2016年07月12日

若い人の研修をするときは

テーマ:プロ講師の考え方
例えば、20代の研修をするとき
彼らの中に生じている「差」を
なんとかしてあげたいと思ってしまいます。
 
もちろん、本人のやる気や姿勢次第なのですが、
20代の格差は、職場の雰囲気や上司先輩の指導力など、
置かれた環境にかなり影響を受ける
と思うのです。
 
30歳を超えて生じた差の責任は本人にあると
それは私もそう思います。
でも、20代はきっかけ次第。
 
ただ知らないだけだったり、
教えてもらえていなかったり。
 
しかし、
本人は気付いていないかもしれませんが、
明確に差は生じています。
 
研修でそれが見えたとき、
私は、その差を研修中になんとか埋めてやろうと
働きかけます。
 
先日行った、20代半ばの同期研修。
14名の受講者の間には、かなりの差がありました。
 
課題に取り組んでいくなかで、
悔しい思いをした人もいたでしょう。
 
でも、その悔しさや苛立ちは、
明日を変える糧になります。
 
手数の多い講師である私は、
それぞれにたくさんメッセージを送りました。
 
彼らにとって、
大きなきっかけになれば嬉しい。
 
研修の最後にこんなメッセージを全員に伝えました。
 
20代でついている差は、偶然ではなく必然。
20代でついている差は、長い目で見たら誤差のようなもの。

 
両方真実。
 
で、今の自分を褒めてあげたいと思えた人は、
前者で自信を確保して、後者で気を引き締めてほしい。
 
悔しい思いをした人は、
後者で逆転を誓い、前者で反省をしてほしい。
 
そうすることで、誰しもが必ず成長することができるから。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月22日

視野を広く、視点を高く

テーマ:プロ講師の考え方


よく研修で受講生に伝える言葉がいくつかある。

これもそう、
いろんなことに興味を持ち、たくさんの経験をして欲しい。
だから視野を広く持とう。

そして、
どうせなら、中途半端で満足するのではなく、
もっと高みを目指そう。
そういう意味で視点を高く。

講師も一緒だ。

「こんなもんでいいや」

そんな考えで仕事をしてはいけない。
時間を、流すような
受講生を、捌くような
そんなやり方をしては、研修はうまくいかない。

ベストを尽くしても、まだその先があるのだ。

視野も視点も
自分の意識次第でどうにでもなる。

だからこそ、
自分を律し、気を引き締めてのぞまらければらないのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月17日

講師業の利点

テーマ:なんとなく思うこと

講師という仕事をはじめてからもう15年になる。

あっという間だ。

サラリーマンを辞めてからとしても、14年になる。 

 

つまり、それだけの間、会社に行かなかったことになる。

通勤や職場の人間関係とは無縁の世界で生きてきた。

サラリーマンの期間は、4+2+5なので、

もうフリーの期間の方が長い。

 

会社に行かなくていいということは、

無駄な通勤時間やそこでの疲労がないということ。

それだけ時間が有効に使える。

まあ、生活リズムを崩さないだけの自分を律する力が必要だけど。

 

それと、繁忙期を外して旅行に行ける。

しかも、ある程度まとまった期間。

 

なので、海外旅行もたくさんしているけど

意外とお金がかかっていないし、

混雑を避けられるので、疲れもしない。

 

たくさん時間があることが当たり前になると、

サラリーマン時代、自分の時間が少なかった時代

どうやりくりしていたのが不思議になる。

 

人生の時間は限られている。

人間の寿命は永遠ではない。

 

そう思うと、講師業の

集中して研修をする時と

それ以外の贅沢な時間が

とてもありがたく思えます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月25日

研修の前の日の憂鬱

テーマ:こんな時どうする
いつも緊張するようにしている。
慣れちゃいけない、舐めちゃいけない。
そう思ってのぞむ。
 
やり慣れている研修内容、
何度も登壇している企業。
そういう場合は、多少は気も楽だが、

初めてのカリキュラムの場合は、
特に緊張する。
自作自演なのだけれど、
頭の中で何度もシュミレーションしてきたけれど、
それでも相手がいる仕事。
予定調和ではつまらない仕事。
だからこそ、細心の注意を払う。
 
僕にとっては、いくつもある研修の一つでも、
相手にとってはめったに受けられない貴重な機会。

体調万全、準備万端で明日を迎えよう。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年05月08日

連休の過ごし方

テーマ:プロ講師の休日
今日で2016年のGWは終わる。
長い人では10連休なんて人もいたようだ。

最近は分散しているとはいえ、
こうした連休は、大是非の人たちが観光や帰省に出かける。
鉄道は予約しづらいし
飛行機の値段は釣り上げる。
車は渋滞。東北自動車道上りで47kmの渋滞があったそうだ。

考えてみると、連休に出かけるのはあまり賢くなさそうだ。

実際僕は、連休は、それを囲むように旅行に出かけるか
家またはその周辺でのんびり過ごすかのどちらかに決めている

つまり、GWなら
27日くらいには日本を出国して、
GWが休みじゃない国に行って過ごし、
連休の中日か、開けの月曜に帰国するパターンか

今年のように、
静かになった街で
ゆったりと、普段なかなかできないことをする。
例えば読書にふける、
部屋の模様替えをする、
などだ。

リフレッシュを目的とするなら、
混雑は避けたいし、
無駄遣いをしたくないのなら、
時期をずらすことを考えましょう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。