選手達には何の罪もない

テーマ:

専大北上の野球部が同好会になったというニュース を見ました。










高校野球の不祥事が起こると、いつも憤りが抑えられません。





どうして選手達が酷い目に逢わなければいけないのでしょうか?


選手達が何か悪いことをしたのでしょうか?


選手達にどういう罪状があるのでしょうか?





全ては大人達が考えて、大人達がやったことでしょう。



選手達は、甲子園という夢を夢で終わらせないために、小学生の頃から毎

日の様に努力を重ねて、遊びたい盛りにも係わらず、野球という素晴らしい

スポーツに青春をささげてきたのです。





その選手達から「夢」を取り上げる権利が誰にあるのでしょうか?





その権利を高野連が持っていると思っているとしたら大間違いです。





ただ、まだ専大北上の選手の甲子園への夢が、100パーセント絶たれたと

いう決定が成された訳ではない様です。





専大北上の選手達に夢が絶たれないことを願うばかりです。









奨学金制度は、どこのチームだってやっている周知の事実です。

別に悪いことでも何でもないことです。


努力の結果、その才能が認められ、その才能を必要とするチームに請われ

て入学する。そして、夢である甲子園を目指す。




何が悪いんですか!




私学の学費を支払う経済力の無い家に生まれた子は、いい指導環境がある

私学に行って、甲子園を目指してはいけないのですか?


地元の公立高校に行く道しか選択できないのですか?







高野連の幹部の人たちは、高校野球に奨学金制度が無いと信じていたので

しょうか?


そんな人は居ないでしょう。絶対に。

それなのに、問題が発覚するまで放置した責任の所在はどうなるのですか?


専大北上と選手達が責任を取らされたのですから、高野連も同等に責任をと

るというのが、我々の世界の常識ではないでしょうか?








報道の記事を読むと、専大北上の野球部は、まずは「同好会」の格下げにな

って練習を続け、その後、新しい硬式野球部をつくり、それを高野連に申請し

て、甲子園への道を模索するといった内容でした。


こんな複雑なこと、誰が考えたのでしょう。


ここでも大人の論理を展開し、選手達の心のことを全く考えていないと思わざ

るを得ません。









私はひとつ高校野球界に提案があります。




今回、専大北上が高野連からの処分によって、甲子園への道が閉ざされる決

定がなされたとします。



そうしたら、全国の高校で、奨学金制度を使っている高校野球チーム全てが、

自主規制ということで、大会出場を辞退するというのはどうでしょうか?



その時、高野連がどういう行動に出るのか。



高野連が強豪私学を抜きで甲子園大会をやるのなら、それも良いでしょう。


そうなったら、辞退した高校が集まって自主的に大会を開催して、どのチー

ムが強いか決めたらいいと思います。


別に試合するのはどこでもいいじゃないですか。

学校のグランドだって、どこだって。




野球は野球なんですから。




あくまで練習試合だということにすれば、高野連だって何も文句は言えない

でしょう。







私の本心としては、上記の様なことにならず、全ての高校球児の夢が守ら

れることを心より願っています。



アマ野球関係者、及び高野連の良識ある決定がなされることを信じてい

ます。




AD

コメント(17)