にんじん作戦は邪道か?

テーマ:
なかなかやる気を出してくれないター君だから
「これをやったらこれしてあげる」

式のにんじん作戦というドラッグを使ってしまう。





まず、一番強いドラッグが「ゲーム買ってあげる」



試合でノーヒットだった頃、いつもこの約束手形を切っていたが、
3年生の春までは、ずっと不渡手形となっていた。
やっと手形を落とせた時は、正直「長かったなぁ~」とため息をついてしまった。

写真は素振りの後のご褒美集。
夜、素振り等の練習した後、必ずコンビニへ行って何かを買っていた

1、 ホームランバー
いくら食べても当たらないと文句を言っていたが
ついにホームランが出た。縁起ものなのでとっておいた。

2、 びっくりマンシール
ウエハースについているシールを集めて手帳に貼っていた。
近所のコンビニから棚落したので購入できなくなった。

3、 コカコーラ
コカコーラを子供に飲ませる自体ダメな親だと思っている。
この頃商品にファインディングニモのフィギアがついていた。
全商キャラクターが集まったこところでコレクション完了。

4年生になった頃から、はさすがにコンビニで
何か買いたいとは言わなくなった。

現在切っている手形は
マンションの外周(約200メートル)を回る回数によるもの。


50周につき、コミック誌一冊


としている。今年の正月から始めて現在300周以上走っているので、
これはドラッグというより、漢方薬的な感じかと思う。

私の両親は健在ですが、姉に子供がおらず、孫はター君だけ。
実家に帰ると何でも買ってくれます。
両親はそれだけが楽しみなので、私も何も言いません。

昔の様に、ものが貴重な時代には、欲しいものに
恋焦がれる飢餓感がありましたが
今の子はだいたい何でも手に入ってしまうので・・・。
と言うより、私が悪いんだ~。


皆様のアドバイスで


「本人のやる気が最も早い上達への道」


ということを認識いたしましたので、にんじん作戦は封印します。


私から「練習しよう」という声がけもやめています。


私が負けない様に我慢、我慢。

25日は学校が休みとなったので全体練習を行った。(私は有給)
監督が不在だったので、遊びの延長の様に自由にさせた。
その方が皆いきいきと練習していて良い練習となった。
帰宅後は私がまたチームスタッフの飲み会に誘われたて
不在だったので、夜の素振りはさぼった。


ホームランバー  ¥80
びっくりマン    ¥80
コカコーラ     ¥150
AD