未知数の求め方

テーマ:

福岡県北九州市学習塾あんきゅう塾」が発信する「あんきう語

いつもご覧いただきましてありがとうございます!




さて、今日は・・・・。

受験でもおなじみの「連立方程式」のお話をしたいと思います。



では、みなさんに質問です。


Aちゃんが1000円を持っていました。そのあと、いくらかつかったので、残りが800円になりました。

Aちゃんはいくらつかったでしょう?


と質問されるとみなさんは「200円!」とすぐに答えられますよね。


では、こうするとどうでしょう?


Aちゃんがいくらか持っていました。そのあと、いくらかつかったので残りが800円になりました。

Aちゃんはいくらつかったでしょう?持っていた金額はつかった金額の5倍です。


となると、未知数が2つに増えました。そのぶん、手掛かりも増えましたが、数を導き出すには1つの式ではもとまりません。

面倒でも、2つ式をたてる必要があります。



最近、見ていて思うのですが、「スピード」を求めるあまりに結果を急ぎすぎて、途中式をちょこちょこっと書いて消す子や、計算過程で、式を書き直さずにごちゃごちゃと計算する子がいます。



上の場合は


持っていた金額をX、つかった金額をYとすると


X-Y=800・・・①

X=5Y・・・・・・・②


という式がたちます。


そこで、②を①に代入すると

5YーY=800  4Y=800  Y=200


という風になります。


分からない数があればその数だけの式が必要になります。


面倒くさがっていては、途中でいらないミスをしたり、いつまでたっても形にならなかったりで結論にたどりつけません。


数学に「早さ」と「正確さ」はもちろん必要ですが、過程を大切にするからこそ結果が導き出せるのです。


これは大人になってからもいえることで、面倒くさがって、それなのに結果ばかり追求すると失敗します。

わからないことや、答えをだしたいことがあれば、その数だけ式を用意すること。

そして、思考を整理して取り組むこと。


この二つはとても大事なことだと言えると思います。


あれやこれや抱え込んでしまった人こそ!一度、その数だけ式をたててみる時間をとってみてはいかがでしょうか?


はーと問題コーナー

1.オームの法則

2.アンペールはフランス人でした!


ハートぴんく今日の問題


ケーキ6個とシュークリーム5個を箱に入れてもらうと2050円。

ケーキ2個とシュークリーム3個を箱に入れてもらうと950円。

どちらの代金にも箱代100円が含まれています。ケーキ、シュークリームはそれぞれ一ついくらでしょう?


正解は次回のブログにて。

今日も最後までおつきあいいただきまして、ありがとうございました!!

ランキング参加中です。皆様の応援お願いいたします。



にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ ←をポチっとクリックお願いしますハート
AD

コメント(19)