「沈まぬ太陽」DVD見ました

テーマ:

先日、沈まぬ太陽をDVDで見ました。








最高のアクターである渡辺謙さんの、原作が素晴らしいドキュメントを書かれる山崎豊子さん。映画の評価も良かったので期待してみました。


感想を一言で表現すると・・・




「会社辞めた方が良かったんじゃないですか?」




会社の所業が不当だと思ったら、辞めたらいいとおもうんです。職業選択の自由は憲法で認められますし。それでも辞めなかったのは、JAL(?)という会社のブランドに魅力があったのだと思います。そうだったら、文句を言わずに自分に与えられたミッションを完遂することに注力すべきです。組合で部下だった方たち(香川さん)も同様です。理不尽な職場に甘んじることはないと思います。


御巣鷹山の事故後は辞められない状況だとは理解していますが、僻地と言われた中東やアフリカ勤務は、行きたい人が行けばいいのであって、嫌だったり家族の生活が大事だったら会社を辞めればいいのではないでしょうか?


会社が業務を拡大するために誰かが行かなければいけない所。ただ、「東大の法学部を出て組合の委員長までやり、将来の幹部候補生の自分が行く所じゃない」と思っているだけなのでは?もっと、下のレベルの人が頑張る職場と言うことでしょうか?全く共感できなかったです。


厳しい海外勤務のために、家族が離れ離れになり、父親が「赤」だと陰口を叩かれたりして家庭不和になっていくストーリーでしたが、家族の信頼関係が成り立っていれば、そういうことにはならないと思います。少なくとも、我が家であれば、私を信じてくれると思っています。




西郷輝彦さんが演じていた敵役。あのキャラクターの方が自然だと思います。会社で出世するという目標が明確だし、苦しみながら出世のために全てをなげうっている。あの姿こそ、高度成長期のサラリーマン像だと思います。今でも結構そういうのあると思いますし。


まあ、私にはとうてい真似できないですが・・・。その前に、出世したいと思う様な大きな会社に勤務したことないですし。でも、その場に立っていたらそうなっていたかも知れませんね。人生紙一重ですからね。




そんな斜から見た「沈まぬ太陽」でした。


沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]/渡辺 謙,三浦友和,松雪泰子
¥4,410
Amazon.co.jp

AD

トイストーリー3が来た!

テーマ:


センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記

アマゾンで予約しておいたトイストーリー3が来ました。







1も2もDVD買いました。


出てくるキャラクターがみんないいヤツなんですよねぇ~。大好きなシリーズです。

ター君は劇場で3を見ていますが、私は見てません。



アンディの成長とター君の成長とかぶっていますので、凄く身近に感じるんですよね。

ター君は今試験前なので、一人でひそかに見ます(笑)。



トイ・ストーリー3 [DVD]/ディズニー
¥3,360
Amazon.co.jp


AD

200ポイント達成賞品

テーマ:

魂


ター君が年末年始で200ポイントを達成しました。






何のポイントかというと、ダッシュ1本(電信柱間)2ポイント、もしくは団地

外周ランニングで1ポイントというスタンプラリーのポイントです。


200ポイントで、漫画、ゲーム以外のものをプレゼントすると約束してい

ました。


ター君は、1本で2ポイントを獲得できるダッシュを中心に行い目標を

達成しました。

10本走っても、あまりスピードが落ちないところをみると、心肺機能は

父親に似なかったことが判ります。



ター君は、メジャー(NHK)のキャラクター名鑑が欲しいと言いました。

漫画ではありますが、野球関係で良質なものなので、OKしました。


早速、近所の大型書店に行きましたが、置いてありません。

書店の店員に聞いたところ、まだ発売されていませんでした。

どうやら1月中旬の発売の様です。



案の定、ター君の不貞腐れが始まりました。



「俺はあんなに頑張ったのに」

「父さんが売っているって言ったのに」

なんて、ブツブツ言っていました。


そこで私は近所のTUTAYAでCDの購入を勧めたところ了承しました。



ター君の選んだのは、



グループ魂の「君にジュースを買ってあげる」でした。



そのグループが紅白に出ていたのは知っていました。

NHKも随分ハードルを下げたなぁ~というのが感想でした。

ケロロ軍曹という、つまらんアニメの主題歌だったそうです。



その歌詞が全く私には理解不能です。


要するに、彼氏が彼女にジュースを買ってあげるけど、食事代は払え。

駅で鞄を持ってあげるけど、座席は自分に譲れ。

エレベーターでボタンを押しておあげるから、家賃と光熱費を払え。


恋ってやっぱりギブ&テイク♪

時々暴力ふるうけど♪なんていうフレーズもあります。



カップリング曲が、「親戚ショック」という唄で、要するに親戚の家に行った

けど、お年玉をくれないという歌詞でした。


従兄弟の家はぽっと便所♪

落ちない様に踏ん張った♪


というフレーズもあり、笑ってしまいまいたが・・・。



ター君は、このグループ魂のアルバムを買えと言ったので、それだけは

勘弁してもらいシングルにし、おまけに、ディープパープルのベスト盤を

付けてあげました。(私の押し付けで)



早速ディープパープルをかけて、エアギターを指導した次第です。




NHK!もっとましなアーティストを紅白に出せ!

うちは、ずっと視聴料を銀行引き落としで払ってるんだぞ!




Deepest Purple: The Very Best of Deep Purple
Deep Purple
AD