2005年04月11日

オールウェイズポジティブ。

テーマ:ブログ。

一泊二日の合宿研修から帰ってきた。

(内容に関しては一切書きませんし、書くつもりもありません。)

 

 

内容に関しては緘口令がひかれているようで、

参加する前、僕らに与えられた情報は殆ど無かった。

 

なので、厳しい、だとか、「鬼合宿」だとか、

曖昧な噂だけが流れていて、

「へー、そうなんだ」以上でも以下でもない感想を持っていた。

 

 

その研修を終えてみて思うこと。

 

たしかに厳しかったし、

もしかしたら鬼合宿だと感じた人も居るかもしれない。

 

でも、もしこの合宿を終えて、

辛かった、厳しかった、という以外の感想を持てなかったとしたら、

それはとても勿体無いことだし、

それでは”合宿研修をこなした”ということでしかない。

 

合宿で得た経験や教訓を考えれば、

辛かったという意識は、もはやどこにも無くなってしまう。

 

もちろん何を得たかというのも書くつもりも無い。

そういうものは内に秘めることで価値が出る気がするので。

 

 

ただ、ひとつだけ書けることがある。

 

それは、走り続けた二日間、僕を支えた言葉。

 

「オールウェイズポジティブ。」

 

オルウェイズポジティブ。

 

心が折れない魔法の言葉。

大切にすべきDNAの第一項。

 

 

 

同期のみんな、研修を手伝っていただいた社員の方々。

おつかれさまでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月08日

スピード感とこだわりと、部屋とYシャツと私のblogと代々木公園フォーエバー。

テーマ:ブログ。

忙しいときにたまに襲われる感覚なのですが、

例えば夜になって一日を振り返ると

(まさにblogを書いている今がそうなのだが)、

今日の昼にしていたことと、昨日の昼にしていたことが、

どっちがどっちだか分からなくなる。

 

分からなくなるというのは言い過ぎだけど、

今日やったことが、とても前にやったことのような感覚になる。

 

これは純粋に僕のスペックが低いのか(つまり、ポンコツ)、

もしくは、周りのスピード感に飲まれてしまっているのか、

はたまた、学術的な理由があるのか。

 

まあ、正直どっちでもいいのですが、

今日、グループのみんなと昼ご飯を食べていて、

あることを言われました。

(それが、昨日の昼ご飯の時だった気もするので、

 さっきの疑問が生まれたのだが。。。)

 

その内容とは、

「4410氏は、自分のこだわりの話になると目の輝きが変わるから、そういうのblogとかで書きなよ。」と。

 

なるほど。

それはそれは、よろしいですね。

 

書きましょう。

 

ということで、新テーマ「ぼくのこだわり。」を設置します。

 

口に出すのもはばかる位にこだわりを持っている、

モノや事柄を紹介する、という内容。

きっとどうでもいい内容になると思うので、

「どうでも良いこと」というテーマに統一しても良いと思ったのですが、折角なので新テーマを立ち上げてみようかと。

 

近日中に第一弾を書きます。

たぶん、好きなお菓子に関する話になると思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年04月07日

四月の代々木公園ってのは、花見をする為だけにあるわけじゃない。

テーマ:ブログ。

夜な夜な、社員総会の出し物の練習をしている。

 

 

いい歳になってからの青春ってのは、質が悪いものですね。

 

もはや学園祭気分です。

 

 

大勢で何かを成し遂げるっていうのは、

無条件で素敵なことのような気がする。

 

そのデキや内容如何を問わず、

夢中になって団結するってのは良いことだ。

 

きっとこの団結は、仕事の上でも重要なんだろうと思う。

 

もしも、この団結が生まれることすら会社の想定の範囲内ならば、

その目論見は、少なくとも僕に関しては的中ですw。

 

 

僕はもともと涙もろく、

いちいち感慨深くて、

泣きそうになるから困る。

 

本番終って泣いたらごめんなさい。

 

デブが泣いてたら、みっともなくて決まりが悪い。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月05日

休日。

テーマ:ブログ。

社会人として迎えた初めての日曜は、

本を読み、髪を切り、友人と酒を飲んで過ごした。

 

本は『渋谷ではたらく社長の告白』を。

深く語ることは避けるが、とても興味深く読むことができた。

特に第四章では、読んでいて少し泣きそうになった。

感想は各々あると思うが、僕は決心というか、

決意というか、そんなものが芽生えた。

 

 

髪は、なんとなくサッパリしたかったのだが、

予定より切られすぎてしまった。

 

美容院に行くといつも思うのだが、

切った後で、後頭部も見られる三面鏡みたいなの持ってきて、

「こんな感じでどうでしょう?」とか言われても、

髪は既に切ってしまっているし、

もう少し長めが良かったと思っても、それは叶わぬ願いである。

 

なので、あの質問の意図が、全く分からない。

少なくとも、

「あ、オッケーです。」以外の回答をする術を、僕は持っていない。

美容師さんはどういうつもりで質問しているんだろうか。。。

 

夜は友人と渋谷で会って食事。

彼とは高校時代からの友人だが、

彼が留学していた関係で僕が一年早く社会人となった。

奇しくも、彼も来年からインターネットが主戦場となることが決まり、

彼の内定と僕の就職を同時に祝える席となった。

企業こそ違えど、ネットというフィールドで切磋琢磨して頑張りたい。

 

ひとまず、僕が一人前にならなければ。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月02日

なるほど。

テーマ:ブログ。

同期の某氏のブログにて、入社式の式辞で話したことを思い出してエントリーしてあった。

それを読んで、僕も昨日の朝のことを思い出した。

昨日の朝、入社式でみんなのスピーチを聴いて、改めて良い環境に入ることができたと、とても嬉しく思ったし、その一員になれたことがとても光栄に思えた。

この気持ちは忘れずに居たい。

しかしながらスピーチがあるとは思わず、完全なる無策、つまり丸腰の状態でスピーチに挑んだ僕は、前出の彼とは異なり、それはそれは残念なスピーチをしてしまいました。アドリブ弱。

スピーチで話した内容は性格には覚えていないけれど、僕も思い出して書いておこう・・・。

==========================

おはようございます。4410です。

鼻が詰まっているので、聞き取りづらかったらごめんなさい。

これは卒業アルバムにも書いたのですが、

生まれてから22年間経って、そのうちの16年間学生をやっていました。

正直学生飽きたな、と思っておりました。

そうですね、ここ2、3年ばかりは特に。

僕にとって、学生であった期間は些か長すぎた気がします。

なので、今日という日が来ることを、とても心待ちにしておりました。

ちょうど一年くらい前に、本日ご列席の役員の方々に面接していただきまして、

その節は大変お世話に#dがえ□い$あん%あdgn・・・・

思う存分頑張りたいと思うので、どうぞ宜しくお願いいたします。

============================

ぐだぐだだなー、俺。。。

ちゃんとしなきゃ、ちゃんと。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月02日

入社。

テーマ:ブログ。

社会人一日目。

気を引き締めなければ。

多くは語りません。

大言壮語も程々に、謙虚に地に足つけて行こう。

日々、乾坤一擲。

負けられない戦いなんて、誰にだってある。

==================

『量は質に転化する』

うん、いい言葉だなあ。

==================

朝まで生テレビを見ている。

またあの話題だ。

部外者が勝手に熱くなって、好き勝手言っている。

好き嫌いで意見を言うのは、個人的にはあまり好かない。

サンデージャポンくらいの温度感が丁度いいなあ。

===========================================

エイプリルフールに更新したかった。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月26日

ダブルヘッダー。

テーマ:ブログ。

今日は風邪をひいて家に居るので、もう一度エントリー。

世間では、やれライブドアvsフジテレビだって煽ってますが、
マスコミの報道を見ていると、対岸の火事という言葉が、
真っ先に頭をよぎりますね。

ま、そんな事はどうでもいいのですが、僕が気になったのは、
ライブドアがニッポン放送の経営権を握ったら
ニッポン放送には出演しないと言っている、
大物芸能人・文化人の方々。
大好きなタモリ氏もその該当者なので、ガッカリなのですが・・・。

一方ではリスナー第一主義を唱え、
一方では番組を離れるパーソナリティを盾にする。

とんでもない矛盾だ。
と思っていた矢先に、ナイナイが言ってくれた。

===========================================================
「リスナーを大事にしている」のであれば、
リスナーを無視して経営が変わったら
パーソナリティを降りるという事を発表するのはよくないと思う。
それでなくてもリスナーは不安やろうに・・・。
ナインティナインは今のところその意向はないので、
皆さん毎週ラジオ聴いて下さいね。
===========================================================

ナイナイのオールナイトは、数年前から愛聴しているが、
リスナーへの愛って言うのは、つまりこういうことじゃないかと思う。

ナイナイは、さながら青島刑事だ。
現場を誰よりも分かっている。

今のフジテレビ・ニッポン放送には、室井さんが必要だと思う。

この比喩が適切かは分からないが、そう思う。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年03月26日

ここ数日の色んなことを。

テーマ:ブログ。
箇条書きで。

仙台に一泊二日で行って来た。牛タンをたらふく食べた。

途中、宇都宮でも降りて、餃子もたらふく食べた。

宇都宮の駅前が、津田沼のそれに酷似していた。

風邪をひいた。否、ひいている。

医者に行って、もうかなり良くなった。

そんな風邪を押して観戦していたサッカーで、日本が負けた。

嫌な予感がしてきた。

3月中に果たすべき約束がたくさんあって、追いつきそうに無い。

そうしている間にも、時間は過ぎる。

光陰なんとか。

誰か、ヤフオクに時間出品しないかな?

どれくらいで落札されるのだろう。

SFチックに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月22日

R22。

テーマ:ブログ。
久しぶりの更新。

この3週間余りの間にライブを3本こなし、
入社書類を書き上げ、住民票を渋谷に移し、
そして二日前、大学を卒業しました。

そんな折。先日、四月から勤める会社の人から頂いた質問。
「アメブロのIDが、何故4410なのか?」

「下の名前がヨシヒロなので、4410にしました。」と僕。
「それなら、4410じゃなくて、4416じゃないの?」


・・・ 正解です。6の存在に全く気付いていませんでした。



話によれば、マジョルカに移籍した大久保嘉人選手のオフィシャルHPが、 www.4410.tvだそうです。

それも全く知りませんでした。


ヨシトだから、4410。
オーケー、筋は通っている。彼は間違っていない。


そんな大久保選手は、僕と同い年です。
1982/1983年生まれの世代です。

僕は以前から僕の世代に誇りを持っている。
確かに、キレる世代と呼ばれたり、事件性も多く、
世間からは割と冷たい目で見られてきた世代だと思う。
あの神戸の酒鬼薔薇も同じ世代だ。

でも、大久保選手だったり、水泳の北島選手だったり、
世界のトップと比肩できる人たちもたくさん居る。
(余談だが、北島選手は高校の時、実際に僕の隣のクラスだった。)

そして、自分はどうか。

サッカーや水泳は得意ではない。
少なくとも世界には通用しないレベルだ。

だから、僕は僕のフィールドで、世代のトップを目指したい。

僕らの世代を全国からかき集めた大きな同窓会をやった時に、
その他大勢で埋もれない様になりたい。

あと数日で社会人となる。
恐らく今まで見たことも無いような壁にもぶつかるだろう。


ただ、この気持ちを忘れないように、
曖昧模糊でファジーなビッグマウスを叩いておく。
後で読み返すことも考え、自分への戒めも込めて。


「僕は世代のトップになる」


・・若いなあ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月03日

イタリアについて。

テーマ:ブログ。
イタリアに行ってきた。

成田からミラノ・マルペンサ空港まで、
時計の針を8時間戻しながら12時間飛んだ。


ミラノ → ヴェローナ → ヴェネツィア →
フィレンツェ → ピサ → ローマ → ナポリ → カプリ島と、
イタリアの南北600㌔くらいを6泊8日で縦断する弾丸な旅。
朝は6時起床が常だったし、バスでの移動が多かったので、
その疲労たるやなかなかのモノだったが、とてもよい旅行だった。

去年にロンドンに行ったときは一人だったのだが、
今回は所謂パックでの旅行だったので、大したトラブルもなく、
(その代わり、海外に居るリアルさは半減だった気もするが)
言語の不自由さもそこまで感じることは無かった。
ただ、イタリア語は結局10語くらいしか会得できなかった。

街それぞれにカラーの違いこそあれ、どこも素敵な街だった。
フィレンツェは一際壮麗だし、ヴェニスもまた素晴らしかったが、
個人的にはナポリのパワフルな生活感溢れる町並みは、
とても人間の匂いを感じさせるもので気に入った。

住居がある地区は、地中海を眼前に臨む港町とは思えない、
アメ横のような猥雑さを漂わせていたし、
(実際に治安の悪さはイタリアでも指折りとのことだった)
洗濯物がアパートメントの軒先に干してある姿は、
イタリアではここでしか見られなかった。
(それはローマなどでは禁止されていることなのだ)

しかし、そのようにして人間が逞しく生活する姿というのは、
国の違いこそあれ、少なくとも僕を安心させた。

生まれて22年間の中で、
これほどにパスタを食べた一週間というのは、記憶に無い。

とにかくよくパスタを食べた。
スパゲティ、ペンネ、フェットチーネ、他にもあったかな。
それらは、トマトのソースであったり、
キノコのクリームソースであったり、ボンゴレであったりした。
それでも、数百種類もあるというパスタの中に於いては、
ほんの断片でしかない。いや、断片の断片くらいかもしれない。

ところで、旅の途中、無性にお茶漬けが食べたくなった。

帰りは、ローマのレオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港から、
時計の針を8時間進めながら、
ドイツのフランクフルトを経由して日本に帰ってきた。

そして、永谷園の熱いお茶漬けを食べた。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。