秋と冬の間で。

テーマ:
冬の朝、
冷たい空気のベールを掻き分けて、

{DC4C49BC-85B2-4F0A-98C2-8413ABA4F5AC}

謎の小道を行きました。

{11E911FC-92AB-4EB0-992E-2095BC460079}

朝の冒険。

{5276572A-1CA6-4641-859E-6360A855E8B2}

道の突端に現れた階段。

{1A2CF5B0-BD37-42DF-9F36-B6C9EED97954}

降りてみると、小さなカラス。

{AD84764A-A008-4731-923C-400825F3FA37}

朝ごはんは、どんぐり。しばし格闘。 
 
{1B3D5439-94EA-443B-80F5-1DE1B62C2E6A}

更に進む。森の道。

{068F5E1B-D3F2-4D9B-A8AD-C5129D75DEB6}


森は、好きだな。

謎が、いいな。

{A9882C95-014E-43D9-9CC4-85348D6C5C9B}

あたしのトートバッグが、疲れた、と言うので座らせたの。

{5F8B1860-95E4-41E8-8F21-7F0DEDFE33A9}

空があたしを見下ろしていた。

今日も、あなたは、生きてるねって。

fin





AD