1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年08月30日(水)

ギターソフトケースの改造

テーマ:■ スライダーズ・ハイ

バイク移動の場合、ハードケースは厄介です。
なんか、背負子のようなやつ は出てるんですが、ケース自体に重量があるので非常につらい。・・・みっともないし。

というわけで、僕はもっぱらソフトケースを愛用しています。

長年使ってきたケースが、この間、ついに逝ってしまいました。
このケースは今ではなかなかお目にかかれない、ケツ側にチャックがあるタイプだったのですが、出し入れをするたびにヘッドの弦の先端がケースの指板部分を引っ掻き、ついに大穴が開いてしまったのです。

革で継ぎをあてようかとも思ったのですが、全体の生地自体が風化しています。
新しいソフトケース買わなきゃな~と思っていたら、運良く新品ソフトケースが手に入りました。


あんましいいやつじゃあないです。
よくフォークギター入門10点セット! なんてのに含まれてるタイプかな。この手のやつって、収容サイズに汎用性をもたせるためなのか、やたらとでかいんすね。
シャロウボディのOvation入れると、隙間にイタチが住めそうです(涙)


大は小を兼ねるといいますが、ギターケースの場合はそうでもない。実際に持ち歩けば中で動いちゃうし、肩にかけて歩いてると、ダラ~っとなってきてしまうので、ヘッドの位置の把握がしづらく、人やモノにぶつかりやすい。バイクに乗ってるときはなおさらだ。

そんなわけで、ケースの寸詰めにチャレンジしてみました。

縫い付ければ一番いいのでしょうが、綺麗に仕上げるウデがない。しばらくいろいろ考えていたら、ジムニーいじり用に買ったタイラップが目にとまりました。これなら簡単♪


 

▼用意したもの
四方錐:穴の大きさを徐々に拡げていく用途に使うタイプのキリ。
細いタイラップ:100本で200円くらいのやつ。なんでもいい。
ニッパー:タイラップの不要部分を切る。
トーチ:タイラップの切り口を溶かしてなめらかにする。キリで開けた穴を炙って溶かす、


▼写真

ボディー部分(太すぎ・・・) こうなった
施工前→施工後
 
ヘッド部分 ギグバッグみたい
施工前→施工後

 

穴 炙る
ほつれ防止

タイラップ 絞る
タイラップ

取っ手のあたり 工夫する
取っ手のあたりは原寸合わせで調節

参考 ステッチの間隔
そんなに違和感ないでしょ?
 

この日はスタジオだった。

出かける直前にシャワー浴びようとしたら、先にムスメに入られてしまうというハプニングが!
急いで出てもらい、3分でシャワー浴びて、バイクをすっ飛ばして駅に向かった。

風圧でタイラップを通した穴が裂けかかっていた。

折り込み面をホットボンドで接着し、強化することにした。
徒歩とか、普通の速度で走る分には平気だと思うけど、バイク移動の人はガムテでいいので保険かけておいたほうが安心かもです。


---
しかし、なんでこんだけエレアコ人口増えてるってのに、シャロウボディー用のソフトケースって売ってないんでしょうね? ニーズがないのかな?
 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006年08月29日(火)

細君の書き置き

テーマ:■ 内々のこと
結婚して10ヶ月目くらいだったかな。
まだ子作りにも入らず、長距離トラックに乗ってた頃のこと。

僕は台所のテーブルで、一人で酔っ払い、いつの間にか寝ていました。
ふと目を覚ますと、目の前に細君の書き置き1枚。

 
○○(おれ)さんへ


そんなに好きなら、その人と一緒になればいいでしょう。

さようなら

              ○○○(細君)



二日酔い・・・というかバリバリ酔っ払いの、朦朧としたアタマ。
これは夢だと考え、となりの座敷に行って横になった。

ちと気持ち悪くなる。

「おーい! 水ー!」

誰もいないっぽい。
時計を見ると、午後の2時。

仕方が無いので、自分で台所へ行く。

やっぱり書き置きがある。
 

○○さんへ


そんなに好きなら、その人と一緒になればいいでしょう。

さようなら

              ○○○



なんだろなーと思って、記憶をたぐりよせる。



---

細君は、交際していた頃は一緒に酒を呑んだんだけど、結婚式の日以降、まったく呑まなくなっていた。新婚旅行に行った先で、大喧嘩。

一緒に飲みに出たのに、一滴も飲まない。
どーしたんだ? って訊いたら、酒が嫌いなんだって。んで、今まではいやだけど我慢して付き合ってたんだって。

衝撃的でした。「ヤラレタ!」って感じ。


細君は、俺の悪友が店長代理をやっていたガソリンスタンドの店員だった。
送り出しでよく声が出ていて、威勢がよかった。

その夜、俺はその仲間んちに遊びに行った。そいつが「あの子フリーだぜ」というので、「じゃあ、紙くれ」といって、そのへんのノートの切れ端をもらい、手紙を書いた。

 

気に入ったので今度デートしよう。




○○○○ ○○


俺が22歳、彼女が21歳。


デートの約束をとりつけて、駅前で待ち合わせをし、車で拾った。
ミラーごしに顔を見てびっくり。

正直なところ「これは間違った!」と思った。
なんていうんだろう。こんなキッツぇー顔した女だったとは! って感じで。


でも、それからもときどき二人で呑みに出かけた。

知り合って、3ヶ月経った頃、街からタクシーで帰る途中、彼女の家に初めて寄った。
あんまり記憶がない。すぐに酔っ払って寝てしまったらしい。

翌朝になって起こされた。俺は床で寝ていた。
朝ごはんを食べなさいと、階下で両親が呼んでるとのこと。

すんごい気まずかったけど、お父さんに挨拶した。


「で、仕事は何してるんだい?」
「広告制作会社でコピーライターをやっています」

「じゃあ、まだあんまり稼いでないな」
「ハハハ・・・(いきなりなんなんだろう・・・。はっ! 結婚のことか!)」


なんか、(お父さんにはそんな気は無いんだけど、男として)馬鹿にされたみたいで、くやしかった。
翌日、会社に行くと、社長に会いに行った。


「給料上げてください」
「はっはっは。私は賭けに勝ったよ」

「はあ?」
「いや、Cさん(ある会社の社長、気孔師、故人)が、○○くん(おいら)は自分から給料を上げてくれなんて言わない男だと言っていたんだよ」

「(絶句)」
「やっぱり言ってきたか。はっはっは」

「あのー。給料上げてくれますか?」
「なんで給料を上げてほしいんだ?」

「自分のプライドのためです」
「プライドなんてくだらないもの、捨てちまえ!」

う・・・。なんか、待ってましたとばかりに即答しやがった!!
プライドという言葉が、社長の“給料上げてやらないよ”のツボを押してしまったらしい・・・。

社長の「してやったり」といったテカテカの顔。

作戦立てねば・・・。
とりあえずその場は引き下がった。


んで、2ヶ月くらいしてから、再度、社長に談判しに行った。

「社長。給料を上げてください」
「おお、どうした?」

「結婚することにしました」
「えぇっ!! ほんとうかい!!」

「給料、手取りで17万5千円にしてください」
「わかった」

家賃と食費とクルマのローンと維持費とガソリン代と、そのへんから算出したんだったと思う。
すんなり決まって、びっくりした。もうちょっと吹っ掛けてやればよかったと、ちょっと後悔。


んで、とんとんと話しが進んで、知り合ってからちょうど5ヶ月で結納をあげた。



その後、婚約を破棄しようと思うできごとがあった。

午前中、両親と家具屋に行き、婚礼洋タンス4点セットみたいなやつを買ってもらったと、突然写真を見せられたときだ。
幸せそうな顔でニコニコしている婚約者に俺は、「はあ!? なんだそりゃ?」と言った。
「まいったなー。キャンセルできないの?」
そしたら、泣き出した。


「住むとこだって狭いんだしさー。こんなでかいタンスに金かけるくらいなら、小さくていいから特注の、せかいでひとさおっていうタンスを作って大事にしたほうがいいって。」(←とりあえずフォロー)

というか、ほんとは泣きたいのはこっちの方だって。
俺は身軽にやりたかったんだ。沖縄にも住みたかったし、関西にも住みたかったし、四国にも住みたかった。

あんなタンスに縛られるなんてゴメンだ。だいたいあんな辛気臭いタンスと暮らすのはいやだ。どんな部屋でもタンス部屋じゃねーか!!

『タンス代250万円? 結納金も含めて、俺が働いて返すから、この話しはなかったことに!!』

・・・って感じで、本気で悩む、22歳の夏だった。
結局、その気持ちは言わなかった。


ん?
あっ。そんな話しじゃなかった。



---

え~と。
二日酔いで書き置き読んだはなしでした。

○○さんへ


そんなに好きなら、その人と一緒になればいいでしょう。

さようなら


              ○○○


水道の水を飲みながら、ふとテーブルの下の椅子の上に目をやる。

あちゃっ!! これかっ!!
やっと合点のいったおいら。


前夜、酒を飲みながら、俺が書いていたレポート用紙だ。
そこには酔っ払いながら、こんなことが書いてあった。

 

要約(うろ覚え)

お元気ですか。

俺も結婚して、もうすぐ1年になろうとしています。

今は長距離トラックの運転手をやっています。

新潟と東京を、1週間に3往復。

ときどき、君の家の近くを通ります。

一緒に出かけた場所とか、一緒に見た風景とかを見つけると、

君の声や話し方を思い出したりして、切なくなるんだ。

元気でいますか。またいつか、どこかでばったり会う日がくるかもしれない。

その日を楽しみにしてるよ。

 
確かこんな感じだったと思う。



夕方、6時ちょい前くらい。突然、細君が帰ってきた。

「おー!! おかえりーぃ!!」
「荷物を取りに来ました」

泣きはらしたような顔をしている。おれの顔を見ようとしない。


「おーい。」
「なんですか?」

「この置き手紙! びっくりしたよ」
「○○さんの書いた手紙がここにあったので、てっきり私宛てかと思って読んでしまいました。○○さんは、その人と一緒になってください」

「わはは! なにいってんだ?(爆)」
「・・・?(狐につままれたような顔)」

「これはなあ、詞を作るために適当につくってみた設定だよ。一応気分出して書いてみたってだけの架空の手紙。とりあえず設定固めて、ここからボカシてく感じで。・・・もっとも、これじゃダサすぎて使い物にならないけど(笑)」
「えぇ~~~!?」

「いや、出しっぱなしにしてた俺が悪かった。でも、他のページ読めばわかったのに(笑)」
「私、あの1枚を読んで、他の女の人に宛てた手紙だと思ったから・・・ぐっすん」

「まぁ、そういうわけだから、晩飯たのむてー。俺、起きてからなんも食ってないし」
「はい。ただ今!」


というわけで、これにて一件落着なのでした。


---
タンスのその後:

結局、結婚16年目現在、引っ越しは5回。タンスのフルセットがそろったのは、建てた家に住んでいたときだけ。
後年、細君も言いました。「小さいタンスにすればよかった」と。

現在は新潟のスタジオルームの隣室の物置部屋にあります。そこは今、弟の会社の看板工作室になってるので、多分傷だらけでしょう。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006年08月28日(月)

あと1年の命だったら

テーマ:■ 雑記 ○
仮にあと1年後に死ぬとしましょう。
病気とかじゃなく、突然死とか事故死みたいな感じで。

ん? なんで日がわかるのか?
え~~~と。じゃあこうしましょう。

返済日指定の借金があり、その日に返せなければ、子孫に超莫大な借金を残すことになる。
しかし、自分がその日までにこの世からいなくなれば、子孫への影響は回避される。
そこで、日を指定して、その筋のプロに自分の殺害を依頼した。取り消すことはできない。

とか、

世間に知られるくらいなら死んだほうがマシ! というネタで強請られている。
期限はちょうど1年。
それを公表すれば、双方が被害を受けるという、一蓮托生系ネタ。
こちらが死んだ場合、公表には相手のデメリットしかなく、公表されることはない。

こんな感じでどうでしょう?


1年365日。
今日1日は残りの人生の365分の1。
明日の1日は364分の1。
あさっての1日は363分の1。

364日後の1日は2分の1。残りの人生の半分。


今日が人生最後の8月28日ですね。

8月28日。このへんの微妙な日付を見ると、あと三日で夏休みが終わっちゃうよ~っていう、小学生の頃の気持ちを思い出します。友達を家に呼んで、一緒に工作やったりとかね。


んで、考えてみます。
この1年、何をするかなー。

誰にだって、やりたいことはいろいろあるでしょう。
そしてそれはほとんど、保留になっているはず。
他のことを優先にしたり、状況が変わったらやろうって感じで置いておいたりして。

残りの人生が365日だったら、保留なんて意味が無い。
選択があるだけです。


/一応、縛りを排除するために、自分が死んだら、家族が食いつなぐ程度のお金が保険で下りることになってることとします。



借金(死ねばおわるやつ)しますか→する
銀行強盗しますか→やめとく
万引きしますか→しない

HARRYのライブに行きますか→いく
全日程制覇しますか→やめとく

放浪の旅にいきますか→いく
海外旅行しますか→する

新しいクルマを買いますか→やめとく
新しい単車を買いますか→買う
任意保険に入りますか→入る

会社をやめますか→やめる
起業しますか→しない
仕事がんばりますか→がんばらない
株・ギャンブルやりますか→やんない

ペットを飼いますか→犬を飼う
映画を観に行きますか→数本
芝居を観に行きますか→数本

風俗にいきますか→いく
援助交際とか→NO
行きずりの女と寝ますか→ねる

ギター売りますか→一本残す
曲つくりますか→つくる

美食しますか→しない
大酒のみますか→のまない
タバコはやめますか→吸う
ドラッグに溺れますか→やめとく

離婚しますか→しない
別居しますか→する(推奨)

新潟に帰りますか→NO
家族旅行にいきますか→いく

新聞読みますか→読む
新しいパソコン買いますか→買わない
ネットはやりますか→やる
このブログを続けますか→続ける
Vodafone携帯捨てますか→ウィルコムに変更

手紙は書きますか→書く
遺書は書きますか→書く

命がけの冒険(イランとか)しますか→しない
峠を攻めますか→やめとく
ポケモンやりますか→やる

スキーに行きますか→行く
カートに行きますか→行く
遊園地に行きますか→行く

死ぬ日が迫ってることを誰かに言いますか→言わない
誰かを殴りに行きますか→やめとく

昔の友達に会いますか→会う
昔の敵に会いますか→会う
昔の彼女に会いますか→会わない
学生時代の恩師に会いますか→会う



ぜんぜん深く考えず、テキトーに自問自答してみました。
今の気分なので、実際は違うかもしれません。違うでしょう。

でも、なんか少し自分の本性が見えてきた気がする。
ろくな人間じゃないことは確か。夢も無い(笑)
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。