センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


上野のヤマシロヤでポテチの手 を買いました。







袋菓子愛好家の私にとって、あこがれの逸品でした。


夜中に小腹が空くと、どうしてもポテチやカール、チートスが食べたくなっちゃうんです。これがまた旨いんですよね。BSで25時からやっているNFLを見ながら、ビールに袋菓子は最高です!




でも、気になるのが手についた油汚れ。




私はティッシュを横に置いて手をふきふき食べていますが、でもこれがあればもう安心です。



センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

まさに秘密兵器です。




機能を説明すると、これが・・・



センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


という仕組みです。


こんなシンプルなもの、何朝から大騒ぎしているんだろうと思っている方が多いと思いますが・・・、でも




この後凄い機能がついているんです。




昨晩、家族で大笑いしました。

その機能は、買ってから知って下さいね!




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


では、いただきまぁ~す。


 

AD


センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

フィリップス ヘッドフォンマラソンに参加しています。








今回のヘッドフォンは、SHE9800 です。


この商品も高級機種ならではの重厚なパッケージに保護されて送られてきました。




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


イヤフォンに辿り着くにも一苦労です(笑)。







センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


今回のSHE9800、まずびっくりしたのはこの形。



全く不安定なデザインですよね。普通だったら不良品と言われても仕方ない奇抜な容姿。

でも、これが今回の肝。フィリップスが開発した「サウンドステージエンハンサー」というデザインなのだそうです。

この技術のおかげで、ダイナミックレンジを高め、クリアで臨場感あふれる音が出せるんですね。




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


耳につけてみると、以外や以外。

めちゃくちゃナチュラルにフィットしました。


付けている違和感が全くないんですよ。




そして・・・、音を聴いてみるとまたまたびっくり。




イヤフォン型のヘッドフォンは、どうしたって耳の中だけで音が鳴っている感が否めないんですが、このSHE9800はぜんぜん違う。

部屋でステレオを聴いている様な臨場感を味じわうことができるんです。



センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記





やっぱり、フィリップスダイナミック型インイヤーの最高峰と言われているだけのことはありますね。面目躍如といったところです。



技術的に言うと、大口径直径13.5mmのドライバーユニットを搭載していることが、ダイナミックで迫力ある低音とクリアな中高音域の再生を可能にしているそうなんです。





今回のフィリップス ヘッドフォンマラソンで、いろいろと試させていただきましたが、ほんとこれで決まり!って感じです。

装着の違和感はないし、音は最高ですし。


でも、これを付けて外出するときは要注意ですね。

密閉性が強く、外の雑音があまり入ってきませんので、車の接近とかに気をつけなければなりません。




そんなことに注意しながら、今日も行ってきます!



AD

Rey Ban RB8304

テーマ:

センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

ロカリサーチのプログラムで、サングラス頂きました!








私は以前よりRey-Banのサングラスファンで、今も愛用しています。



センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記



かなり前に購入したものです。






今回頂きましたのは・・・




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


こんなカッコいいものでした。(Ray Ban RB 8304)



やはり、Rey-Banはサングラスの代名詞ですね。


資料をひも解くと、1923年に米国陸軍航空隊のジョン・マクレディー中尉が、太陽の眩しさや紫外線からパイロットの眼を守るサングラスの開発を依頼したことから始まり、1937年にRey-Banは誕生したそうです。


その時開発されたのが、ティアドロップ型の有名なレイバンのサングラスですね。昔あこがれました。最近では、SEX&THE CITYでセレブなマダムが使っていて、女性の中でも流行っていますね。





今回のRB 8304は、メタルやプラスチックフレームに代わる新たな特殊素材(カーボンファイバー)を取り入れた、最新テクノロジーを使ったサングラスとのことです。




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


カーボンファイバーは、どの素材よりも軽く、どの素材よりも高い強度を持っていて、尚且つ大変軽いという特性を持っています。



かけてみると、顔にぴったりフィットして、つけている違和感が全くなかったです。




これは、疲れないですね。




やっぱり、伝統ある本物はいいです!



早速、このRey-Ban RB8304をかけてでかけました。

眼鏡越しの街も綺麗に写りました。


AD