2010-09-14 00:51:24

コンテンツマッチのキーワードの探し方のコツ

テーマ:PPC広告のキーワード

ずいぶんとグーグルアドワーズのことを書いていませんね。

看板に偽りありになってしまうので、ちょっと書いてみます。

今さらみんな知ってるよな、って感じのことですが。


たとえば、記憶術の情報商材を売りたいなと思ったとします。

どんなキーワードで広告を出稿しますか?

まさか「記憶術」とか「記憶力アップ」とかで広告を出す人はいませんよね?


「記憶力アップ 方法」

「暗記のコツ 40代」

「忘れない方法 メモリー」

直接的ですが、せめてこの程度の複合キーワードで出しましょう。


でもね、これでも全然甘ちゃんなんです。

ほんとにコンテンツマッチで広告を出している人のキーワードには「記憶」とか「暗記」が含まれていないものです。

そんなダイレクトなキーワードは出しません。

(調べてみてライバルが少なければ別ですが、広告単価が高すぎて元がとれません。)


コンテンツマッチで広告を出す人たちが出すのは、その商材を読むことでメリットが得られる人たちがターゲットですが、

さらに、本人たちが「記憶術商材」の存在や有用性に気づいていないような人々がターゲットです。


わかりますでしょうか?

記憶術の商材であればどんな人がターゲットで、どんなキーワードが美味しいのか?




考えてみてくださいな。




考えましたか?


では、キーワードのヒントの例を出します。

ここに並んでいるキーワードに絡む複合キーワード

これを使います。


資格試験の受験を考えているような人、そういう人たちが検索するであろうキーワードを複合キーワードにして記憶術を出します。

それももちろん、資格試験とか資格そのものの単価は高かったりしますので、できるだけ単価の安いものを探してください。

それはグーグルのキーワードサーチで探せばわかります。


単価をにらんだ効果的な探し方については、一つの例をこちらに書いています。

Google Sneak Attack

英語圏のFrank Kernという人が紹介していた記事をパクりました(笑)。

2008年4月の記事ですから古臭いんですが、今なお有効な考え方です。


ともかく、売りたいものの名前そのものや機能そのものをキーワードにするのではなくて、

その商品を手にすることでその恩恵を具体的な形で受けることのできる人たちをターゲットにして、その人たちが探すであろう言葉に結び付けて提示してみてください。

単価は安く、でも、コンテンツマッチにしてはそこそこ売れます。



・・・どうでしょうか?

ひさしぶりに書いてみた記事ですが、やっぱりこんなものです。


最近、グーグルアドワーズの記事を書く気がしなくなったのは、こんな感じで、PPC広告ではほとんどやることが決まっているからです。

PPC広告について一つでも商材を読んだ人や、半年ぐらい授業料払ってのたうちまわった人なら、今さらこんなこと、わざわざ記事にしてもしょうがないですよね?

つまんなかったらごめんなさいです。


あ、ここで紹介したユーキャンのキーワードに関係する人たちを、自分の得意などれかについてターゲットにして、アメブロで展開していくと言う方法、時間はあるけどお金はないと言う人にはお勧めです。

それには、前の記事で紹介した坂口さんの無料レポートをお勧めします。

それも、コンテンツ作製編と合わせて読んでください。

クロスメディアアフィリエイト コンテンツ作成編

クロスメディアアフィリエイト アメブロ編


ターゲッティングのなんたるかを、動画と文字で叩きこんでくれますよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

PPCでこっそり稼ぐビジネスマンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

    follow me on Twitter
    FXを調べる

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。