遂にやって来てくれました!

福岡初!!ヴィーガンフェス!!!

参加してきましたよぉ~~♪

 

VEGAN FEST FUKUOKA 2017

 

 

※画像はこちらから拝借 

出店情報等、詳細はこちらのリンクからどうぞ↓

https://veganfest-fukuoka.jimdo.com/

 

 

正直、この肉食文化の強い福岡にて、

ベジフェスをすっ飛ばして、

いきなりVeganフェス開催とは、

凄く思い切った事をしてきたなぁと感じました。(嬉)

 

しかし、実際に開始時間に行ってみると、

そこには既に、会場の扉が開くのを待つ人達の長蛇が(笑)

お昼近くになるほど、人はホールを埋め尽くし、

ホール外に用意された休憩スペース?も人で一杯。

 

開始2時間もしない間に、

売り切れになる商品も出てきていました。

 

いや~すごい。年齢性別国籍問わず、

沢山の方がいらっしゃって、

皆が皆福岡に暮らしている人ではないであるにせよ、

初の福岡のVEGANフェスでここまでの人が集うとは、

驚きと同時に、嬉しさが込み上げて来ました。

 

「うんうん、こりゃいい読みしたなぁ。ナイスヴィーガン!」

と凄く感心☆彡

 

さて、今回わたしが食べたVEGAN料理一覧を書き並べますね♪

ちなみに、スマホは卒業し、カメラを持っていなかった為、

今回現地で食べたモノに関しては写真がありません。

 

---------------------------------------------

 

・ヴィーガンラーメン【ヴィーガンラーメンMaui inハワイ】

野菜具沢山味噌ラーメン。超絶品。

言葉で感想を言うのが申し訳ないレベル。

(語彙力が無い言い訳ではないですぉ(小声))。

 

・ベジカレー【旅するクーネル】情報リンク

野菜が主役とはまさに!

もうカレー好きにはたまらない。

ルーや野菜の種類の豊富さと味深さの中に、

食事を楽しませようとしてくれてる愛と工夫を感じます♡

 

・ベジバーガー(サツマイモ&サラダ)【HAPPY HERBS】

スパイスが効いててサツマイモと野菜の甘さにマッチ♪

食べ応えアリ。

 

・ベジバーガー(パスタコロッケ)【HAPPY HERBS】(画像右)

コロッケの中にパスタ刻みが入ってました。

サツマイモverよりは辛味は薄めと感じました。

辛いの弱い人はこちらオススメ。

食べ応え十分。

 

・ブラウンシチュー【Rota Cafe

車麩がとてもシチューに合って上品なお味! 

玄米にかけて食べたら美味しそう♪

 

・中華ちまき【小さな穀菜工房 モリネコ】

具沢山。次来たら必ずまた食べる!

 


・生ケーキ(ティラミス)【ikushiro

(※写真右)

 

・生ケーキ(ガトーベリー)【ikushiro

 

・生ケーキ(モンブラン)【ikushiro

 

・栗パン【粉kona屋】

 

・かぼちゃパン【粉kona屋】

 

・くるみパン【粉kona屋】

 

・カレンツパン【粉kona屋】

4つのパンの中で一番好きだった味。

 

---------------------------------------------

 

以上が今回わたしが食べたVegan料理です。

 

どれも奥深い味わいと感動を

口の中一杯に届けてくれました☆彡

 

ん?何。仰る通り、そうですよ。

パン類以外は全て現地でモグモグしたんです。

そりゃもう腹パンパンマンでしたよ(笑)。

 

さて、ここからは今回のVEGANフェスを通じて、

感じたこと、想った事を

さらに掘り下げて伝えたいと思います。

 

 

 

◆アレも食べられる!コレも食べられる!

 

今回特に嬉しかったことは、沢山のお店に囲まれる中で、

「アレも食べられる!コレも食べられる!」

という状況に自分が居られたことです。

 

これはわたしにとって、

とても久しぶりの感覚なんです。(数年ぶり)

Veganの方ならある程度共感されるかもしれませんね^^

 

ですが、数年ぶりの感覚とは言え、

その中身・本質は昔のそれとは似て非なるモノです。

 

昔はそれらが作られた「背景を知らなかったから」こそ、

その感覚で居られたのですが、

今回のフェスでは、そうではなく、

「背景を知り、地球を尊重する意志が伴う状況で」

その感覚に至れたこと。

ここが大きな違いなのです。

 

プロジェクトのVegan仲間も、

他県で行われたVEGANフェスに参加した時に、

「どこの店を選んでも、食べられるモノしかないんだもん、

あの感動と気軽さったらありゃしない(*´艸`*)」

感じたそう♪

 

そうそう!この氣軽さがたまらなかったんです!(≧▽≦)

きっと同じ感覚だぁ。

この氣軽さをどんどん広げていきたいですね♪

 

 

 

◆実はVeganになって初めてだった

 

翌々考えてみると、

ラーメン、シチュー、中華ちまき、バーガーのVegan料理は、

Veganになって初めて食べた料理だったんですね^^

それだけに余計に大きな感動を頂きました♪

 

すべてVeganではなかった頃、

もちろん動物性が多用されたモノでしたが、

それらを無知故に食べていました。

 

Veganになってからは、

これらの料理との縁は完全に絶たれていました。

食べようとさえ思わなかったですし、

確かに昔は好きでしたけど、

Veganになってからは、

無理や我慢をしていたという感覚もなく、

自然に離れていったという感じです。

 

その後も、ベジラーメン、ベジシチュー、

ベジバーガーなどのレシピは、

ネットや本で調べれば見つかるけども、

どうも自分では作る氣が起きない、

または創ろうとすると時間も手間もお金も掛かって、

今の自分が手造りに挑戦するには、ちょっと気が遠い。

 

けれども実は食べてはみたかった。

 

そんな中、提供してくれる人が現れたというのは、

ホントに幸せなことです。

 

食べたいとは思えど、

自分で創るのが面倒だとか、

やりたくないと思ったモノには、

基本挑戦しませんからね(笑)

 

けれども、

別にこういう姿勢は悪いとは思っていません。

 

誰にでも、そういう姿勢を持つことがあると思いますし、

全てがすべて、

自身で生産できる人なんてこの世には居ません。

 

たとえ出来たとしても、

その人が心からやりたい事ではなければ、

心の中は常に戦争状態。

それでは安らぎや平和、幸せとは無縁です。

人間関係にも影響してきます。

 

わたしの場合、

「やればできることならば、なるべくやるべきだ」

という考えは持っていません。

誰もが「今やりたいこと」をするだけで、

社会は十分に回ると観ていますし、

それこそが心と環境の平和に繋がる事だと

信じているからです。

 

誰にでも、やりたいこと、好きなこと、

得意な事の一つ二つあります。

勿論今なくても問題ないですし、

自分の感覚に素直に生きてさえ居れば、

いずれ必ず沸き出て来ます。

 

それを与えたいという意志に基づいて各々が提供していく。

そうした自分の氣持ちをも尊重した、

愛に基づくそれぞれの行為(好意)をするだけで、

結果として社会は循環し、

誰もが食べたい物を食べられ、

誰もが使いたい物を使えて、

穏やかに過ごせる日々が続いていく。

 

そんな地球環境が創造できると知っていますし、

わたしは大好きです♪

 

あれ?話がかなり脱線しましたね(汗)

 

 

 

◆”モンブラン”を一口。感極まる(泣)

 

そして一番わたしの心を動かしたのは、

【ikushiro】さんの”生ケーキ!3種”でした。

 

ケーキ自体はVeganになって初めてではないのですが、

会場で一番最初に食べた生ケーキ、

【ikushiro】さんのモンブラン。(画像無くてすみません)

これが物凄~く美味しくて、匂いから始まり、

舌を通じて心も体も喜んでいました。

 

懐かしさ?寂しさ?悔しさ?待ち焦がれ?

そういう安易な言葉では到底説明できない、

ひっそりと心の中で溜めこまれていた様な

数々の感覚が一瞬で沸き上がり、

身体全体にどっと拡がった後、

じんわりとすべてが浄化されていった氣分でした。

 

一口食べた瞬間に感極まって、

少し泣きそうになりました。

優しく包み込まれる様な甘さ。

 

愛に基づいた料理の凄さみたいなものを、

改めて実感させられることになりました。

 

どうしても感謝が伝えたくて、

【ikushiro】さんのブログで感想コメントしちゃった(///∇//)

 

 

ちなみにVeganになって初めて食べたケーキは、

福岡市内にあるフォーチュンキッチンという

知る人ぞ知る、お花屋さんの中にあるケーキです。

 

お花屋さんとVeganケーキをセットで贈り物~だなんて、

とても洒落てると思います^^

アレルギー持ちや、美や健康意識の高い人にも、

オススメできるので、

動物性のモノや白砂糖の入ったお菓子・ケーキを

プレゼントするより、安心して贈る事が出来ますし、

受け取り手がもし地球への愛や食への意識の高い人なら

「この人きちんと選んでくれたんだな」

贈りモノと同時に贈り主の『愛』をも安心して、

受け取る事が出来ると思います♪

 

そしてこうした与え愛が循環すると、

またステキですよね(´∀`)

 

わたしも今回、【ikushiro】さんの生ケーキ(ガトーベリー)を、

家族にお土産として持って帰ったのですが、

ふと思ったんです。

 

やっぱり大切な人にだからこそ、

地球の事を考えて、自分が食べて良しとするモノ、

使って良しとしているモノを、

贈れるということが一番だし、ステキだよなぁ、と。

 

それにVEGANのモノだからこそ、

そのプレゼントが良い意味で断られ難い、

受け取る相手の気持ちを考えるというところを

ベースにしてるから、受け取った相手に困惑され難く、

相手も気持ち良く受け取れて、

こちらも気持ち良く与えられる、

というのはあると思うんです。

 

ツイッターでVegan仲間ともこの話題になったのですが、

やはり罪悪感なく食べられる・贈る事が出来る、

というのがとても最高なのです☆彡

 

 

 

◆地球を大切にしながらでも、

美味しいモノは食べられるんだよ

 

また、家族に生ケーキのお土産を持って帰ったのですが、

今一緒に暮らしている家族はVEGANではありません。

 

わたしと同じ様な境遇に在るVeganさんも

いらっしゃるかもしれません。

ですが、こうした色んなVEGAN料理を、

その人の舌を直接通じて知ってもらうことで、

「動物や自然、地球を大切にしながらでも、

美味しいモノは食べられるんだよ」

という後押しができると感じています。

 

また、VEGANではないけれども、VEGANに興味がある、

だけど同時に迷いもあるという人には、

実に効果的だと思います。

それにこれこそがVEGANに関わるイベントの、

最大の意義ではないかとさえ、感じています。

 

未だにVEGANのみならず、ベジにさえ、

偏見を持たれている方もいらっしゃると思います。

そういう方たちに、

口で言っても中々伝わらないことってありますよね。

 

まぁ無理に説得する必要もないのですが、

たまにこうしたVEGAN料理を、

特にその人の好みに合わせて

プレゼントしてみることで、

徐々に変化が見られるかもしれません。

(期待はしないように笑)

 

なんせ、愛の波動の詰まったモノが身体に入っていく。

それだけも、その人にとっては

大きな変化でしょうから。

 

動物性の食べ物は、「怒り」「悲しみ」「寂しさ」「絶望」・・・

そうした波動で構成されている事が殆どです。

なので、動物性のモノを食習慣としている人達は、

『愛』を知らない、

『愛』が分からないケースが非常に多いです。

 

また、思考や決断が『恐れ』軸に偏っていたり、

繋がりを認識できていない『分離意識』だなと

感じることがあります。

 

だから口で説明しても「愛」は届き難いのです。

なので、舌や口を通じて、

細胞に直接問いかけてみるというのも、

また面白い手段では無いかなと思います。

 

『愛』の波動の詰まったモノが、

『恐れ』の波動を持つエネルギーを癒しますからね。

また、恐れは実は常に愛を欲していますから、

効果はあるのではないでしょうか。

 

 

 

◆VEGANイベントの最終形態

 

わたしが思うVEGANイベントの最終形態、それは、

愛に基づいた「統合意識」「無償提供の循環」「共同使用」を

土台として行われるモノだと思っています。

 

今ではまだ、動物性のモノを摂取する人達がいる、

ということの他に、

家畜産業を営み、

それを収入源・生活源にしている人達、

及び、人の病を収入源にしている人達が

存在するという実態があります。

 

彼らの立場に立って観た場合、

VEGANという文化の拡大は、とても脅威なモノです。

「お金を稼ぐ機会の喪失」だからです。

 

お金が必要な社会では、

それは生きる手段の喪失や、

社会的な信用の失墜にも感じられ、

最悪、死さえも連想させる恐ろしい事です。

 

ですがそれが「お金」の為や、

「社会的信用(プライド等)の維持」の為にしていることなのであれば、

愛に基づく『無償提供の循環』を創造することで、

彼らの生きていくことへの不安を取り除く事が可能となります。

 

そして、よりVEGANは素直に多くの人達に歓迎され、

その文化の流通が後押しされることとなるでしょう。

 

そうすることでVEGANは大きく加速し、

VEGANの人が創る食べ物・使うモノのレベルや技術そのモノも、

大きく飛躍するのです。

 

そのレベルで行われるVEGANイベントは、

きっと盛大なモノとなる事でしょう♪

 

こうして、地球に存在する全生命との共生が

可能となっていくというわけなのです。

 

そしてわたしは、こうした本質的な部分に問いかけ、

愛に基づく永続可能な新しい社会を、

創造するプロジェクトを進めているというわけなのです。

 


 

◆新しい御縁

 

しかもしかもヴィーガンフェスから頂いた、

もう一つの大御土産。

 

福岡のVEGANの方々と、

ツイッターで繋がる事が出来ました♪

 

こうやって自分の波動・波長に近い人達と

しかも近くに住んでいる人達と繋がれるって、

とてもワクワクしますよね゚+ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚

 

思わず沢山会話しちゃってました( ´艸`)

 

さらに、来年もVEGANフェス開催との報告も!!

 

早速来年を生きる楽しみがまた一つできました♪

 

次は一緒に食べましょ!話しましょ♪

 

また、この記事などをご覧になられて、

わたしと波長が合いそうだなと思った方は、

お氣軽にお声掛け下さいね☆彡

どんどん繋がっていきましょう^^

 

 

◆最高の誕生月

 

実は今月はわたしの誕生月なのです(つ∀<。)

そんな10月に福岡初のヴィーガンフェスを開いてくれるとは!

 

沢山のVEGAN料理と、本格的なケーキまで用意されて、

新しい近場の仲間たちともネットで繋がれて、

来年の楽しみまで出来て、

お陰様で今年10月は超幸せな誕生月となりました♪

 

本当に心から御馳走様でしたヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

みんな、祝いのメッセージありがとう☆彡(●´ω`●)

 

 

 

VEGANフェスに多大なる感謝です!!

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。
 

 

追記

 

あ、それとこの10月だけで日本では、

3回以上のヴィーガンフェスが開かれるとか。

知ってるのが、福岡、大阪、東京(2日間)。

こりゃすごい動きですよね!!

 

 

以下、関連記事------------------------------------

 

わたし達の『食習慣』が地球と多くの命を救う

 

地球を守ることこそが自分や家族を守ること

 

 

 

AD