現役時代に勉強を放棄した阿呆が医学部を目指すブログ

現役時代のセンター試験は600点未満(900点満点)
現在宅浪中 ( H27.3高校卒業 )


テーマ:

※問題用紙に残っている計算式と記憶を頼りに採点しているので若干の誤差があるかもしれません.

 

【数学Ⅲ型】

 

1⃣小問集合 40/40

 

 記述で減点が無ければ満点. 最初(2)の式変形で間違い、答えに√が入っていました. 見直しで修正できて良かったです.

 

 

2⃣三角関数 16~40/40

 

 (1)は完答で16点. (2)は解答とは異なりSをθで微分して増減表を書いて求めました. 記述も特に減点要素はないと思いますが答えの(1+√3)/4を√(4+2√3)/4と書いたので減点されるかもしれません. 最後の最後で詰めの甘さが出てしまいました.

 

 

3⃣確率 20~(22)/40

 

 (1)、(2)は完答で合計20点. (3)の(ⅰ)で「6回目に必ず終了する」と安易に断言してしまいそこから5回目で終了する確率P₅=1-6(1/84+1/28)=5/7としてしまいました. これは0点(14点満点)でしょう. (ⅱ)は5回目に2列が同時に直列となって終了する確率を(₃C₁×₃C₁×4!)/₉P₅=1/70と求め、条件付確率を(1/70)/(5/7)=1/50と書いてしまいました. (ⅰ)では1列だけが直列になって終了する場合と2列同時に直列となって終了する場合とに場合分けして考える必要があったのですが、ここの記述でその分の部分点がおこぼれ程度でも貰えるでしょうか. (3)の(ⅰ)で6回目のマスの出方をきちんと調べれば十分満点を取れるレベルの大問だっただけに悔しいです.

 

 

4⃣平面ベクトル 30/40

 

 (1)、(2)、(3)(ⅰ)は完答で30点. (3)(ⅱ)はCP+PGをどう捉えてしまったのか「C、G、Pが一直線上に並ぶ時に最小となる」と断言して解いてしまいました. 距離の最小値の問題で"反射"というキーワードが出てこなかったのは反省です. よくよく見てみると(3)(ⅰ)で「G´を使いなさい」というわかりやすすぎるくらいの誘導がかかっていました. この誘導にさえ気づければ(気づかなくても反射がきちんと頭に入っていれば)完答できた大問だと思います. ひたすら標問で単問形式の問題ばかり解いていたことを言い訳に使います. 

 

CP+PG

≧|CO+OG|

=1/3|a+b|+|a+b|

=4/3|a+b|

 

ここで(4/3|a+b|)²=16/9×(2²+2×-2+3²)

=16

 

よって4/3|a+b|=4 (最小値)

 

 

5⃣数列の極限 24~(32)/40

 

 (1)、(2)は完答で24点. (3)はSnまでは出せています. 解き方も模範解答を見る限り問題なかったと思いますが答えが違います. 計算ミスでしょうか.

 

PnQn=xn-(xn/2+3/2)=1/2×(xn-3)

PnHn=xn/2+3/2=1/2×(xn+3)

 

Sn=PnQn×PnHn

=1/4×(xn-3)(xn+3)

=9/4×(1/2)n-3×{(1/2)n-3+2}

=9/4×{(1/4)n-3+(1/2)n-4>}

 

Σ[n=1...∞] Sn

=lim[n→∞] Sn

=lim[n→∞] 9/4×{(1/4)n-3+(1/2)n-4>}

=9/4×lim[n→∞] <[16×{1-(1/4)n}]/(1-1/4)+[8×{1-(1/2)n}]/(1-1/2)>

=9/4×{16/(3/4)+8/(1/2)}

=84

 

...アレ??? 思い出せる限り累乗数まで再現してみましたが正しい答えが出てしまいました. やはり計算ミスをしているようです. ちなみに解答用紙に書いたのは39/16です.

 

 

6⃣複素数平面 -/40

 

 

【総合】 130~164/200

 

 今回は特に躓くこともなく最後まで完答し、時間も30分以上余り、余裕を持って解答することができたと思っていましたが、ミスに気付かずにそのまま解き終わってしまい、結局見直しでも修正することなく終わってしまったようです. 解き終わった時の手応えと実際に自己採点してみて出た点数との間に有り得ない程の乖離があり驚きました. 根本的に解らないという問題はありませんでしたが、注意不足や凡ミスでここまで点を落としてしまうというのは恐ろしいことです.

 

 

 

【英語】

 

1⃣リスニング -/15

 

 

2⃣中文空所補充問題 15/15

 

 選択肢は迷うことなく、見直しでも修正することもなく、しっかりできました.

 

 

3⃣文法・語法 12/20

 

  今年度の受験勉強を始めてから文法には力を入れていたので、これだけ間違えてしまったのは悔しいです. 

 

A2 (エ) been spent a lot → (ア) cost a fortune

よくよく考えれば(エ)は不自然でした. spentの主語はお金や時間がくるのが普通ですね. 「fortune」に「大金, 財産」という意味があるということを知らなくても解ける問題でした.

 

A7 (イ) lays → (ア) lies

SVがVSになるという文法知識が入っていませんでした.

 

A8 (ア) arriving → (エ) to have arrived

時制の文法知識を誤って覚えていました.

 

B1 season → spring

 

 

4⃣長文総合問題Ⅰ 38~(49)/60

 

問2 パリに"起こりつつあった"、影響を"与える"、"なるのだった"の訳出ができていないので減点されると思います.

 

問9 人々の交流を経済活動としたので減点されます.

 

 

5⃣長文総合問題Ⅱ 44~(52)/60

 

問5 「混合飼料の一部として、全体の食糧摂取量の30~50パーセントの範囲で塩生植物を混ぜた」というのを「全体の食糧摂取量の30~50パーセントを占める混合飼料の一部として塩生植物を混ぜた」としたので減点されます.

 

 

6⃣英作文 28~(45)/45

A整序英作文 12/12

B本格英作文 ~(17)/17

C自由英作文 ~(16)/16

 

自由英作文はまず初めに候補を考え、それら「トリ、イヌ、ネコ、サカナ、モグラ」の中から「トリ」を選択しました. 行ったことのない国(といっても海外旅行したことありません)へ飛んでいきたい、普段暮らしている街を空の上から眺めたい . . . 等と書きました.

 

 

【総合】 137~(173)/200

 

 今回は2つの長文問題が易しめに感じ、時間も25分程余ったので余裕をもって解くことができましたが、記述問題での細かな間違いが幾つかあり、まだまだ課題があると痛感しました. とにかく私は文法が弱いのでしっかり潰していきたいです.

 

 

 

【物理】

 

1⃣運動方程式, 相対運動 26(30)/34

 

 総失点の半分、4点分がケアレスミスです.

 

問1(5) ℓを2ℓとするのを忘れて誤答. -4

 

問2(2) 力不足. 時間があれば解けた . . . のかもしれません. -4

 

 

2⃣ドップラー効果 24(30)/33

 

 失点9点のうちケアレスミスが6点です.

 

問2(2) 反射された音波の振動数を反射板が受ける音波の振動数のまま使ってしまい誤答. 完全にケアレスミスです.

 

問3(2) 見直しても理解できないことをしていました. これは落とす問題じゃないですね.

 

問4(2) 初め正しい答えを書いていましたが書き直してしまいました. ドップラー効果についての理解がまだ足りていなかったようです.

 

 

3⃣力積と運動量, 衝突 21(33)/33

 

 この大問での失点は全てケアレスミスでした. 12点って大きすぎます.

 

問3(1) 「右向きを正とする」と初めに書いていたのに自分でその決まりを破り、誤答しました.

 

問3(2) 前問の影響で誤答.

 

問4(3) ばねを介した衝突が弾性衝突になるという知識が頭に入っていたのでそれを使いました. が、答えは0に.

 

運動量保存より

mv₁=2mV+mv

反発係数の式より

-(v₁-0)=V-v

 

反発係数の式が明らかに間違ってますね. 

 

 

【総合】 71/100

 

 全ての大問でケアレスミスを起こしたのは初めてかもしれません. ケアレスミスが0だった場合、93/100取れていたのでかなり問題です.

 

 

 

【化学】

 

1⃣元素の周期表, 結晶格子 26/26

 

 

2⃣中和滴定 26/26

 

 もしかしたら問3をケアレスミスで桁数を間違えているかもしれません.

 

 

3⃣酸化還元反応 23/23

 

 

4⃣固体の溶解度, 浸透圧 19(26)/25

 

 失点は全てケアレスミスです.

 

問4(1) 何故か浸透圧を98×8.0×4.0としてしまいました.

 

問5 問4(1)で出した誤った浸透圧を使って計算したので間違えました.

 

 

【総合】 93/100

 

 点数は高いですが、ケアレスミスがなければ満点だったので不満です.

 

 

 

 

 

【全体の感想】

 全体的にケアレスミスが目立ちます. 今回数学と化学は本来の実力が十分発揮できれば満点を取れるレベルの問題だったので残念ですが、模試の結果で慢心するような心配もこれで全くないですね. 課題はやはり例年通り理科です. ケアレスミスがもの凄いことになっていますが、このレベルの問題で力不足になってしまうのは学力に問題があるので今年こそは理科を仕上げたいです.

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。