初の公式戦ベンチ

テーマ:

昨日は、地域のリーグ戦でした。








Bチームの試合のベンチに入れて貰いました。


昨日は、仲良しの185cmN君が怪我で欠席でしたが、ベンチで仲間

と楽しそうに応援していました。


試合はいいとこなしでの敗戦でしたが、チームの一員になれたという

感覚を持てたことと思います。





やはり、中学野球はスピードが違いますね。





投手の球速、打者のスイング。

当然ですが、学童とは全く違います。


ター君は全てにおいてもっとスピードをつけないと試合には出られな

と思いました。





昨日の試合は金属スパイクデビューでした。


スパイクどうだった?と聞いたところ「全く違和感なかった」と言ってい

ました。大丈夫な様です。


あと、ター君より先にター君のバットが公式戦デビューしました。

先日新調したバットですが、「軽くていい」と選手の間では結構j評判の

様で皆使っていました。なんか嬉しかったです。


でも、残念ながらター君のバットから快音は聞かれなかったです(笑)




早々にチームの雰囲気に溶け込むことが出来た様で安心しました。

これからも、エンジョイベースボールでがんばって欲しいです。



AD

ター君は、中学で陸上部に所属しています。








記録とかは、全くダメなのですが、何とかやっている様です。


陸上部員であり、同じクラスの子達と、よく遊んでいます。

その中の一人のM君が、




「練習についていけないので部活をやめたい」




と、ずっとター君は相談を受けていました。

小学生時代、運動をやっていなかったので、身体的にきついそうな

んです。





先日、ター君が学校から帰ってきて、部活をやってきたと言ってい

るのに、何か様子がおかしいので、問い詰めると、そのM君と一緒

に部活をさぼったと白状しました。


退部の相談に乗りながら、自分も休んでしまい、二人でずっと公園

で時間を潰して帰ってきたとのことでした。






私はター君と色々と話をしました。



試合に出れなくても、野球が下手でも、絶対に練習を休まない自分

の息子のことを、ずっと誇りに思っていたという私の気持ちを伝え

ました。


その気持ちを裏切られた様だとも話しました。



M君は色々と考えることもあるのだろうし、部活をやめて別のことに

情熱を燃やした方が、新たな道が切り拓けていいかも知れない。

だからなんとも言えないけれど、なるべくならば、一度始めたことは

途中で辞めない方がいいのでは?みたいな話もしました。







そして、昨日。



部活でみっちり絞られて、くたくたになって帰ってきました。


M君どうした?と聞くと。一緒に練習してきたとのことでした。

そして、ター君は言いました。




「俺は、低学年の頃、野球が上手くならなくて、

                 野球がつまらなかってけど、


 それでも頑張っていたら、野球が楽しくなって

       野球をつづけてて、ほんとうに良かったと思った」




という話をM君にしたそうです。


そうしたら、M君は「もうちょっと頑張ってみる」と言ってくれたそう

です。



その話を聞いたとき、ちょっと嬉しかったです。






これからどうなるかは分りませんが、出来ることなら、続けていっ

て欲しいです。



そんな、中学部活の話でした。


AD

ター君と一緒に元チームメイトの応援に行きました。








元チームメイトは、地元に中学2チームに分散しています。

その2チームとも地区大会ベスト8に残っていました。


午前中、そのうちの1チームの試合が予定されていたので、ター君

と一緒にグランドに駆けつけました。

午後から試合が予定されているもう一方の中学の元チームメイトも

観戦に来ていたので、一緒に観戦しました。


対戦相手は有数の高偏差値中学。

頭でかなわない分、野球では勝ちたいところです。



ター君の元チームメイトは二人ともスタメンをとっていました。

打席に立つ前、我々が声をかけたら、恥ずかしそうにはにかんでい

ました。




そして、いきなり目の前で、3塁打を披露してくれました。




小学校時代を一緒に過ごしたチームメイトの活躍は嬉しいですね。

守備も無難にこなしていたので、安心しました。



しかし、結果は1点差負け。

残念な結果でしたが、次に繋がるいい試合でした。



私は午後から予定があったので、その試合だけ見て帰宅しました

が、ター君はグランドに残って、元チームメイトが居るもう一方の中

学の試合も見てきました。


こちらも残念ながら惨敗となった様です。




ター君は野球をやっていませんが、昔一緒に戦った仲間が元気に

グランドで躍動している姿を見るのは、いいもんですね。


ター君も、少し前に戻って、旧交を温めていました。



皆、高校まで野球を続けて欲しいと思っています。


AD