"琵琶法師、音楽流浪"

薩摩琵琶演奏家後藤幸浩のブログ。演奏家・音楽ライター・大学非常勤講師等の経験から音楽関連の記事を中心に。演奏は水島結子との、琵琶デュオを中心に活動中。教室も!http://www.biwahosi.com/


テーマ:
先日、中古CD・レコード屋をぶらぶらしていたら、こんなのを見つけて即買いした。珍しい盤ではないし、バーゲン価格だったのでコーヒー代以下だ。




♬ 青江三奈は66年5月30日に発売された「恍惚のブルース」と、そのB面だった「ひと知れぬ愛」の2曲を、森進一は、やはり66年、一月後の6月20日に発売された「女のためいき」とそのB面だった「恋に泣きたい」を収録。2人のデビュー・シングルの曲でもある。

サイズはEP盤と同じだが、33回転のコンパクト・ディスクと呼ばれていたもの (コンパクト・ディスクの呼び名ですが、CDとは違うんですよ- 笑) 。

♬  それぞれのシングル盤は実家にある。亡父の所有物だったもので、これをさんざん、小学校低学年の頃聞かされた。もちろん、ぼくに曲を覚えさせようというのではなく、父親が宴会で歌うために聞き込んで、レコードに合わせて練習するのだ。父親はふつうの公務員で、当時はうちに人を呼んでの宴会をよくやっており、その際の出し物の準備というわけ (カラオケなどない時代なので、本番は完全アカペラで、まあ、失敗が多かったようだ-笑笑) 。

子供心に “恍惚” 、“女のためいき” て何ね?と思いつつも、そういう環境だと、自然に曲を覚えてしまう。つい口ずさんでいると “子供は歌 (うと) おたらいかん” と怒られる。理不尽ではあったが、こういう歌、曲を、リアルタイムで体験できたことは父親に、たいへん感謝している。

♬  青江三奈、森進一、2人の声はじつにハスキー、雑味にあふれていて、語尾の処理もヴィブラートではなく、揺り、と言った方がぴったり。ほぼ伝統芸の語りもの・歌ものの手法につうじる。ぼくは小さい頃から声がかすれていて、合唱部に入ろうと思ったら、後藤君はかすれ声だから合唱は合わんよ、と先生に言われた記憶や、琵琶の師匠には、君の声は森進一に似てるからそれを活かして云々、と言われた記憶もよみがえる。青江さん・森さんの声をさんざん聞かされたため、そっちに変声したのか (笑) とも思うが、今の琵琶弾き語りの立場としては、体験しておいてじつに役にたった声だ。

♬「恍惚のブルース」はじめ全4曲メジャー・キイ、曲じたいはカラッとしていて、いわゆる  “ど演歌” ではない。サックスは良い感じでブロウするし、3連感もあるので、アフロ・アメリカン音楽のジャンプやR&Bも思い出させる。「ひと知れぬ愛」はヴィブラフォンやストリングズもよく、ジャズ的お洒落感もある隠れ名曲だと思う。ハスキーな声色に、和の伝統ものともつうじる節廻しと、R&B感覚…うまい具合に、音楽的日米同盟?が凝縮された4曲だ。

♬  お盆でもあることだし、今夜はこれを聞いて、亡父の供養としよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
8/6 (日)目白庭園・赤鳥庵での「琵琶デュオ  怪談ライヴ」、無事終了いたしました。暑い中、ほぼ満員のお客様でほんとうにありがたかったです。

♬ 「耳無し芳一」は朗読の伴奏、あるいは朗読や浪曲とのコラボレーション企画でやったことはありましたが、琵琶デュオ単独での演奏ははじめて。

原作の小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン) はギリシャの出身。その後はアイルランド、フランス、アメリカ (ニュー・オーリンズなど)、西インド諸島 (マルティニーク) 、そして日本、と流浪する如く渡り歩き、おのおのの土地の生活、音楽としっかり向き合って来た人です。元祖 “ワールド・ミュージック” な人 (笑)と言えるかもしれません。

そんな八雲のイメージを感じさせるようにエキゾティックなテーマ曲を作ったり、琵琶に興味を持っていた明治期の詩人・北村透谷の「平家蟹」や、平家物語そのもの (「大地震」「能登殿最期」「先帝身投」) の演奏を挿入したり、といくつか工夫を加えてみました。

琵琶弾き語りが基本の琵琶デュオですので、節朗読的なト書き、節セリフ的になる部分が多く、そのあたりは朗読劇やお芝居と異なると思いますが、ト書きやセリフにも撥を入れたりした方がグルーヴ感は出やすいですね。昔、少女琵琶歌劇というのありましたが、その琵琶歌劇的なもので良いかと思っております。

伺った感想、拝見したSNSへの投稿などはおおむね好評だったので一安心です (駄目な部分は本人たちがいちばんわかっております-笑) 。ラストは原作にはない要素を付け加えましたが、亡霊と芳一の交流はもっとふくらませて、そのうち再演したいと思っております。




♬ 「鬼にされた男」は、江戸時代初期の怪奇譚集『伽婢子』 (「牡丹灯籠」の原作も入っている) より。上野の森美術館、浅草のアミューズ・シアター以来、三回目の演奏。世の中そのものや神仏、幽霊、宗教的な事柄・現象をことごとくなめてかかっていた孫太郎が、鬼の国に迷い込み、拷問を受け、鬼の姿にされ現世にかえされ、結局亡くなる、という話。

夜叉、変態仏像、鬼…とつぎつぎに異形の者共が登場、怪談というより滑稽味もある話ですので、挿入歌も充実 (笑)、ある種のマンガを実演?しているような雰囲気でお送りしました。お遊戯感覚もまじえてますので、もっと分かり易くして、子供さんにも今後は聞いてもらいたいと思っております。




♬ 最近、自分の小学校時代に放映されたテレビまんがの主題歌や、まんがそのものを振りかえることが多いのですが、当時のまんがの主人公は妖怪、オバケ、忍者、異星人、動物、ロボット、超貧乏から成功した運動選手、人間でも特殊な能力を身につけた人…など、異形感漂うキャラクターばかりだった気がします。そうした異形の者共と、一般の人間の交流が描かれる。そして別れや死があったりする。

それを反映して主題歌、劇中音楽も曲調、アレンジ、歌詞、歌手のキャラクター表現など、ふつうのポピュラー音楽にはあり得ないニュアンス満載でした。法的には、日本の語りもののそれを引き継いでると思われる部分も多いと思います。今後もその辺りも視野に入れつつ、面白い題材を探していきます。

引き続き、宜しくお願い申し上げます!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
来週8/6 (日) 、となりました、琵琶デュオの怪談。定番の「耳無し芳一」は、琵琶デュオ単独でやるのは初。

「耳無し芳一」、作者は、ラフカディオ・ハーン=小泉八雲、ですね。

八雲は1850年、ギリシャ生まれ。父はアイルランド人、母はギリシャ人ですが、お母さんにはアラブの血も混じってたとか。

いろいろあって、ハーンはギリシャ、アイルランド、イギリス、フランス、アメリカ (とくにニュー・オーリンズは重要かも) 、マルティニーク、そして日本と渡り歩きます。

時は19世紀も末の末。ハーンが渡り歩いた土地では、20世紀を席巻することになる、各土地のポピュラー音楽が精製されている真っ最中。“耳” が良かったであろうハーンは確実に、その音を内面に刻み込んだろうと思われる。なんか、故・中村とうよう氏の元祖 (笑)、みたいな人です。

何でも5セントで食べられる「不景気屋(ハード・タイムズ)」を立ち上げて、相棒に売り上げを持ち逃げされて20日間であえなく閉店…などもあったらしい (笑) 。アフロ・アメリカン系の女性との結婚も画策したそう (えらい!) 。

そんなハーンが、日本に来て書いたのが、琵琶が主題の「耳無し芳一」。途中の琵琶の音の表現、“櫂をあやつる音、船の突きすすむ音、風を切って飛ぶ矢の音、人びとのおたけびや足を踏みならす音…” あたりは、薩摩琵琶や筑前琵琶を聞いてのものでしょうかねー。平家琵琶のニュアンスではないでしょう。

琵琶デュオは薩摩琵琶が基調ですので、このあたりはがんがんやります。ハーンの出自をちょっと意識した音遣いも入れる予定。怨霊云々は琵琶には普通につきものですから、とりあえず神社仏閣参拝はちゃんとやってのぞみます。

「耳無し芳一」はアントナン・アルトーも「哀れな楽士の不思議な冒険」として訳していて、そのアルトーはザ・ドアーズのジム・モリスンも好きだったらしい。まあ、解釈云々は、それこそ楽士のぼくにはムツカシ過ぎ…。とはいえ、もろもろ広がって面白すぎます。

写真はギリシャ、ニュー・オーリンズ、マルティニーク、日本 (笑) の音楽の方々。ここまで多彩にはできませんが、“ワールド・ミュージック” 的経験を踏んだ上に、日本にたどり着いた「ハーンの耳」に敬意を表しつつ演奏したいですねえ。もう1枚は、ドアーズ、カリブ海関連の音源。




宜しくお願い申し上げます!

もう一題は、江戸時代初期の怪奇譚集『伽婢子』より、「鬼にされた男」を。悪夢な話ですが、琵琶デュオならではの挿入歌多数で面白くお送りいたします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。