1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月04日(土)

節分と鬼畜

テーマ:■ 雑記 △
たとえば、同級生のいじめを目撃したときに、いじめている側にひとこと言うとしよう。
 
「餓鬼だな」
これは諭す方向。
 
「畜生だな」
これは人格否定。
 
「鬼畜だな」
これ。
 
鬼畜というのは、仏教六道のうちの、「餓鬼畜生道」のことだ。
人の心を持っていない者たちの地獄の世界。
 
餓鬼+畜生=餓鬼畜生
 
「餓鬼畜生だな」
嫌悪感の表明。
 
なぜか短縮して『鬼畜』というと、囃子言葉になる。
これってもしかして、『鬼神』のイメージと混同するからだろうか。
 
桁外れに強い格闘家を、鬼神と称することがある。
読み方は「きしん」と「きじん」の二通りあるが、それぞれ違う意味を持つ。
 
きしんは神のことであり、超人的な力を持つものを指す。
きじんは鬼や化け物、悪霊とか。
 
格闘家に「きじん」というのは失礼にあたるかもしれず、悪役プロレスラーに「きしん」という言葉はふさわしくない。
 
中国では日本を侮蔑する際、日本鬼子(リーベングイズ)という言葉を用いることがある。しかし中国人がいくらこの言葉で口撃をしてこようとも、日本人はノーダメージだ。
日本人は鬼という言葉に対し、畏怖はあっても侮蔑の感情は持っていない。
 
餓鬼がNGなのは、ガキを鬼と認識していないからだと思う。一般的にガキといえば、子どもを指す。
 
餓鬼という言葉で指摘することは、相手に対し、上から目線なのだ。
一方、鬼畜の場合は、「鬼のようだ」となり、エールと感じてしまうのかもしれない。
 
昨日は節分で、そんなことを考えていました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月24日(木)

宝くじ

テーマ:■ 雑記 △

宝くじの高額当選で、みずほ銀行の人から、払い戻し時のお金のレクチャーを受けてみたい。どんなこと話すのかな?

 

ここ数か月僕は、なんだかお金のことばかり考えている。

普通の人にはあたりまえのことかもしれないけど、僕が知らないということがいっぱいある。

 

たとえばさっき、道を歩いていてふと、お金の使い方には二通りあることに気がついた。

 

ひとつは使えばなくなるお金。

もうひとつは使っても減らないお金だ。

 

たとえば僕に500万円の貯金があって、500万円の車を買ったとしよう。

そしたら500万円はなくなり、クルマの維持費も出ないから、ろくすっぽ使わないまま、しばらくしてクルマもなくなるだろう。

 

でも、5000万円の貯金のある人が500万円の車を買ったら、500万円の車は維持できるし、それで温泉とか行ったりして、リフレッシュして、またお金をザクザクと儲けるだろう。

 

もっとわかりやすい例はこうだ。

 

僕に金が入ったからと言って、友達とキャバクラに行って5万円使ったら、そのお金は消えるだけだ。

 

でも、金持ちがキャバクラに友達をつれていって5万円を使ったらちがう。金持ちの友達は金持ちだから、今度は私が~とかいってゴルフに招待してくれたりして、そこで金持ちの仲間と知り合って、お互いに利益のあるビジネスが成立したりする。

 

こんなことは高校生でもわかることかもしれない。

 

僕は子どもの頃、家柄のいい人がモテるというのがよくわからなかった。面堂終太郎が学校中からモテモテの意味がわからんかった。

 

いくらぼんぼんでもお嬢でも、やっぱり容姿や性格で好きになるもんだと思ってた。でも普通は、家柄とかも考えるんだね。30代女子の婚活とか、そういうのが露骨に出てくる。これって自然なことなんだね。

 

馬鹿がお金持ってても、すぐなくなるから、虚しいよと。

お金目当てのともだちがいっぱいできちゃうよ、でもお金なくなったら去ってくよ。

 

そういうことを教えてくれるんかな?

 

今年は3000円ぶんだけ、宝くじ買ってみようかな。

お金が手に入ったら、減らないお金の使い方をしたいねー。

 

(子どもの作文みたいになったな・・・)

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年11月24日(木)

寝て一畳

テーマ:■ 雑記 △

なにも悩むことはないよ。

なんだって、うまく行く。

 

歌おう、なにも悩むことはないよ。

なんだって、うまく行く。

 

朝起きて、昇る太陽に笑顔を向ける。

 

三羽のスズメが、庭先でチュンチュン。

けがれのない真実のメロディーたち。

 

彼らが言った。

"This is my message to you-u-u"

 

---

 

僕はいま、けっこうたぶんしあわせだ。

仕事は結構楽しいし、人間関係に大きな問題はない。

 

住むところはあるし、食べたいもんを食べ、適度な運動も楽しむことができる。

映画や芝居にも行けて、スクーターで出かけることも自由。

 

先々のことを考えたら、もっとたくさんのお金があったらいいなあとは思うものの、今はまあ大丈夫。

 

海外旅行に行くとか、クルマ買うとか、色気出さなけりゃ、あと15年くらいはこの調子でいけるかな。

 
でもなあ。

こんなんでいいんかな?

 

この前、仕事帰りにトム・クルーズ主演の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』を観てきた。

 

ラストの方で、「お前の道を生きろ」っていう感じのセリフが出てきた。

僕にとって、自分の道ってなんだろうな。

 

本当になんでも自分の好きにしたら、きっとうちはバラバラになるだろうし。

 
Don't worry about a thing,
'Cause every little thing's gonna be alright.

 
足るを知るってことなんかなあと。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。