1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月22日(木)

イタリア映画:皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

テーマ:■ 映画

ジーグ好きとして、日本人として、これは観ておかねばならんと思い、行ってまいりました。
事前に知っていた、大まかなあらすじは、まあ、前にもここで書きましたけど、おさらいで書きますと・・・。
 
小悪党の主人公が、ひょんなことから不死身の身体になる。
現実とアニメの区別があやしい、おつむの弱い若い女に、鋼鉄ジーグの主人公『司馬宙』と混同され、それをきっかけに徐々に正義に目覚めていく。
 
こんなとこです。ちなみにイタリア映画です。
 
まず僕が思ったのは、なぜ鋼鉄ジーグなのかってこと。
鋼鉄ジーグは、マジンガーZ、ゲッターロボなどでおなじみの永井豪(ダイナミックプロ)のロボットアニメ作品のひとつ。
 
鋼鉄ジーグの特徴は日本神話をモチーフにしている点。
 
ジーグの動力源は銅鐸、敵は幻魔要塞ヤマタノオロチを基地にする邪魔大王国の女王ヒミカ。
ここで細かい設定をあげるのはやめておくが、日本人にしかわからんことがいっぱいある。
 
こんな、外国人にとってわけのわからん”サイボーグ“鋼鉄ジーグよりも、キカイダーなり仮面ライダーなりを使った方が、よっぽど自然だと思うんだけど・・・。

 

あ、特撮はイタリアじゃやってないのかな。

なら、ガッチャマンでもテッカマンでもいいや。
 
僕の印象だけど、イタリアで放映されたジーグはたぶん、かなり編集が入っているんだと思う。もしくは翻訳が適当だとか。

主題歌のメロディーはほぼ一緒だったけど、内容が「お前はジーグだ♪ 少年の心を忘れない♪」みたいな感じで、ダンダダダダンでもバンバンバンバンでもババンバンでも、ビッグシューターが風より早いとか、腕が飛び出すだとか、そういうのじゃなかった。あたりさわりのない、何の主題歌でもいけるやつ。翔べ!ガンダムみたいなもん。


まあ、きっと、かっこいいロボットが敵をやっつけるだけなんじゃないかなーなんて思ったよ。 

 

エンドロールのときにイタリア語の鋼鉄ジーグの主題歌が流れます。

バラード調でかっこいいよ。
 
映画では、日本っていう言葉さえ出てこなかったなー。
 
でも、僕たちが子どもの頃、例えばポパイがアメリカのものだとか意識せずに楽しんでたくらい、トムやジェリーが外人の名前だと意識していなかったくらい、ジーグがヒロシ・シバが、ヒミカがアマソが、日本の名前だと意識する必要ない感じだったりするかもなあって思いました。
 
もし僕が書いたことが的外れで、ほんとに日本文化やそれをもとにしたジーグへのリスペクトがあるということなら、ものすごくびっくりだし、続編の『鋼鉄神ジーグ』もイタリアっ子だってねスシくいねえ、ジーグ見ねえ、と薦めたいところです。鋼鉄神ジーグは、鋼鉄ジーグよりもっと神話に寄せていて、日本人の壮大な物語になっているからです。
 
さて、映画ですが、(良い意味で)チープで、まとまった、イタリアンギャングの映画でした。
それ以上でも、それ以下でもない。もしモチーフがジーグじゃなかったら、別に薦めはしないかなーって感じです。面白かったけどね!

日本人にとっては、文化の融合が楽しいので、観て良いかなーと思います。
 
それにしても、ほんとに邦題のいい加減さ。なんなんでしょうね。
 
遊星からの物体X ファーストコンタクトやら、ヒューゴの不思議な発明なんかのときにも書いた気がしますが、『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』っておかしいだろ。女ひとりがヒロシと呼んでるだけじゃねえか!!
 
僕が邦題つけるなら、『鋼鉄ジーグと呼ばれたやつ』くらいにしたいです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月06日(木)

パッセンジャー、おすすめ!

テーマ:■ 映画

予告は何回も見ていて、ありがちよな~って、ぜんぜん期待してなかったんだけど、これ、無茶苦茶響きました。
 

すごく入り込めた。主人公と一緒に恋をしたし、苛まれ、苦しんだし、達成感も味わいました。この映画の舞台のすべてとなる、宇宙空間と宇宙船の、スケール感、未来感もとてもよかった。僕が映画に求めるものが全て入っていた。


やっぱ、大勢の女性の中から、相手を選び放題ってのは、なんだかんだ言っても、男にとっては夢ですよ。

 

この映画に描かれていない、出発前の地球のこととか、船内での生活のこととか、その先のこととか、あれこれ想像して、全部知りたくなる。

余韻に浸れる作品でした。
 

 

2017年のメモ

ローグ・ワン(品)1/  ★★★☆☆

ブラック・ファイル 野心の代償(ピ)1/11 ★★★☆☆

中島みゆきConcert 「一会」2015~2016 劇場版(ピ)1/11 ★★★☆☆

本能寺ホテル(品)1/15 ★★★★☆

ネオン・デーモン(六)1/18 ★★★★☆

ドクター・ストレンジ(六)1/29 ★★★★☆

マグニフィセント・セブン(六)2/1 ★☆☆☆☆

ザ・コンサルタント(六)2/8 ★★★★★

スノーデン(六)2/22 ★★★☆☆

xXx(トリプルX) 再起動(六)3/1 ★★★☆☆

チア☆ダン(六)3/15 ★★★☆☆

アサシンクリード(六)3/22 ★★★☆☆

パッセンジャー(六)4/5 ★★★★★

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月23日(木)

スノーデン

テーマ:■ 映画

少しだけネタバレ含みます。

 

WWWサーバー上のプライベートチャットやら写真、個人情報が国や管理者から見通せるだろってのは、90年代からまあそういうもんだろうと思って使ってた。

FBもAmazonもLINEもGmailも、知らん第三者が覗くもんだよーってわかってて使ってる。むしろ、なんでプライバシーがあると考えている人がいるのか疑問。

 

それで犯罪者が特定できたり、社会の安全が保たれるならいいよねって思ってるけど、電源オフのPCの自撮りカメラがピーピングに使われうるとは知らなかったっす。

 

スノーデンくん、地球トップクラスのハッカーなのに、なんでそんなことで泡食っていきってんのかわからんなあと。リベラルの彼女に感化されたのかなーって。作中ではそういう描かれ方はしていなかったけど、そんな気がした。てんかんが発症するようになったのも、彼女と知り合ってからのストレスが原因っぽいし。

 

セミヌード(までいかない)の写真を自分でレタッチして保存しようとしていた彼女に、「保存するな!」と激高するスノーデンくんも、あー、恋に操縦されてんだねー末期だなーって思った。

 

「私のおっぱいの写真を誰が見るってのよ! あんたおかしいわ!」みたいに詰め寄られて、国家機密との板挟みで・・・苦しむか??? ティーンエイジャーじゃあるまいし。なんか作り話っぽい印象を受ける。

 

あらゆる人の弱みをアメリカが握ることで、独裁者をつくることになるっていうけど、極論だよなあ。ブッシュ、オバマと来ていたわけで、じゃあなんで続いてないのさって普通は思うよな。

 

管理社会に反対するのって、日本のマイナンバーにイチャモンつけてた連中と同じで、犯罪者および犯罪予備軍ならびに犯罪者志願者なんじゃないかねぇ・・・と率直におもった。

 

スノーデンくんが日本のベースで働いていた時の、自衛隊幹部とのやり取りは面白かったです。24のCTUみたいな、ドローンのリアルタイム空撮映像見せて満足させてたってやつ(笑)

 

わかりやすく、テンポよく、飽きずに観られましたが、あんまり盛り上がらない映画だったなあという感想です。この事件の概要がわからない人にはお勧めします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。