司法試験:勝利のアルゴリズム

現在、弁護士・TAC専任講師になった中村充が、受験生時代(2005.11.9まで)から続けているブログです。
司法試験・予備試験・法科大学院入試対策の方法論を中心に書いています。

講座内容・勉強方法に関する質問・相談などなど、大歓迎です!
その際、できれば、受験予定の試験種(司法試験、予備試験、法科大学院入試、中・高・大学受験等)の記載をお願いします。その方が、有益なアドバイスができると思うので。

テーマ:

○ライブガイダンス@TAC渋谷校
「最短で司法試験・予備試験・法科大学院入試合格を目指す!誰でもできる目から鱗の勉強法!」
7/21(木)18:30~20:30

4A論文解法パターン講義等の論文系の講義のシミュレーションもするので、その雰囲気等を感じたい方、私に直に質問・相談等したい方(法的知識や勉強法についての質問や、進路・人生についての相談など、どんな内容でもOK!(°∀°)b)など、興味があれば是非遊びに来てください!

○無料体験講義@TAC渋谷校 
「4A論文解法パターン講義 刑法第7回」
8/5(金)18:30~21:30
例年、途中から合流する受講生の方が多いですよ~(^O^)/

(cf)動画
司法試験は本当に“難しい”のか?

4A基礎講座 オリエンテーション

○「4A基礎講座」とは?

2013/3/14(木)に初年度開講した、私がず~~~~~っとやりたかった講座です!
2016年度(2017年合格目標)の4A基礎講座は、2/18(木)の⓪4A基礎講座オリエンテーション(全1回)を皮切りに、①4A入門講義(全3回)、②4A論文解法パターン講義(全66回)と③4A条解講義(全35回)で構成されています。
⓪4A基礎講座オリエンテーションと①4A入門講義は、これから勉強することの全体像を把握するとともに、実際にどのように勉強していけばいいのか、「4A基礎講座」「4A実践答練」の予習・復習方法やスケジューリング等も含め、具体的にシミュレートするものです。
②4A論文解法パターン講義は、出題可能性がある全パターンの論文式問題(法科大学院入試の過去問が中心ですが、予備試験や司法試験の論文式問題の元ネタになったと思われるものも結構あります)を、たった1つの方法論「4A」に基づき考えながら解くことで網羅しつつ、知識の暗記や理解ではなく“使い方”を体得していただく講義です。講義1回当たり、3問前後の問題を扱います。どのように問題文を読み→条文を探して使いこなし→論文答案にしていくのか、法的知識ゼロの方にも分かるように講義します。法的知識をある程度お持ちでも、実際に「4A」を使って問題を解く中で、自分自身の誤解に気づいたり、疑問が氷解したという方が多いです。
③4A条解講義は、本試験の徹底的な分析により厳選した、合格のために必要充分かつ即戦力で使える知識を、論文式試験はもちろん、短答式試験対策にもなるよう短期間で集中的に条文単位のテキストで網羅的にInputする講義です。各科目ごとに、4A論文解法パターン講義→4A条解講義の順で受講すれば、論文式問題を解くための知識の使い方を念頭に置き、目的意識を持って効果的に知識をInputすることができます。
詳細は、http://www.w-seminar.co.jp/shihou/shihou_4akouza17.htmlや、TAC各校舎、書店・大学生協等に置いてある「Wセミナー 2017年合格目標 司法試験」というタイトルのパンフレットをご覧ください。

皆さんから寄せていただいた「よくある質問(Question&Answer) 」も、ぜひご覧ください。4A基礎講座に興味をお持ちの方から寄せていただいた、よくあるご質問について、私自身が回答しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(196)  |  リブログ(0)

テーマ:

を実施します!

司法試験系の“難しさ”の根底にあるもの」と戦う最も有効な手段だと思うので、是非ご利用ください!

※7/12(火)追記

当初用意した日程がもう埋まってしまったので、追加日程を用意しました!下記4の末尾をご覧ください!

※7/13(水)追記

追加日程もすぐに埋まってしまったので、さらなる追加日程を用意したのですが、それもすぐに埋まってしまいました…これ以上の日程を捻出することは、私のスケジュール上不可能なので、ここまでで締め切らせていただきます。ご利用ありがとうございました!

ちなみに、TACで把握できていない予備論文を受験された(=予備短答に合格された)受講生が予想以上にいらっしゃって、うれしい驚きでした…でも、できれば合格の連絡がほしいです(>_<)

 

1.対象者

H28予備試験論文式試験を受験された方なら、誰でもOKです!

TACの講座・講義を受講していようがいまいが関係ありません。

 

2.相談内容

論文対策に限らず、次の口述対策、はたまた人生相談等、どのような相談でも構いません

ただ、H28予備論文の感触等については、再現答案や、論文本試験現場で作成した答案構成・加工した問題文を私に見せた方が、具体的にお話しやすくなると思うので、ご検討ください。

 

3.相談形態

いつもの個別相談と同様、

・TAC渋谷校で私と対面で話す

か、

・お電話越しに私と話す(私に見せたい再現答案等は、事前にメールで送ってください:電話相談が可能なことをご存知ない方が多いので、赤字で強調しました)

形で実施します。

 

4.日程

※実施時間は多少前後する場合がございます。ご予約の5分前にはお越しください。

 

7/21(木)

・17:00~17:30

・17:30~18:00

 

7/22(金)

・17:00~17:30

・17:30~18:00

 

8/1(月)

・17:00~17:30

・17:30~18:00

・18:00~18:30

・18:30~19:00

 

8/3(水)

・17:00~17:30

・17:30~18:00

 

8/5(金)

・17:00~17:30

・17:30~18:00

 

※7/12(火)追記

上記日程がもう埋まってしまったので、追加日程を用意しました!

8/9(火)

15:00~15:30

15:30~16:00

16:00~16:30

16:30~17:00

17:00~17:30

17:30~18:00
 

5.予約方法

7/20(水)17:00までに、shihoushiken@tac-school.co.jp宛に、下記項目を記載したメールをお送りください。
①お名前
②希望日時(上記「4.日程」の中から、ご希望の時間帯を1つお選びください)
※多くの方のご利用が予想されるため、必ず第3希望までお選びください。なお、ご予約は先着順とさせていただきます。
※ご希望の日時でご予約が取れない場合は、再度ご予約をいただく場合がございます。
※メールはH28予備論文受験生の個別相談について」というタイトルでお送りください。
※上記「
3.相談形態」のとおり、TAC渋谷校へのご来校が難しい方は、電話にて個別相談を実施いたします。ご予約いただいた日の前日までに、私に見せたい再現答案データや論文本試験現場で作成した答案構成・加工した問題文をスキャニングしたデータ等を添付ファイルにて、上記メールアドレスまでお送りください。その場合、メール本文に「電話での講師答案指導希望」と必ずご記載ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2日間、よくぞ最後まで戦い抜きましたね。

今年は特に民事系がヤバかった…という話を耳にします(まだ問題文を見ることができていません)が、あなたが難しかった・できなかった問題は、皆も難しかった・できなかったはずですよ。

どうしても毎年、ほぼ同じメッセージになってしまうのですが…

まずはちょっと休んで、必ず再現答案を作ってください。

興奮冷めやらない人は、休まずに再現答案を作り始めてもいいですが、きっとどこかでたまった疲れが一気に押し寄せて来るので、そのときにはしっかり休んでください。

要するに、当面、あなたのタスクリストは、

・休む

・再現答案を作る

(順不同)です。

なお、今年のTACの再現答案募集のお知らせは
こちら(pdfファイル)

今年も予備論文の分析セミナーを実施する予定(ちなみに昨年のは、記事「予備試験H27 論文本試験分析セミナー」のリンク動画:配信期間2015-10-08〜2016-07-31)なので、より効果的な分析のためにも、どうかよろしくお願い致しますm(_ _ )m

 

あと、このブログを見てくれている人は、最近しつこく紹介しているので併せて見ているんじゃないかと思うけど、H27予備論文33位・口述1位のfunky403さん(度々こういう紹介をするのもちょっといやらしい感じかもしれないけど、こういう人がこういう言葉を発することで、さらに価値が増すと思うので…)の記事「予備論文お疲れ様でした」もぜひご覧ください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。