2013年12月15日

やっぱりタイランド

テーマ:プロ講師の休日
政情不安でニュースを賑わせているタイだが
行ってみれば何も問題がない。

この国の居心地の良さは一体何なんだろう?
そう思えるほど、
この国は、もっともっといてもいい、って思う。

帰国までの日数を考えると、
やりたいことが全部やりきれない
と毎回思うのがタイなのだ。

進化も早いなって思う。

BTS(バンコクのものれるみたいなもの)
のゲートには、液晶テレビが!




タイ訪問の目的は
友人との再会もそうだが、
やはり

日本では、高いし不味いタイ料理を食べること

たとえば、
日本で大人気のバジルご飯
たぶん、600円から800円くらいする

でもバンコクなら45バーツ (約150円!)
ほら見て
完璧な仕上がりの一皿!



タイでは、もう何食べても美味しい
その上リーズナブル。


それから勿論、マッサージ。

これも、
足ツボ250バーツ (約1000円)
毎日やりました。




仏教国にもクリスマスは来ていて
せっかくだからと1枚




おまけにバカンスっぽい写真を。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月14日

シンガポールは相も変わらず

テーマ:プロ講師の休日
シンガポールに来ると雰囲気はがらっと変わる。

綺麗だし、機能的。



食事も美味しいし、移動も便利、
当然ホテルも快適。

以前はそれらが、もっと安価に楽しめた。


ところが、今は随分値段が上がってしまって、
ホテルなどは良い例で

マンダリンオリエンタルホテル
上手く予約すると下手したら1万円台後半で泊れたのに、
今はどうやっても3万円台後半

倍になった。

さすがに一人旅で1泊4万は高いと思い、
新しくできたビジネスホテルちょい上のドーセットホテル
泊ったみたが、20㎡程度の部屋で2万円近くする。





今回の目的は
シティバンクに行くこと
ABS時代からの友人のYさんと会うこと

Yさんとは初日の夜に、イーストコースへチリクラブを食べに行きました。




それ以降は、
ここ数年会えていなかった友人2名と再会したり、
そのおかげで新しい友達もできました。

特に一人は、この間バンコクの路上で偶然5年ぶりくらいに再会して
そのときの約束でシンガポールでも会ったので、嬉しかったなあ。


最近のシンガポールは、サンズのプールの影響か
空中庭園のようなものが着いたマンションが多い気がする。





土地が少ないから
わからなくもないけどね!


ローカルな友人と遊ぶ利点として、
安くて美味しい店とかを知っていること

たとえば、マクスウェルフードコートがチャイナタウンにあるのだけど
そこには有名な店が結構入っていて
僕はいつもここでおかゆを食べる



そこには
テレビや雑誌で取り上げられたチキンライスの店があるのだけど
ちょっとおごったせいか、友人曰く味が落ちたそう。

この店






確かに行列
僕も試しに食べてみた。うーん、美味しくはない。

で、友人が、チキンライスならこっち、と言ったのがこの店



たしかにずっと美味しい。

こういうのは、ローカルじゃないとわからないだろうな。


食べてみて、ここもいまひとつと思った店
(ガイドブック常連)




街は、早くも中国正月に向けての飾り付けを始めてました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月13日

KLの今はこんな感じ

テーマ:プロ講師の休日
クアラルンプールの変化してなさぶりに多少がっかりした。

この間のバンコクの変化と比べたら、何とも寂しい感じ。

一応、
8年前にもあったKLCCに行ってみた。



この辺りのビルは増えたと思うし、
相変わらずモールも人がすごい。

新しくできた、ミッドタウンのモールにも行ってみたけれど
まあ、それなり。
おそらく、たまプラーザ(東京郊外)のモールを多少暗くして
でっかくした感じだろうか。

不思議なのは、
日本なら、古い繁華街(たとえば銀座)は、新陳代謝でどんどん新しくなっていく。
でも
KLの銀座と言われるブギビンタンの、
まさに中心の路上の排水溝はこんな感じだし



表通りの1本裏では、こんな路地が普通にある。
高級ホテルのスグそばがこんあ感じなのだ。



ホテルから、KLステイション方面を見下ろしても
街並みは古い。




この国の進化とは?

素直な感想は、

もうしばらく来なくてもいいかな

というものでした。


なぜ、みなKLがいいって言うんだろう?


食事も、ホテルも
安いけど安いなりだし

空港も遠くて不便
KLステイションからは特急があると言っても
その駅に行くまでが渋滞酷いし。

地下鉄もモノレールも、路線のひき方が今ひとつだし。

エアアジアも、
LCCのターミナルに行くにはバスで1時間かかるし
安いけど、旅愁みたいなものはみじんもなく
本当に、バスターミナルから飛行機に乗る感じ。


なんか、
「これは!」
というものが
見つからなかったクアラルンプールでした。


最後の写真は、ブギビンタンにできた新しいモール
でも、周りはまだ建設中。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月12日

恒例のアジア訪問

テーマ:プロ講師の休日
僕は、毎年、アジアの各都市を訪問して
その変化を感じようとしている。

今回は、
今年4回目のバンコクと、8年ぶりのクアラルンプール、1年ぶりのシンガポール
の3都市をまわってきた。

タイ航空が千歳-バンコク直行便を就航させたので
そのキャンペーンで、ビジネスクラスに乗ってみた。

機材は古いが、やはりビジネスは快適。



最初に訪れたのはクアラルンプール。

目的は、
病気になって以来会えていなかったローカルの友人との再会
ABSの生徒だったFさんが、アジア各都市で活躍していてKL在住だと聞いたので
「アジア人に上手に説明するには」という切り口でインタビュー
そして、
同じくKLに拠点を移していろいろな仕事をしているTさんとその仲間たち
とお会いした。

写真は、たくましくなったFさん




もちろん、KLの8年の変化を自分の目で見たかった。
なにしろ、ロングステイ先としても、アジアの急成長の一員としても
注目されているKLだし。

結果的には、
あまり変わっていない。
ムスリムの多いこの国は、時間がゆっくり流れているのかもしれない。
確かに、高層コンドミニアムは増えたけれど、
なんか投機的で、この国で暮らす幸せ感が見えてこなかった。

KLの銀座と言われている、ブギビンタン
8年前と何ら変わっていない。
それより、8年分経年劣化した感じ。




ほとんどの人が口を揃えて言う。
ビジネスチャンスならインドネシア
面白いのはタイ

じゃあ、なぜKL?
と聞くと

英語を話すから
治安がいいから


この2つの理由が圧倒的。

つまり、
あまり面白くないし、
ビジネスとしても破壊力はないけれど

家族を住まわせるのはいい
子供の教育に英語が必要

そんな感じ。

まあ、あとは、エアアジアの拠点というのが大きいかも

KL拠点でビジネスをする人には
このエアラインは重宝しているようだから。

僕も今回、
初めて、KL-シンガポール間でエアアジアを使ってみた。

その話はまた次回。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。