i-フィルター体験会

テーマ:

センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


i-フィルター 体験イベントに参加してきました。







i-フィルターとは、有害なサイトにアクセスできない様にするフィルタリングソフトです。


小学生の頃は、TVを見ていることが多かったター君ですが、今ではTVはほとんど見ません。その時間を、PCの前で消費しています。主に、Youtubeでアニメ等を見ている様ですが、WEBに接続しているということは、とんでもないサイトにアクセスしてしまう危険もあるということです。


その点について、PCを購入した際に子供用設定があったので設定してみたのですが、かなりPCの調子が悪くなってしまったので外し、そのまま無対策でいました。その点気になっていたので、今回の体験会に参加させて頂いた次第です。






センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


基調講演は、川崎市の公立中学でPTA会長をされている田島和彦さんのお話でした。


田島さんは、10代の頃ハッカーとして暗躍し、いたずらの度が過ぎてCIAから警告を受けたことがあるというツワモノ。「蛇の道は蛇」ということで、ネットをつかって悪さをする側のこともよく判るので、それらの悪行に対する対処法について全国各地で公演をされている方です。


現在、子供からの相談窓口を開設していて、現在まで26,000件の相談を受けているそうです。実際に現場まで出向き、警察の協力も得て問題解決する場合も多いそうです。仕事でなくボランティアで活動されているとのこと。頭が下がります。




田島さんの講演の内容は、

          背筋が寒くなる様な恐ろしい内容でした。




マスコミで取り上げられている「学校裏サイト」などは、もうとうに廃れていて、どんどん新しい悪事が繰り返されている様です。

現在学校で行われている「ネットいじめ」の狡猾さ、複雑さは想像を絶するものでした。その中でも、「ポアフ」と言われているいじめが蔓延していて、知らず知らずのうちに孤立させられ、人格まで否定され、転向に追い込まれている生徒が後を絶たないそうです。


また、アダルトサイトの視聴料とかの名目で、不当に料金を請求される詐欺行為に引っかかり、多額の支払をしてしまった中学生の事例もあったとのことです。

WiiやDS等のゲームソフトでもネットに接続できるので、自分は全く知らないうちに自分のディバイスを通じて詐欺行為の片棒を担いでしまっていることも多いそうです。



マスコミの報道を通じてネットの危険性は認識していましたが、これほどまでに多くの事件が子供たちのまわりで起こっていうとは知りませんでした。この状況で無対策であると言うことは、Tシャツのまま登山に向かう様なものです。





センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

上記の様な危険なサイトから子供たちの身を守るために開発されたのが、i-フィルター とのことです。





センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


実際の開発者の方から、お話を伺いました。



私は、いくら性能のいいフィルタリングソフトが完成しても、その裏をかく方法でくぐりぬけてきてしまうのだろうと思っていました。邪悪な行為をするやからは、どんどん狡猾に成長していきますから。

逆に、目的のサイトが検索されたにもかかわらず、なんらかのワードひ引っかかり、見れなくなってしまう可能性も大きいと思いました。機械が作業することですからね。しかし・・・、




その疑問はすぐに解けました。




約30名の技術者が、日夜目視で様々なサイトをチェックし有害か無害かを判断し、仕分けをしているとのことでした。これは凄い。このi-フィルターの開発が本気であることがわかりました。






センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記


解説の後には、技術者の方が実際に我々のテーブルに来て下さり、i-フィルターのデモをしてくれました。確かに怪しいサイトはブロックされていて、検索をかけることができませんでした。操作もかんたんでした。


このi-フィルターの機能に、PCを使える時間を設定できるという機能がありました。




これは使える!




ター君は、眠くなったとか言って勉強を回避し、寝るかと思いきや部屋にこもってPCを開き、夜中までYoutubeを見ていたりすることがあります。「12時以降はPCを使うな」とは言っても、隙を見てはその約束を破っています。

でも、このi-フィルターの使用時間設定機能を使えば大丈夫。時間がきたらぴったり使えなくなってしまいますから。


私はター君を呼び、「このソフトを使ってお前のパソコン、12時過ぎると使えなく設定する」と宣言。ター君は、「それは勘弁してくれ~」なんて言って拒否していますが、今週末友人の家に泊まりに行く予定なので、そのタイミングで設定してしまおうと思っています。




センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

設定は簡単そうで、PC音痴の私でも大丈夫そうです。ナビゲーション機能がついているのがありがたいです。

説明を読むと、ネットの利用状況の確認もできる機能もついている様です。



ちなみに、このi-フィルターは、「日本PTA全国協議会推薦ソフト」です。小中高19,200校以上が採用しているとのことです。


使ってみての感想は、改めてエントリーしたいと思っています。





AD

想いでのスパイク

テーマ:


スパイク


ター君が小学生時代、最後に使っていたスパイクです。









少ししか使っていないので、まだ新品同様です。

ずっとベランダで埃をかぶっていたのですが、先日きれいに洗っておきました。



現役のマネージャーに貰ってほしいと連絡したところ、マネージャーの息子さんのスパイクがちょうど買換え時期だったので、「ありがたく頂きます」と言ってくれて、私も嬉しかったです。


その子は1年生の時に入団した子で、出たり出なかったりのボーダー選手でした。そこから頑張って不動のエースになった子なんです。小柄ながら頑張って上部大会でも2勝をしました。

いい嫁ぎ先が見つかってスパイクも喜んでいると思います。








このスパイクにはいろいろと想いでがあります。




2年ちょっと前、このスパイクを買ったんですが、その時のことがブログ に書かれていました。

いろんな意味でかなりテンパッテいた時期でした。


あと、このスパイクをおろしたその日に、ター君は公式戦初のHRを打ちました。その放物線は今でも鮮明に覚えています。いいバッティングでした。


そして、最後の上部大会に出場したのもこのスパイクでした。

惜しくも1回戦負けでしたが、いい想いでです。




このスパイクは23.5cmなんですが、今は28.0cmのスパイクですから。

足も大きくなりました。

精神的には全く変わっていない様に思えるのですが、いろいろと成長しているのでしょうね。




このスパイクをター君の後輩君が履いて、グランドを駆け回ってくれると私も嬉しいです。

スパイクを渡しにいきながら、久々にチーム練習を手伝ってこようと思っています。




AD

久々の買い物

テーマ:


kaimono

今日、久々に野球用品を購入しました。







嬉しかったです。

また、道具を買うことが出来て。



金具のスパイクとバットを買いました。


飯田橋のベースマンに行こうと思ったのですが、雨がひどかったの

で、新橋の駅前のニュー新橋ビルにあるタダスポーツに行きました。


タダスポーツは、ちょっと来ないうちに綺麗になっていました。



ター君は昔からあまり道具に興味を示さないので、私だけがワクワク

していました。

本当は、スパイクだけ買う予定でしたが、バットがモデルチェンジ時

期で、半額セールをやっていたので、ター君に選ばせて買いました。




84cm/650gのカーボン、ミドルバランスです。

※カーボンではなく、超々ジュラルミンでした。カッコイイ!


定価¥14,000 → ¥7,300でした。(お買い得だ!)


私知らなかったのですが、中学生が少年野球用のバットを使って試

合に出てはいけないんですね。


店員さんから聞いて初めて知りました。

体格が小学生並なので、少年用でもいいかなぁ~と思ったのですが。


ビヨンドが良かったのですが、店員さんから「近々使用中止になる」

との話を聞いたので、思い止まりました。



スパイクは、アシックスにしました。

これも値引くされていて、¥6,300でした。


さすがに小学校の時よりちょっと高いですね。



帰りは凄い雨で、袋が破けて大変でした。

袋を抱えながら、びしょぬれでしたが、嬉しい帰り道でした。


AD