口臭や抜け歯の原因として中高年の人に蔓延していると言われる歯周病。これが、単なる口腔内の問題でなく内臓や血液にダメージを与え病気を誘発することがわかったそうです。
 それも「ガン」。

 歯周病は、「お血」と言って「血がドロドロでスムースに流れにくくなっている状態」になるとなかなか治りにくくなるんですが、やはり歯周病菌の影響はいろんなところに出るんですね。

記事は、YAHOOやエキサイトなどのニュースサイトに掲載されています。次のような内容です。


歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が27日明らかになった。
インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した。
歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明した。
論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、
歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としている。
これまでの研究では、歯周病で心臓病や糖尿病の発生リスクが高まる可能性が示されていた。


という内容でした。

 歯周病が進行すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯が抜けることは「歯周病の最も特異的な症状」ともいえます。


◎歯周病に非特異的な合併症
 歯周病は従来考えられていたような口の中だけの病気ではなく、さまざまな全身病を起こりやすくしている可能性が高いことを前回お話ししましたが、中でも動脈硬化やそれによる虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳梗塞などは、糖尿病の合併症でもあります。また、歯周病と肺炎・骨粗鬆症・妊娠時のトラブルの起きやすさなどの関連も明らかになってきており、これらも糖尿病と関連する合併症といえます。



歯周病の予防や再発防止にはそれ用の歯磨き剤が必要だとかかりつけの歯科医から聞きました。

 私が使っているのは、ブラッシングだけでは難しい歯周病のケアが家庭で簡単に出来ジェル状の歯磨きです。



★必見!!歯周病予防と口臭解消の情報サイト★
■クマ笹入りの歯磨きは歯周病の症状が穏やかになります
■歯石除去から始まる口臭予防
■●●菌が歯周病菌に効くんです
■黄ばみや臭いを取る歯磨き粉を見つけました
■ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
■口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
■唾液分泌がで口臭防止の決め手だったんですね
■ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです
AD