カリモフ大統領

テーマ:


センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


ウズベキスタンの大統領専用機です。







羽田空港勤務の私の友人が写真を送ってくれました。


私は知らなかったんですが、ウズベキスタンのカリモフ大統領夫妻が来日 されていて、本日、帰国の途につく予定なんですね。私としたことが、うかつだったです(笑)。



先日、週刊誌でエジプトのムバラクだけでない、世界の危ない独裁者ベスト10として書かれていました。

ソ連崩壊による建国からずっと大統領をやっているので独裁者と見られがちですが、現地の人から話しを伺っている分には、国民にすごく信頼されていると感じました。




ウズベキスタンと我が国が仲良くなることは凄く素晴らしいことです。




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記



天皇・皇后両陛下とも会われていたんですね。





AD

帰国しました

テーマ:


センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

UZタシケントにある「ハノイ」の料理です。







昨晩、ウズベキスタンから帰国いたしました。

色々な方々と会い、国全体がすごい勢いで発展しているということを目の当たりにし、刺激になった渡航でした。



ユーラシア大陸のへ真ん中に位置するナボイ空港はアジアとヨーロッパ、アラブを結ぶ貨物の国際ハブを目指していて、訪れた日もドバイへの貨物便発フライトのセレモニー中でした。


空港の近隣地区にはタックスフリーの経済特区になっている広大な地域があり、多くの企業が誘致され開発が進んでいました。ナボイ空港には大韓航空が出資していて積極的に開発を行っています。韓国企業の躍進はすごいですね。残念ながら日本企業は全く見当たりませんでした。




タシケント市内の外食の躍進も凄かったです。

一番大きく店舗を展開しているグループのマネジャーと会いましたが、元共産圏の人は全く思えないほどマーケティングを理解していてレベルが高かったです。私もタジタジでした(笑)。みんな若いし勢いがあります。



今までのUZ渡航では、必ずお腹の調子を崩して帰国後もその後遺症に悩むことが多かったのですが、今回はまさに腹をくくって「ビクビクせずに何でも食ってやれ」と思ってガンガン食べました。すると、どんどん食欲が出て、好調をキープすることができました。体調万全のまま無事帰国!


上の写真は、ベトナム料理の「ハノイ」の海老料理です。春巻きなど、日本で食べるよりおいしいベトナム料理でした。



UZとのビジネスはまだまた難しい壁がたくさんありますが、先行メリットを享受するには今しかないと思っています。チャレンジしていきたいと思っています。




AD

両替

テーマ:


センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


ウズベキスタンの通過スムです。







私が持っている札束で、12000円ぐらいです。


円>ドル>スムといった図式で、円はドルより高くなり、ドルはスムより高くなっているので、円対比でスムとの好感レートを算出すると、始めて来た4年ちょっと前と比較して円の勝ちが2倍近くになっています。


要するに、インフレですね。現地の方は大変だと思います。

ツーリストにとってはいいことなんですが・・・。


貧富の格差は広がっている様です。



AD