2013年02月21日(木)

末っ子くんの右膝手術の同意書に記入してきた

テーマ:■ 内々のこと

前十字靭帯損傷
昨日は仕事をちょっと抜け出して、末っ子くんの手術の説明を受けるために、病院に行ってきました。

『右膝鏡視下滑膜切除術』という手術を受けます。切れかかっている膝の前十字靭帯の再生(半腱様筋腱から移植して補強)と、十字靭帯のハズレ止めとなる7mm×7mmのガイドを膝関節の骨上に4点生成、そして半月板の整形(一部切除)ということでした。
 
3月10日に入院、翌11日に手術し、経過を見つつ2週間程度の入院をするとのこと。学校は病院から通わせてもらえるのだそうです。もうちょっと後だったら春休みなのに・・・と思ったんだけど、手術のスケジュールが延びてしまうとのこと。
 

前十字靭帯損傷 前十字靭帯損傷
最近の病院では、こんなふうにモニターで先生の紹介をやってるんですね!
 
末っ子を担当をしてくださるT村先生は、慶応大学アメフト部はじめ複数のチームドクターをされているという、一流のスポーツ外科医。
 
この手術は、2年で部活動を引退する制度のある末っ子の高校のシステムに照らして、早く選手として復帰し、試合をするため、という前提で行われると知ってびっくりしました。
 
「仮にアメフトを諦めて、コンタクトのないスポーツに転向するとして、将来的に一番よい手術の時期を考えるとどうなりますか?」という質問をしたんだけど、そのとき、先生と末っ子はわかるが、細君までもが、「何言ってるの?」っていう目を向けてきて焦った・・・。 
 
昨日の朝、細君が手術に関して懐疑的なことを言ってきたのだ。
 

本

なんか細君は、医療現場の裏側のドロドロした話しの本を読んだばかりで、医師というのは手術の必要が無い患者にも、自分の出世のために手術を勧める、と・・・。そんなことを強弁してきたので、街病院から総合病院での手術を勧められるに至った経緯を確認したうえで、「医師の話がまっすぐ聞けないようなら、俺一人でいってくるよ?」と言ったら、また朝からモーレツに憤慨させてしまったという・・・(笑)
 
細君の頭のモヤモヤをすっきり晴らしてやるために訊いてやったのに、なんか俺がKYみたいになってるのはなぜだ? まあ、母親というのは子どものこととなると冷静ではいられないのでしょう。
 
 
この手術は、日常生活のためではないんだって。あくまでも、選手として復帰するためであって、たとえばアメフトをここで辞めてしまうのであれば、手術は必要ないということでした。手術を受ければ、3カ月後には怪我以前同等のトレーニング、プレイができるのだそうです。
 
『アメフトをプレイするための手術』という、通常の治療よりも高いところに目標を置かせてもらえるというのは、幸福なことだなと思いました。




<資料>  
 
前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷  
【wikipedia】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%8D%81%E5%AD%97%E9%9D%AD%E5%B8%AF
 
主にスポーツをしている人にこの損傷はよく起こる。特にサッカーやバスケットボール、スキー等の急激な方向転換を伴うスポーツや、ラグビーやアメリカンフットボール、格闘技など、コンタクトの多いスポーツにおいて、自分の意思とは違った方向に関節が強制的に持っていかれたり、地面に着地した際に、体重で大きく曲がってしまったときに起こる。受傷時にはたいてい、体内で「ブチッ」と音がし、そのときには多少の困難さは有るが、歩行は可能なことが多い。受傷後の翌日には、膝に多くの血液が溜まっていることが多く、こうなると歩行は困難となる。
 
また、膝部位にある前十字靭帯は単独での損傷は少なく、たいていは他の器官(半月板、内側側副靭帯など)の損傷を伴うことが多い。
 
(中略)
 
前十字靭帯は血液の流れが非常に悪い部分なので自然治癒することはほとんどないが、損傷・断裂した場合でも、膝周りの筋肉を鍛えることで日常生活やレクリエーション程度のスポーツであれば問題なくこなすことができる(保存療法)。しかし、競技レベルでのスポーツに復帰するためには、手術によって再建するしか治す方法はない。
 
(後略)
   


人体模型シリーズ 膝関節模型
¥9,800 楽天


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

はなびさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■+だいじょうぶ

ありがとうー!
きっと金魚みたいに身をよじって、よい方向に行くよ!

1 ■無題

心配いらないんだろうけど、心配だね(;_;)
早く復帰出来ますように…

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。