2008年12月14日

講師育成

テーマ:ファシリテーターに関すること

今年も、少しだけ、個人向けに講師育成をすることになりそうだ。


去年の今頃は

12名を対象に

「プロ講師養成講座」 春の新人研修デビュー編と称して

4回の講座を行っていた。


12名ほどエントリーがあったが、

実際に研修会社から選ばれたのは6名

そして、

今もその研修会社から仕事を定期的に得ているのは2名


まさに狭き門


もちろん、

一つの研修会社と相性が悪くても、

他でやったり、

自分で直接企業に売り込んで講師をする手はある。


だから

研修会社派遣講師になれなくても

道はあるのだが、

これからは

独立講師にとっても派遣講師にとっても

厳しい環境が続くだろう



何しろ、内定を取り消したり

期間従業員を解雇せざるを得ない状況で

研修が拡充されていくとは考えにくい。



だから、

サードプレイスは今年は、

講師育成のための講座を開くことはしない。


ただ、それでも、

講師という仕事にチャレンジしたいという人は、時々いて


話は聞くのだけど、

今は、可能性のある(つまりは仕事をゲットできる)人だと思える場合のみ


個人レッスンという形で引き受けている。



講師デビューしたいなら

ここ数年を考えると

来春は最後のチャンスかもしれない。


今ならまだいける。

でも

再来年は全くわからない。


採用数を絞るだろうし

そうなれば、クラス数も減る。


今の講師数で足りないということはないから

実績があったり

安定している人が選ばれてしまう。




ただし、



サードプレイスがいま育成している、しようとしている人は


おそらく、強い講師になれる。


まだ先のことは保証できないけれど、

私の直感で


かなり強い講師

2-3年の経験者を軽く1年で抜いていくような

強い講師になるはず。


そういう才能を感じるから

私も強く育てようと思う。



サードプレイスは今

2クラスまでの研修なら弊社に!!

と名刺に書いているが


そのうち3クラス、4クラス、5クラスくらいまでにはしたい。


規模はそれくらいで十分だろう。


それより多い数は

春などの一次的にしか需要がないから


楽しく稼ぐにはそのくらいの数まででいい。


で、

全員強い講師で揃えるのが夢だ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月01日

社内トレーナー養成

テーマ:ファシリテーターに関すること

今日、研修会社のシェイクさんと

とある大企業に説明に行ってきた。


先方は、

若手に対する研修を社内で行っているが、

その質をもっと高めたいという希望を持っていた。


シェイクさんは、そのプログラムをもっていないので、

パートナー企業ということでサードプレイスに話がきた。


もとは、そのクライアントが、

折口講師の研修を見て、持ってきた話らしい。


折口講師は

プロ講師養成講座でも午前中の担当をしているが

私の講座を1~2年前に参加している人は、

彼女の成長にびっくりするだろう。


彼女はまだ講師歴は浅い

でも、そのスキルは相当高い。


そのスキルを見て打診してきたってことは、

サードプレイスの講師養成のノウハウ

クライアントの役に立てるはずだと確信する。


今日は、

私も同席して、説明を行った。

もちろん、中心となって説明するのは担当の折口。


最後に少しだけ話をさせてもらった。


社内トレーナーのメリット、

そして、その陰に潜むデメリット


社内トレーナー育成の

講師やカリキュラムを選ぶときの注意ポイント


私の経験からできる話を

伝えるべきものは伝えたつもりだ。


まだ

採用されるかはわからないが、

紹介していただいたシェイクさんのためにも

ベストを尽くしたいと思う。



さて、

そんなシェイクさんも業績が好調で

来春の新入社員研修の引き合いがたくさん来ているそうだ。


そしてやはりここも、講師が足りない。


今育成している講師の方々へ、

仕事はたくさんあるから

しっかり学んで

チャンスをゲットしてほしいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月31日

コミュニケーション本、もうすぐ完成

テーマ:ファシリテーターに関すること

若者向け「コミュニケーション本」の初稿がもうすぐあがる。


全編をとおして、簡易な文章を心がけた。

結局ファシシリテーションの要素はほとんど入れられなかった。


人を動かすことが大事だと、一応書いたけど、

細かいテクニックや考え方を教えるには、

やはりある程度の社会人経験がないと、

難しいと感じた。


想定する20歳前後の彼らと共通するトピックスがないのだ。


就職活動当たりを思い出しながら書いたのだけど、

おそらく今と、僕が過ごしたバブルの時期はまったく違うだろうし。


で、ほとんどクイズ形式。


出版社からはクイズも出来るだけ簡単に、

答えも選択式か、○×式でといわれたが、

全部をそうするわけにもいかないので、

少しは考えさせる、体を動かす問題も出した。


明日の朝、納品だが、

まだまだ、理解度テストと、ワークショップの問題作りが残っている。


今日、遅くまでやってとりあえず、完成。

後は、出版社の赤入れを待って、直すとしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月26日

若者言葉に置き換える

テーマ:ファシリテーターに関すること

普段僕が繰り返しセミナーなどで言っていること


例えば、

アイスブレークでは

場の雰囲気を和ませるだけじゃなく、

参加者の情報収集や、

講師へのリスペクトを勝ち取ることが必要だ、

ということを、


20歳前後の若者に向けて、

コミュニケーション論の中で説く


当然ながら、経験の少ない彼らに、

どういう言葉で表現したら、

真意が伝わるのか。

どんな例を示せば、

リアリティーを感じてもらえるのか


多少の生みの苦しみを味わっている。


でも、こういう苦しみも、

たまにはいいよね。


普段自分が、いかに自分の世界(大人社会)にだけ通用するようなコミュニケーションを勝手に良いと思ってとりつづけているかに気づけるから。


自分のペースから相手のペースへ。

自分軸から相手軸へ


これもまた楽しい試練だと思っています。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月20日

女性陣の活躍

テーマ:ファシリテーターに関すること

一緒にセミナーを運営していた人が本を出して、それがきっかけでやっと自立できるようになった。

自信を見失っていた彼女が、世間から評価されることで自信を取り戻し、自分がやりたい事を始めることが出来るようになった。


今年個人レッスンをしている女性も、月に2回マジメにレッスンを受けている。

その成果が早速出たのか、もともと運がいいのか、いろんな企業から来年春の研修依頼を次々に獲得している。


僕と一緒に働いたり、レッスンを受けた人が、実際に「自分らしく」働きはじめることを嬉しく思う。


がむしゃらに働いてきた彼女たちが、30歳を過ぎてもそのまま突っ走っていくのかといえば、そんな選択肢はとりたくない。

がんばって積み上げてきた物を、自分ためにゆっくり消化していく。

自分の人生を楽しみながら、自分のペースで世の中の役に立っていく。

大きな風呂敷を広げるよりも、自分の世界を豊かにしたい。


そんな彼女たちを、僕は微力ながら応援してきた。


彼女たちが掴む評価の一つ一つが、彼女たちを自由にしていく。



僕が彼女たちに伝えているのはファシシリテーションスキル。

自分を自由にするためのスキル。

自分を表現し、自分を高め、自分らしくあり続けるためのスキル。


本当は男性を応援したいのに、

(講師業界のジャニーズ事務所を立ち上げるため)

なぜか女性ばかりが目立っている。


まあいいや。

自分に関係した人たちが、自由に自分を作り上げていくことができているのなら。

 

それは本当に嬉しいことだから。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。