司法試験:勝利のアルゴリズム

現在、弁護士・TAC専任講師になった中村充が、受験生時代(2005.11.9まで)から続けているブログです。
司法試験・予備試験・法科大学院入試対策の方法論を中心に書いています。

講座内容・勉強方法に関する質問・相談などなど、大歓迎です!
その際、できれば、受験予定の試験種(司法試験、予備試験、法科大学院入試、中・高・大学受験等)の記載をお願いします。その方が、有益なアドバイスができると思うので。
NEW !
テーマ:

最近、他校の司法試験対策の論文答練(民訴法)について、他流試合をしている4A受講生から質問を受けてザッと解いてみたんだけど、やっぱ司法論文過去問とは“解答感”が全然違うね…今まさにH28司法論文過去問の分析が佳境なので、如実に感じる。

問題文とのコミュニケーション能力が問われる司法論文民訴法で本試験に近い問題を作るのが至難だというのはよく分かるんだけど、さすがに内容的に不適切だと思われる方へと誘導する問題は、教え子の能力・感覚を破壊しかねないのでやめてくれ!ヽ(`Д´)ノと叫ばずにはいられない。

 

まあ、そういう問題でも一応、リスクとリターンの衡量という論文本試験現場での重要な判断方法(cf.記事「最低ライン確保→加点積み上げ」「まずは合格ラインを確保する」)を訓練することは(過度に)できる。

 

例えばこれを目的として答練を受けた場合、内容的に不適切だと思われる方への誘導に乗るのはリスク>リターンと判断して、内容的に不適切だと思われる論述はうまく避けて、当たり障りのない論述でごまかすという手段が最適かなあ。

その結果、たいてい点数は低めになるだろうけど、論文本試験問題と全く異質な問題で低い点数がついてきたって、全然どうでもいい(ちなみに旧司受験生時代の私は、逆に予備校答練・模試等で高得点をとってしまったら(そんなことはほとんどなかったけど)、感覚がズレてないか…と不安になっていた→旧司短答模試についての記事「全択第2回」)。

 

そんなことより、事前に自分で設定していた、その回の答練を受ける目的を(どの程度)達成できたか。

これこそが、その答練・模試等における真の(自己)採点基準とすべきものなのだ。

敵を知り、己を知り、(己に克てば、)百戦危うからず。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

の動画が、受講生限定で公開されました~ただ、第1~3回と配信方法が変わっています。

 

詳しくは、WEB-SCHOOLの「講座からのお知らせ」欄の「[2017/02/22] 第4回ホームルーム配信のご案内」をご覧ください!

 

ちなみに私、間違えて、ホームルーム“第3回”と言ってしまっています…お許しを~m(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

を実施しています→こちら

 

上記リンクの「対象者」の方が、「特典の提供条件」を充たすと、「特典」として、

【A】司法試験 4A論文過去問分析講義(H28年度)全3系統(受講料¥12,000相当)
【B】予備試験 4A論文過去問分析講義(H28年度)全4系統(受講料¥16,000相当)

のいずれかを、Web通信講座又はDVD通信講座(ご希望のメディアをお選びください)にて、無料で受講していただけます(Web配信期限は、【A】2017/5/31、【B】2017/7/31)。

 

是非ご協力ください!(^O^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。