が来ていましたが、旦那はんは、お薬の影響でずっと熟睡していたから、私が相手して話していました。

すると、その親戚は

「こんなになってしまって、可哀想に。ガンはやっぱり早期発見やで。なんでもうちょっと早く見つけてあげるなり、病院に連れて行かなかったん?今の時代、早よ病院行ってたら、助かる病気やったんちがうん?」

と私に言いました。

今までの経緯も何も知らないのに。

弱ってしまった姿だけを見て、一緒に暮らしている嫁を責めるのよね。

そりゃそうでしょう・・

私自身も何故もっと早く気づいてあげられなかったんだろうといつも考えていますから。

旦那はんのように横行結腸に大腸がんができた場合、血便などの自覚症状がわかりにくいそうです。 
旦那はんは頻繁に腹痛を起こすようになり、3軒目の病院で調べてもらってやっとがんだと確定しました。 
その時には既にガンで腸閉塞になっており、腹膜播種でしたから・・

その経緯を聞いた親戚は

「そうなんやね。大変な治療をしてきたんやね。○○のこと頼むね」

と理解してくれ、泣いてたけど。

旦那はんの病気の経緯を説明しながら、私が病気を見つけてあげられなかった自己弁護をしているような気がして余計に辛くなりましたショボーン

旦那親には初診の頃から旦那はんと私で説明してきたけど、結局自分に都合良く解釈して、よくわかりもしないのに、親戚に

「嫁がもっと早く気づいていたら」

と言いふらしてたんだよね。
前からわかってたけど。

闘病生活が始まって、こんな思いしたのは何回目だろう。

「がんになるのは食事のせい」

これも旦那母から何度も言われてきた。

ご飯にマヨネーズかけて食べたり、お肉買うともらえる牛脂を焼いて食べてる旦那母に食生活なんて言われたくないわ💢

旦那はんの親戚の方も旦那親のことを 

「息子が闘病しているのに、旅行ばかり行ってたから、やめた方がいいと何回も言ったのよ」と言ってました。

旦那親には、一生反省してほしいだけです。

旦那はんはともかく、私の中では義理とはいえ、親だなんて思っていないし、しいて言えば隣に住んでいるだけの隣人だと思うようにしていますから。

わかってくれている人にだけ想いが伝わればそれでいいです。

すみませんショボーン

今日はテンション低めで愚痴ばかり綴ってしまいました。

元気スイッチ✨☝入れます❗

読んでいただき、ありがとうございますクローバー

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

*四つ葉のクローバー*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。