2013年10月31日

弊社に連絡したのに、返事が来ないという人へ。

テーマ:お知らせ
株式会社サードプレイスのサイトでは
講師になりたい人向けの「メールレクチャー」を
希望された方には無料で送っているのだけれど、

たまに、指定されたメアドに送っても、
返ってきてしまうことがあります。

何度も試すのですが、
全くダメなこともあります。

もし、「メールレクチャー」に申し込んでも
全然来ない、と言う方がいましたら、
もう一度、メアドを確認して、送り直していただけると助かります!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月09日

受講生を観察する

テーマ:こんな時どうする
受講生をよく見ている、と言われることが多いが
僕としては見ているというより入ってくるという感覚

たとえば先日の研修

I君の本番プレゼンの最中に
スライドを進ませるリモコンに不具合が起こった。
5分間という限られた時間での機材トラブルは痛い!

20秒ほどその場で何とかしようとしたがあきらめて
パソコン操作に切り替えた。
焦っていただろうに、なんとか落ち着きを取り戻した。

ところが無情にも5分を告げるチャイムが…。

I君は僕を顔をあげ僕を見る。
僕はただ、うなづく。

彼はそのままプレゼンを続け、
時間オーバーで終わった。

僕が他の受講生に、
機材トラブルを加味して採点してほしいと告げると

彼はパソコンを操作して
次にプレゼンターのファイルを画面に映した
(ここまではあらかじめ決めたルール)

そして、僕のところに駆け寄ってこう言った。

「次の人のでも確認しましたが、やはり作動しませんでした」

僕は、これを聞いて、I君への確信を1段階上げる。

トラブルへの冷静な対処
焦りと悔しさをにじませる表情
そして自分の落ち度ではないと伝えようとするが
そのまま直接ではなく、他者への配慮という形で告げてくるやり方
まっすぐに僕に詰め寄る「熱」のようなもの

そこから僕はまた彼に対する手数を増やし
またそのやり方を帰るのだ。

当然、負荷を強める(笑)


そんな彼が研修の最後に皆の前でこう言った。

「研修を受ける前、僕は、相手目線に立って、と言われるだろうと予測した
実際その通りだったが、それでも勉強になった」


こういう受講生との、水面下でのやり取りが、楽しい。

でも
見ているのは確かだが、

彼らは
「見せてくる」というのが正しいと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。