1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年11月02日(木)

雨のサバゲー装備

テーマ:■ サバゲー

先週日曜日。台風迫る豪雨の千葉の某フィールドに出撃してまいりました。

途中から降ったとかではなく、最初から最後まで雨っていうサバゲーは、2回目です。

事前エントリーが100名以上のゲームでしたが、参加人数20名でした。もっと少なくなると思ってたのに、物好きはいっぱいいますね!

さて本題です。
今回は前日から、一日中雨ということがわかっていたので、雨に特化した装備を検討して試してみました。

 

電動ガンはこんな感じ。

銃本体は上からビニール風呂敷をかけて、テープでぐるぐる巻き。その際、セレクターレバーにリーチできるようにすることがポイントです。
 

マガジンは交換しなくていいよう、1200発入る電動巻き上げ式をひとつ使いました。下から小さなビニール袋をかぶせ、小銃との接合部分もテープで水が入らないようにします。普通の撃ち方なら1200発で半日、充分いけます。

 

銃口につける赤キャップですが、これを付けることでセーフティーエリアでもマガジンを抜かなくて済みます。(フィールドや主催者に確認が必要)
また、なるべく銃はセーフに持ち込まず、フィールド入り口付近の雨の当たらない場所に置くようにしました。

このフィールドでは入り口とセーフの間に屋根つきシューティングレンジがあったので、そこに置くようにしました。これもガスではなく、電動ガン&多弾マグあればこそです。

 

装備編です。ポイントは魚屋さんカッパズボンにポケットレインコートインすること。頑丈さに関しては、このカッパズボンは文句なしなんだけど、でもやっぱりちょっとカッコ悪かったかな?

安いビニールのカッパズボンを穿いて、その上に迷彩戦闘ズボンを穿くともっといいかも? でも厚手で隙間のある魚屋カッパズボンと違い、肌に密着しやすい=換気性に劣るため、たぶん汗で不快度が高くなるでしょう。

 

僕はもらい物のカッパズボンだから、いかにも魚屋っていう色ですけど、もう少し濃い色を選ぶと違和感が減るかと思います。

迷彩ウインドブレーカーはレインコートの上から着ます。
これは防水性がなく、びしょびしょになりますけど、カッパよりマシです。そもそも、銃弾をくらったときに、ビニールカッパは破れると思います。

 

ブーツは水が沁み、つま先がタポタポになります。

五本指ソックスを使うことで、ふやけた指と爪がこすれ合って皮がむけるといったことがなくなります。

 

ヘルメット(プラスチック)は完全防水でよいのですが、ブーニーハットは襟首からの雨の侵入を防ぐので状況に応じて選びます。それに迷彩効果がありますし。

 

グローブはゴム引き軍手でOKです。ただ、ゴムの部分が深いと、指先に入った水が多めに溜まってしまうので、甲側のゴムが浅いやつの方がよさそうです。

 

この装備で4時間戦いましたが、身体は冷え知らず、不快感もなく、やりやすかったです。

 

雨のサバゲーは晴天と違い、見通しが悪くなりますし、潜んでいる時などに<俺は一体何をしているんだろう? 的なカンジで>戦闘気分が盛り上がり、悪くないですよ。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年09月27日(水)

マーカー問題

テーマ:■ サバゲー

 

サバゲーのチームマーカーは、フィールドで提供される黄色と赤のガムテということが多いのですが、装備品として、自分用のマーカーを買おうか迷っています。

理由は、バンド式なら必要に応じて、腕から手首の方にずらせるから。

前回、せっかく陸自新迷彩に合った、良い感じの草の中に隠れて待ち伏せをしていたのに、「マーカーが見えてんだよ!」と、蜂の巣にされてしまいました。

せっかくの迷彩なのに、そんなのつまんないよねー。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年08月01日(火)

89式のバッテリーをメカボを開けずにストックに移設

テーマ:■ サバゲー

中古で2挺目の89式小銃を入手しました。

 

メカボックスのシリアルは、270727。1挺目が161025なので、新しいようです。


【悲報】東京マルイ89式5.56mm小銃のメカボ分解したら銃がぶっ壊れた件 という動画が上がっていて、ニーズがあるかなーとちょっと思いまして。

今回はこのメカボックスを開かずに移設する実験をしてみました。

 

もしこのエントリーを見て、試してみたいという人がいたら前回のエントリーもご一読ください。
マルイ89式小銃のミニSバッテリー化

 

 

切り替え軸のギアは落ちないように押さえながら外して、テープで留めておくといいですよ。(もし外れたら前のエントリーをご参照ください☆)

 

例の穴。これが一番の難関かも。

 

はんだ付けして、絶縁テープで巻きます。

ほんとは0.8Sq以上の太さが欲しいですが、無かったのでとりあえず0.5Sqでやりました。連射してるとコードが熱くなります。

 

コード押さえはイカシです。

 

上に逃げて後へ。

 

逆側から見たところ。

 

シリアルナンバー違いで、ストックの内部構造が違うような気が。

今回はミニSバッテリー入れるのにけっこう苦労しました。AK用(鰻)バッテリーだったら問題なしです。

 

さてさて。

コードだよな。9月の実戦投入までに交換しなきゃ。

断線はまあないとは思うけど、熱が出る=電線金属が劣化=抵抗が大きくなるなどで、トリガー引いたときのレスポンスとか、連射速度まで影響が出るかもしれません。

 

逆に0.5Sqでどんな影響が出るのか実験する・・・という名目で、改修しないという手も??? 冗談ですよ(^_^;

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。