1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年05月31日(木)

中1長男 ケイタイへの道

テーマ:■ 内々のこと

一昨日、長男が英語と数学の試験の結果を持ち帰ってきました。
僕は普段、子どもたちのテストの点や通信簿を一切見ないので、なんか答案用紙を渡されるのが照れくさいです。なんかのび太のお父さんになったような気分(笑)


試験当日の夜、数学がダメだったと肩を落としていたので、2教科の平均が70点以上だったらいいよということに、ちょっとだけ条件を緩和していましたが。

差し出された数学の答案用紙。点数欄には『50点』とあります。
もちろん、100点中の50点です。

おいら:「わはははは。ぜんぜんだめじゃん!! 残念だったね~!!」
長男:「えっ、ちょっ、ほんとにこれでダメなの?」

おいら:「そりゃ、自分からした約束だからね~」
長男:「え~!! お願い、なんかほかの条件出して!! ねぇ!!」

試験が難しすぎたんじゃん? と訊いてみたところ、数学はお受験失敗で流れてきた生徒(つまり、小学校の帰りに学習塾に通っていたような子)たちが主に属する『発展コース』と一般の『標準コース』があり、双方とも共通の試験問題とのことでした。
ちょっと厳しかったのかもしれません。

まあ、点数が達しなかったのは事実なので、どうしようか迷いました。ただ許してやるってのも、子どものためにならないだろうし。

目的とすべきは基礎学力の向上・・・なのでしょう。多分。
そんなわけで、『追試』をしてあげることにしました。そして、追試の日は本人が決めていいということに。

昨夜帰宅すると、長男から追試の申し入れがありました。もっと日にちを開けるのかと思っていたけど、なんでも昨日は遊びにも行かず、数学の勉強をやっていたらしいです。

試験内容はあらかじめ言ってあります。
基本的に中間テストの問題と同じですが、計算問題は数値を変更。数学用語の穴埋め問題に関しては、設問の並び替えのみ。


このレベルでは、割り切れない問題は出なかったりするので、追試験問題作りは中3の長女に頼んでみました。急なオーダーに、めずらしく二つ返事なおねいちゃん。観ていたテレビまで消してしまいました。
多分、3兄弟のうち、自分だけが携帯を持っていることに申し訳ないなという気持ちもあるのでしょうね(笑)
1時間半くらいかけて、丁寧に作ってくれました。


完成したのが22時半。いつもなら長男は寝ている時間なのですが、目がらんらんと輝いています。

試験開始。時間制限なし。
ムスメに問題のミスなども指摘しつつ回答欄を埋めていく長男は、なかなか男前でした。

約1時間後。
「できたよー!!」

すでに寝室で布団に入って本を読んでいた長女を呼び戻し、採点をさせました。なんか、弟のためにと喜んで協力してくれるのがうれしいです。
 
 

試験中の長男 合計2枚
試験中の長男とムスメの手書きの試験用紙
  
追試問題
解けますか? 僕は・・・
  
追試問題
読むことさえ苦痛です


 

んで、結果は・・・・

結果
 クリア!

いやーよかったよかった。

「試験の前にやればよかったのに!」
とムスメ。

それを受けて、
「じゃあ、次回の期末テストは一発クリアでね」
と僕。

「えっ!! これで終わりじゃないの!?」
「一回はクリアしなきゃさ、ヤマトだってすっきりしないだろうし」
「うーん。わかりました」

めでたしめでたし。





・・・のはずだったのだが!! 今朝になって、細君から新たな情報が。

※僕は子どもたちが学校に行ってから起こされます。寝坊? いえいえ。朝の人口密度を下げるためです。



「やまと、英語の点数言いました?」

「ん? そういやきいてないや。」

「68点だって」

「え!?」


中1の1学期の中間テストなんて、みんな80点以上取るのかと思ってたよ・・・。

解き方のパターンと規則を覚えておけばできる数学と違い、英語の場合は単語力も必要だからなあ。すんなり点をとってくれるか心配だ。

このレベルの英語の問題だったら、僕でもちゃちゃっと作ってしまえるでしょう。何度でも追試してあげられるよん。まだ問題みてないけど(笑)

さて長男は無事、明日ケイタイを手にすることができるのでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年05月30日(水)

ドラえもんの最終話のこととか

テーマ:■ 読書
今、ドラえもんの海賊版? の最終回が話題になってますね。

創作最終話にはいろいろなパターンがありますが、調べてみたら、子どもたちが6年くらい前にネット上で探してきて、こっそり見ていた作品と同じものでした。
(僕は当時、海賊フラッシュを子どもに見ないように指導していました)

ちょうどその頃、小学館のドラえもんムックという雑誌の編集者さんが我が家に密着取材に来るということがありました。AIBOと暮らす家族というテーマで雑誌に掲載するためです。(2002年2月発売のロボットはともだち!)

担当者さんに子どもたちがドラえもんの最終回について質問すると、その方はドラえもんの正式な最終回が3通り存在することをおしえてくれました。
コミックス未収録の作品をドラえもんムックに掲載するにあたり、精査したばかりだったようです。

例の創作ドラえもん最終話についても、その方は把握していました。
あれはあれで面白かったねと評価する一方、本当のドラえもんではないよ、ということを強く子どもたちに教えて下さいました。

また、へたに完成度が高いため、小学館の中でもちょっとした問題になっているんだということもおっしゃっていました。


ドラえもんを終わらせたい人がいるんでしょうか。

終わりがないと落ち着かないという性格の人、藤子F不二雄とともに消えるべきだと考える人、大山のぶ代じゃなければ認めないという人、さまざまなのでしょうね。
そして、きっとその誰もが、ドラえもんを愛しているのでしょう。

しかし、それは胸の奥にしまっておいてほしいと思います。本物のような装丁で、コミックスにして売るなんて、強すぎます。

内容の良し悪しを言っているのではありません。(僕はよい作品だと思っています)

うちの子どもたちもドラえもんが大好きです。
キャストが変わったときなど、ブツブツと文句を言っていましたが、今でもアニメのドラえもんを楽しみにしています。

おそらく今のドラえもんも、この先多くの子どもたちに愛されていくことでしょう。
どうか、ドラえもんを終わらせないで下さい。

・・・と、以上が前振り。
 


昨夜、うちに帰ると、こんなチラシがポストに入ってました。
小学館代表のラムちゃんとのび太、集英社代表は悟空とケンシロウという、夢のコラボレーションです。

しかもラブホテル投資ファンド!?
なんだそりゃぁ・・・(汗)

1コマ目

チラシ(オモテ側) チラシ(裏側)


ロボットはともだち!―藤子・F・不二雄PRESENTS
ロボットはともだち! うちはカラーで3ページ掲載
¥1,050 Amazon.co.jp  ※2002年発売の本です。売り切れてたらゴメン!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年05月30日(水)

オンロード最速ジムニー 追加画像

テーマ:■ ジムニー

ブースト1.1Kで140馬力!な走り屋ジムニー のコメント欄で、ほり^2 さんに教えていただいたこれらのムービー 。やっぱりこの22の映像で間違いないようです。
さっき、ヤフオクに現在価格を見に行ったら、追加画像があがっていました。

しかしかっちょいいいい!!
軽量化もきっちりやられているようですね。それでいて、オーディオなんかの贅沢装備も押さえてるあたりがニクイです。

これで128万即決ってありえなくないですか? どうなんだ?
レーシングカーってそんなもんで買える???

もし僕が手に入れたなら、ここはあーしてこーして・・・と、夢は膨らむばかりなんですが! 財布はしぼむばっかりで(汗)



追加画像きた!! ヨダレが・・・ うわー K6Aツインカムターボ

雑誌などへの露出は過去に一切ないそうです。

この他にもサーキットに持ち込まれたジムってあるのかな? ないよねえ???
・・・といいつつ、僕は真冬の間瀬サーキットをスパイクのコロナで走ったことがありますが(間瀬は当時、息をひきとっていました。そのままツブレるものとばかり・・・。ナイショだよ!)

あぁ、ちくそー。カネがあったらな~!! こいつのためなら128万なんかポーンと出しちゃうのに!!(『アレバ』、デスヨ)

さて、このモンスターマシンいくらで落札されるんでしょう? キミの予想価格をコメント欄で受付中!! くぅ・・・・・・・!!

---

ここに掲載したすべての画像は下記からお借りいたしました。
本エントリーへの掲載に問題がありましたら、ご一報ください。

★JA22W改140馬力オンロード最速ジムニー★SJAB73011225EHR
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n51238067

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。