1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年07月30日(月)

ハリーポッター不死鳥の騎士団

テーマ:■ 映画

なんかうちの会社では、「映画・演劇を観なさい」というお達しが出まして、来年の6月末までの1年間、鑑賞代金の全額を会社が負担してくれます。(ひとり月額2万円まで)
条件は半券の提出と、朝礼でひとこと感想を述べること。

そんなの出なくても映画好きだし、しょっちゅう観にいっているわけですが、これはほんとにありがたいです。昨日のハリーポッター不死鳥の騎士団は前売り買ってあったんだけど、1300円の半券もらったので出してもらえます。わははー。

このお触れが出たのが7月17日。
7月7日に本多劇場に社長放浪記(伊東四朗・三宅裕司・佐藤B作・中村メイコほか)を観にいったんですが、これはチケットが7000円。半券が出てきたら7000円もらえます♪
探さなきゃね!!


えっと、そんなわけで本題。不死鳥の騎士団の感想です。
毎回感心するのは、よくまああの長いストーリーを映画の尺の中に凝縮出来るなあということです。

朝礼ではこのことに触れ、「遠大な原作のストーリーを凝縮して、なおかつエンタテインメントとしての魅力を高めているという点は、CMづくりと共通するものがあります。ぜひ原作を読んでから観にいくことをお勧めします」といったようなことを話しました。まあ、無難にね(笑)

2人

ただ、今回は破綻があった気がします。
こいつ これは小5の末っ子からも指摘されたのですが、ロンドンに戻るシーンの乗り物に関して。なんで乗れるのかってのが説明されてなかった。子どもには、「ロンとハーマイオニーが影で誰かを殺してきたんだよ」と説明しておきました(笑)

あと、CGの完成度が極端に低いところがあった。
まるで人形を振り回す、昔のウルトラマン。良く言えばシュレックの世界? ハーマイオニーの動きや質感が人形すぎて残念でした。うまく動かせないならアングルで工夫すればいいのに。

3人

でも、面白かった。
すべての謎が明らかになる、とかいうコピーだったのに、なんの謎が明らかになったのかわかりませんでしたが(笑)


---
※半額だと思い込んでいたのですが、全額の間違いでした。本文修正済み。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年07月29日(日)

レッドブルのイベントカー

テーマ:■ 四輪

ハリーポッター5を観に渋谷シネパレスへ行ってきました。

PARCOのわきでエナジードリンクレッドブルのサンプル配布イベントに遭遇。普段なら通り過ぎるんですが、僕の足を止めたのはこのデモカーでした。

リアウィンドウを通して、大型テレビモニターが見えます。覗き込むと、レッドブルがスポンサードしているスポーツのプロモーションビデオをやっています。

へえ・・・と思って近づくと、いや、このクルマなに??? なんかえっれえカッコイイんだけど。
写真を撮ろうとするが、通行人がすごくてなかなかうまくいきません。

子どもたちが「お父ちゃんが写真撮ってる間にレッドブルの列に並んでもいい?」と聞いてきたので快く許可。しかしすぐに戻ってきて、「15歳以上じゃなきゃだめなんだって~」とのこと。でも親の許可があればOKということだったので、僕も飲んできました。

セブンイレブンで一本275円もするんだね。まあ、自分で買うこともないので得しました。
味は・・・うーん、ドクターペッパーとデカビタCをまぜたみたいな感じ? あんまし覚えてない。子どもたちは喜んでたけど。

では、デモカーの紹介です。


REDBULL 4WD EVENT CAR
このリアビューの雰囲気、BAJA BUGに流用できそうな気がします。
ルーフ上にはスピーカーが付けられていました。
スーパースワンパーTSL/SX
リアタイヤ、これはこれで悪くはないんだけど、ダブルにしたらもっとかっこいいと思った。あ、でもせっかくの4WDだし、スーパースワンパーあたりの、サイドウォールにもパターンが付いてるロッククロウリング用タイヤなんかを履かせるのも手かな。そんなにデカイやつじゃなくていいから。
 
 
レッドブル デモカー
サイドのカッティング、カッコイイなー。デザイナー、いい仕事してるね。


レッドブル デモカー レッドブル デモカー
Fフェンダーのアルミ縞鋼板、踏み心地良さそう~♪ ここに乗っかってエンジンルーム触ったりしてみたい(笑)
レッドブルエンブレムも違和感なく収まっていてすてきです。
 
レッドブル 配布 レッドブル デモカー
275円がいっぱい。道で飲んでもらうためなのか、カウンターのお姉さんが一本一本プルトップを空けて手渡してくれます。
 
レッドブルカー リア下部 ガードパイプ
なんか色々けん引できそう。こんなんでキャンピングカー牽いて走りたいな~。マフラーの径は案外ちっちゃいです。
右の写真のタイヤわきのパイプはシャーシから直接出ています。多分悪路でサスをヒットさせないためのバンパーみたいな役割のものじゃないかなと思います。

注目する子どもたち 扇風機♪
子どもたちは乗り心地が気になるらしい(汗)
シートはファブリックの、たぶんレカロ。でっかい扇風機が付いてます。ナンバー付いてるし、ペットボトル(レッドブルじゃなかったのは秘密)なんかも入っていたので、自走して来たんでしょうね。走ってくとこ見てみたかったなあ~。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年07月28日(土)

軌道モーターカー

テーマ:■ 四輪
軌道モーターカー
今日は末っ子と細君と3人で、地下鉄博物館に行ってきました。
これはそこに展示してあった軌道モーターカーという作業車。終電のあとで保守作業員の運搬や機材の搬送、レールに流れるATC用信号の測定などのために、昭和50年から60年まで使われていたもののようです。

なんかこの愛嬌のある顔は、旧ジムニーとか旧バモスみたいな機能美にあふれていて、気に入ってしまいまして大量に激写してしまいました。掲載した写真はほんの一部です(笑)


軌道モーターカー リアビュー
全長:2850mm 全幅:1800mm 全高:1950mm 自重:1600kg

ラジエーターグリルがある方はフロントビュー、右のつるりとした方はリアビューです。
フロントの『鼻』の部分のでっぱりは燃料キャップがついています。

軽ワンボックスでレトロな雰囲気を出そうとした中途半端なやつとかたまに見ますが、なんかかっこわるいんだよね。こういうのをお手本にすべきだと思うなあ。

天井とボディー側面はキャンバスの幌になっており、4パートのうち、前後の二枚が扉になっています。
 
マフラー 板バネ
左の写真のマフラーの奥(左がわ)にある丸いのは車両の下を照らす作業灯。そのとなりに巻貝型のヨーロピアンホーン(?)がふたつ付いています。
このように軽い車両なのにサスは板バネ。このほうが振動を拾いやすい(異常をみつけやすい)ってことなのかな?(汗)

エンジンルーム 前進4速 後進1速
エンジンルームは空っぽでした。1138ccらしいですが、ガソリンなのかディーゼルなのかはわかりません。たぶんガソリンだと思うけど。

右の写真はキャビン部分。フロント側はエンジンをはさみ、離れたかたちで運転席と助手席があります。背もたれは直角でした。ミッションはFWD4速、RVS1速。奥のレバーはなんだろう?

後部は向かい合わせにイスがついています。ソファの生地は普通の電車と同じものでした。作業着で座ると汚れるような気もするんだけど・・・、ありあわせだったりするのかな?(笑)

天井 レイアウト
天井も幌です。軽量化だけを目的とするならここまで骨はいらないだろうし、やっぱ天井に荷物を積む際の強度稼ぎなんでしょう。天井にのっかって作業することもあるのかな?

車内灯もついてますが、なんか自動車用みたいにちっこいやつ。あんまし明るいとフロントガラスに反射して視認性が悪くなるからなんでしょうね。地下鉄の路線でこれに乗るときって、かなり雰囲気あるんだろうな♪

んで・・・ジムとかバモスとかじゃなく、何かに似てるなあとず~っと考えていたんだけど、ようやく思い出しました。



                                     ↓こいつだ(笑)

バゾラー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。