43°公式ホームページはこちら。
43° ウェブサイト
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月31日

はぁっ!ジェイムズ・P・ホーガン!!!!

テーマ:ブログ
このブログの存在。
もう完璧に脳のシナプスが記憶の部屋を繋ぐことを忘れていたようで、2月の最終更新以来何もしていませんでした。

ブログこそ更新していなかったんですが、実生活ではいろいろとやっておりましたよ。
ただ、細かく書き込む気力がないので、その辺は省きます。

その代わり、最近もっとも心を穏やかにしていることを書きたいと思います。
心穏やかになることって人それぞれだと思います。
ボーっとテレビを見たり、音楽を聴いたり、軽いジョギングをしたり、読書したり、甘いものを食べたり、お酒を飲んだり、それこそ十人十色、千差万別。

僕自身もその日その時でいろいろな「心穏やかツール」を駆使しているんですが、特に多いのは読書。
インプットの最も効率的且つ古典的手段です。

学び舎の屋根の下で開いた教科書も、親に隠れて読んだ大人の漫画も、今の自分を形成する一片の細胞になっているんだと思います。

今更ながら、ずっと手を付けていなかった作家に目を向けました。
ジェイムズ・P・ホーガンその人です。

SF好きなら知らない人がいないSF小説の大家であり、人類と地球外知的生命体の胸が熱くなる出会いと別れを描いた「巨人たちの星」シリーズが有名です。

「SF小説を読みたいんですけど、オススメってありますか?」
なんて質問がネットに投稿される度に必ずと言っていいほど挙げられるのが上記シリーズの1作目「星を継ぐもの」です。

深い理由はないまま、どうにも手が伸びずにいたんですが、先日突然、衝動的に購入してしまいました。
そして最初の数ページを読んでいくうちにそのままどっぷりと世界観に引き込まれ、一晩で貪るように完読してしまいました。
そのまま急いで「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」を購入したのは言うまでもありません。

1978年に刊行されたハードSFの名著ですが、今読んでもその化学的考察や未来観に古臭さは無く、むしろ今でも時代を先取りした内容だと思います。

そう遠くない未来の地球では、発達した科学力を使い、人類は太陽系の近傍惑星への基地建設や、外宇宙への探査を進めています。
地上では、各国が武力衝突や宗教対立などの試練を乗り越え、より大局的な見方で未来志向の歩みができるようになっているのがわかります。
このあたり、作者の、未来に対する希望的楽観主義が見えている気がします。

そんな中、月面で調査に当たっていたチームから入ったある発見から、人類史が根底から覆される大事件に発展していくのですが、実にドキドキさせられます。

私たちはどこから来たのか、どこへ行くのか。
そんな普遍の疑問に対し、このシリーズでは一つの答えを提示しています。

全編を通して、例えば光線銃を打ち合うような激しい戦闘シーンはおろか、誰かが人を殴るような描写も出てきません。
でも、そんなものがいかに陳腐な表現であるかを教えてくれます。

手に汗握る展開が繰り広げられ、次第に明らかになる人類の出自に、どこか達観したような、安心と諦めの心地よい狭間に落ち込んでいく感覚に捉われます。

もし、人類と接触する知的生命があるとしたら、それは決して人類に暴力的に接することはないだろうという説があります。
太陽系から最も近い場所にある恒星系から地球まで飛んでくるだけでも、人類を凌駕する科学力を持っていることは当然で、それだけの科学力を持つためには、長い間文明が安定して続かなくてはいけません。
他者に攻撃的な性格が顕著な種族なら、そこまで科学文明が発展する前に自滅するだろうということです。
人類を見ればわかりますよね。

また、恒星間飛行を実現するためには、膨大なエネルギーを惑星や主星から採取する能力が必要で、その量は太陽エネルギーを丸ごと使えるのは当たり前くらいになります。

そうなると、小さな地球の、地殻の上にさらっと降った埃ほどもない人類やその資源など、地球に飛んで来られるくらい進んだ地球外知的生命にとっては無いに等しい訳です。

こういう事実に思いを馳せながら本を読み進めるうちに、日頃の小さな悩みやストレスなんて、馬鹿らしくなってしまいます。
もっともっと大きな見方で生きていかないといけないな~と思えます。

と言う訳で、僕は元気にやってますよ、というご報告までに乱文書いてしまいました。

よかったら「星を継ぐもの」読んでみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。