つくしのブログ

解離性障害(解離性同一性障害).うつ病など様々な
精神障害となった虐待被害者である当事者からの
心の叫び、感じた事、想いを自分の言葉で、自分なりに綴っていけたらと思っています。

NEW !
テーマ:



にぃーにが
転院してからのお話を
少しずつ

upさせてもらおうと
思います。



あすなろ学園の先生に
診ていただくようになり

私はやっぱり
納得のいかない事が多く

和歌山での最初の
先生に診てもらいたいと

主人に、予約を入れて
もらいました。

3ヶ月待ちで

もうすぐ10月に
診ていただけるのですが…



あすなろ学園の先生に
診てもらう事になった経緯は

下にリブログ
させてもらいます

添付の仕方がわからず、、
リブログになりました。





あすなろ学園の
先生のお話も

少し記事でupさせて
もらった事がありますが


やっぱりいつも

パソコン入力しながらの
パソコンの画面を
見ながらの診察でした。


先生の質問に応え

私が話してても
長い話しじゃなくても

話を遮り
違う話を始めたり、


「学校に行きたいけれど
    行けない…」


前の先生からの紹介状もあり
これまでの経緯も
お話させてもらってる

けれども

甘やかせているかのような
言い方をされ


「甘やか過ぎと
         言う事ですか?」と、

聞いたしまった。


一度の診察で一回、
これまでに
三回聞いてしまった。


その事については
「そう言う事ではなくて」と

否定されるけれど…

家から出れない、にぃーに

でも

「もう休息は出来たと…」
「だから家から出し
       毎日、通える所が必要です」と


余り、家での状態を
しっかりと聞いて
くれるでもなく

質問しても
ハッキリとしない事は
はぐらかされ

病院でにぃーにを
診て下さる時間は
10分もない。


だからこそ
にぃーに、には

移動時間は
長くしんどいけれど
楽な診察、、、。


家だけでは、って
意味はわかるけれど…

1クラス7人ほどの
しかも、複式学級をしてる
学校に

特別支援学級はなく

通える範囲で
そのような資源もなく

事情を話し
「どうすれば良いのですか?」

と、聞けば

「仕方ないですね」と
返ってくる。


私にしても
主人にしても

多分、一般の方よりは
福祉関係について
よく知っている方だと思う。


この先生は
個々に違う症状の子を

先生の考え方の枠に
はめ込んで
話をされている

何もわからない
手探り状態で
この先生に、診てもらったら

「あー、そうなんだ。」

と思ってしまう

それくらい
話を聞くよりも

自分の考えを示す
主治医の先生なのです。












AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「にぃーに。」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。