1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-07-31

テレビみるチー

テーマ:三女
以前のチーは、テレビでこわい場面があると


逃げて

指の隙間からみていた。


参照記事→2007年1月17日「三女のこわいもの」




近頃ではどうか。



朝、NHKのガンコちゃん鑑賞中。





ちょっとこわいシーンが始まった!




チーは立ち上がって・・・



とぶ。とぶ。そしてとぶ。




成長しました。

(そうなのか?)



もいっこテレビつながりの話。


最近テレビで「ゲゲゲの鬼太郎」を知ったチーですが、

そのゲゲゲの鬼太郎について、疑問をぶつけてきた。












(´ω`)





お前がこれをおだんごだと

断言できたことのほうが・・・

疑問。



さらにもういっこ。



「ヤスコとケンジ」のCMが流れてたので




って言ったら





全国のやすこさん、すみません。




ちなみに、チーは「約束」のことは

「やすこく」という。

なんてステキにあまのじゃく。




←クリックのやすこく


*********************************

前回の記事へのメッセージ、すごーーく

たくさんいただいてます。またさかのぼりつつ

少しずつ読んでいます。みなさんほんとうに

いつもありがとう!質問のメッセージとかメールも

よく届くんですがなかなかお答えできず

申し訳ありません。(;´д`)

とりあえず、画像の使用は商用目的でなければ

全然問題ありませんので、ご自由にどうぞヽ(´▽`)/

*********************************

3姉妹が食育大使に選ばれました(*´∀`*)



ケータイの方はこちら


http://www.glico.co.jp/m/3shimai/index.htm


*********************************

うち3キャラクターグッズはこちら↓↓

*********************************


情報いろいろスタッフブログ↓

うち3スタッフブログ


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-07-28

心配しないで、お母さん

テーマ:次女

幼稚園教諭時代・・・


お母さんってのは、どーしてこう

心配ばっかりしてるんだろう、とよく思ったものだった。



「うちの子、なにして遊んでますか?

誰と遊んでますか?」



・・・


子どもたちは毎日元気にやりたいことを

やってるものです。友達と遊びたければ遊ぶし、

一人で遊びたければ一人でいるし。


子どもたちは自分の世界をちゃんと楽しんでるんですよ。

だから心配しないで見守ってあげてくださいね。





あの頃の自分の言葉が

頭の中をぐるぐるまわる。



ああ、そーね。そーよね。

わかってる。


わかってるんだけどさ。




でも心配だよね

(T▽T)



前回の話に書いたように、スーは誰にでも心を開く

タイプじゃないので

「幼稚園ではどうしているんだろう・・・」

というのがとっても気になる私。



さらにあの子はなんでもがまんしてがんばっちゃうところが

あるので、それがまた心配だったりする。


「本当は幼稚園いやなのに

無理してるんじゃなかろうか・・・」とか。


「心配しないで」

と先生に言われても、やっぱり見えないところで

子どもが何をしているのか・・・

親は心配せずにはいられないもんなんですね。



だってね、

たまに幼稚園にいってみると



ひ・・・ひとり・・・。( ;゜Д゜)





そんな姿をみるだけでもう、

胸がつまっちゃうんです、バカだから。


いつもこうしてひとりぼっちで

いるんじゃないか・・とか、被害妄想まで

ふくらみはじめて。



保育参観にいったときも、

製作の時間に

お隣の子とひとっことも口をきかずに

ひたすら作ってるわけです、うちの子。




そーいうのをみると


「お隣の子と気が合わないのかな・・」とか(笑)。





でも、あるとき





お友だちが手をふってくれて・・・



もうそれだけで

母、すっごく嬉しくって



よかった~


って、ホッとしてジーンとして、

ああ、親っていそがしい。


できることならその子をつかまえて、

「うちの子をよろしく!」くらい

言いたいくらいの気持ちだった。



それから先月は6月生まれのお友だちの

お誕生会があって

見にいったんだけど、




先生からもらったバースデイカードを

お隣の子と見せあいっこして

きゃっきゃと笑っていたスー。


「おおぉ!笑ってる!しゃべってる!」


嬉しそうで楽しそうなスーをみて、

またホッとしてジーンとする。


この様子をお父さんにも見せなきゃ!と

はりきってビデオをまわした私だった。




そうか、スーは私の見てないとこで

ちゃんと楽しんでるんだ。


そうよね、そうよね。

あんましつまらない心配ばっかりしてちゃダメよね。



・・・と気持ちを切りかえた矢先に、

大きな心配事がやってきた。


7月のはじめにあった、

年長組の行事、「お泊まり会」。



実は、スーはこのお泊まり会を年中さんのころから

すごくいやがっていた。




年長になるのがいやだ、というくらい。 (>_<) ど・・どんだけ・・




でも、お泊まり会が近づくにつれて、

先生がいろいろな話をしてみんなを盛り上げてくれたらしく




やっと行く気になってきたスー。



そして、お泊まり会当日の朝・・・

幼稚園からバスで出発する子どもたちを、

母たちが見送りにいったのですが




窓際に座っていたスーが、

私に向かって手をふりながら・・・





な・・・なみだ!?



やっぱり不安になってしまったのか、スー。



でも






なんとか、笑顔で手をふろうとしている。



泣いちゃいけないと思ったのか・・・?


ああ、心が痛い。こっちが泣きたい。


バスは半べそのスーを乗せて

走り出してしまった。


あのあとバスで泣いたんだろーか。

一人でがまんしたんだろーか。


お泊まり会は楽しめてるんだろーか。



いまごろ何やってるんだい?スー。



スーのいない夜は、なんだかひどく長かった。



そして次の日、バスで帰ってくる子どもたちを

幼稚園までお迎えに。


私の顔みたとたんに泣いたりして?

なーんて思いながら待っていたところに

帰ってきたスーの最初の言葉は・・・





・・・なーんだヾ(´▽`)



またまた母は、ホッとしてジーン。



やっぱり子どもはどこにいても

だれといても、楽しいことをみつけられるものなんだ。


照れ屋で、慎重派で、がまんしてしまうスーだから

ほんとーにいろんなことが心配になっちゃうけど・・


みえないとこでもいっぱい楽しんでるって

信じて、見守っていってあげよう。うん、そうしよう。





それから数日後にできあがった

お泊まり会の写真・・・




私の知らないところで、

こっちにもこっちにも、スーの笑顔。




楽しそうにはしゃいでるスーに、


「心配しないで、お母さん」


って言われてる気がしました。




おしまい





*********************************

3姉妹が食育大使に選ばれました(*´∀`*)



ケータイの方はこちら


http://www.glico.co.jp/m/3shimai/index.htm


*********************************

うち3キャラクターグッズはこちら↓↓

*********************************


情報いろいろスタッフブログ↓

うち3スタッフブログ


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-07-25

次女の「おともだち」基準

テーマ:次女

少し前のことですが、

小児科にいったとき・・・







待合室に、ちょっとしたキッズスペースがある

病院だったので、次女と三女をそこで

遊ばせておりました。



キッズスペースにはもう一人、次女と同じくらいの年の

男の子もいましたが、人見知りな次女は見向きもしないで

もくもくと遊んでました。



男の子のほうは、

たまにボールを転がしたりして・・・


なんとなくうちの子たちに

アプローチしているような雰囲気・・・。




その後、男の子が診察に呼ばれて

席をたったので






なんて会話をしていたら、そのとき・・・






男の子が、こっちを指差して何か言っている!





よく聞いてみたら


「○○幼稚園の子・・・」

「うん、スーちゃん」



とかなんとか言ってるじゃないか!!!



なんと同じ幼稚園の子だったのだ!


人数の多い幼稚園なので

こういうことよくあるんですけどね。



けっこう長い時間一緒にいたのに

挨拶もしてなかったので



母同士、ちょっと照れた感じで挨拶をかわし・・・




って聞いてみたら






( ゜з゜):;*.':;



し・・



知ってるんや

ないかーーい!!

ボンジュ~ル!?





同じ幼稚園どころか

同じクラスだったのにまったく

知らぬふりをしていたとは・・・




とあわてて言ったら








ヽ(;´Д`)ノ






そうなのだ。


スーはたとえ同じクラスの子でも、

ちょっとおしゃべりしたくらいでは

「おともだち」にはならない。



当然、男の子の「おともだち」は

だいちゃんしかいない。



去年、年中さんのときのも

3学期の、もうすぐ終業式・・・という頃になって



とか言ってたことがある。



丸1年、同じクラスで過ごした友だちが

30人近くいたというのに、次女が

「おともだち」と呼ぶ子は、なんとたった2人だったのだ。


母からみると、どうみても仲良く遊んでいる子でも、

「あの子おともだち?」と聞くと

「ううん、まだおともだちじゃない」とか言う次女。



次女の

「おともだち基準」・・・

よくわからんけど相当厳しいものらしい。(´ω`)


※ちなみに長女は

世界中の同年代はみんなおともだちだと

思っている。



そんな次女なので、幼稚園では遊ぶ子がいなくて

ポツーンとしてるんじゃないか・・と心配になるけど

実はそうでもなかったりする。 (´゜э゜) ウーム




こんな話もふまえ、

次回の話では年長になったスーが

どんなふうにがんばってるか・・と書きたいと思います。



←ああむずかしや次女


*********************************

8月2日(土)にアムラックス東京

トークショーさせていただきます。

100組200名様ご招待~♪

応募はこちらから。↓

*********************************

3姉妹が食育大使に選ばれました(*´∀`*)



ケータイの方はこちら


http://www.glico.co.jp/m/3shimai/index.htm


*********************************

うち3キャラクターグッズはこちら↓↓

*********************************


情報いろいろスタッフブログ↓

うち3スタッフブログ

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /