2012年10月28日

研修の難しさを再認識

テーマ:こんな時どうする
今月は、研修の仕事が沢山あった。

移動も結構あった。

だから
体調の面も、細心の注意を払い
全ての研修で、
自己ベストをだすべく
頑張った。

結果は、自分でも相当満足行くものだったのだが、
月末の方は
流石に息切れして、
体力的に、電池切れ間近
って感じだった。

やっぱり、もっと健康に気を遣い、体力をつけないと。
暴飲暴食はしなくなったが
今以上に、気をつけないと。


そんな中で、また一つ気づきがあった。

今月、
同じ条件で違う相手に教えなければならない研修が3つあった。
一応、定員があるのだけど
急な出張が入ったり、
この時期は季節の変わり目、体調を崩す人がいたりと

受講者の数が
13名、15名、10名となった。

2名くらいなら誤差のうちだが
5名違うと、研修の組み立てが変わってくる。

勿論、時間的なことは、
僕の引出しの多さからすれば、
どのようにでも調整は利くのだが

人数が少ないと言うことは、
研修の到達点を引き上げるために
使える手段が、減ってしまう
のだと
改めて認識した。

受講生をひとくくりで接する講師なら
人数が少なくなることは
不確定要素がその分減ることを意味するから
楽になるのかもしれない。

でも
僕の場合、
その不確定要素を、バリエーションとして
研修の様々な仕掛けに活用するから
人数が少ないと、バリエーションの取り方が狭まってしまう。


ある人の変化を皆で共有する。

ある仕掛けをしたとき、かかる確率を30%とすれば
10人では3人だが
15人では5人になる
その二人の差が、結構大きいことに気づいた。

また少人数では、一人の影響もその分大きくなる。
だから、細かい手を沢山打って、整えていくことが
難しくなり、ちょっと大味になる感じ。

そう、
たとえば、

昨日は
豚肉、タマネギ、にんじん、ジャガイモ、ブロッコリー・・・
と沢山の具材でカレーを作ったのに

今日は
豚肉とジャガイモで、昨日の味を再現してくれ

と言われているような難しさ。


一つ一つの食材にかける時間は増えるから
仕込みの丁寧さ、深さは増すかもしれないけど

なにしろ味が足りない。

この具材の種類じゃあ、全体のバランスをとるのがすごく難しい



そんな感じになるのだ。


後半の研修は、人数が少ないものが2つ続いたので
余計にそう実感した。


僕の研修は受講生の変化を、てこに
全体のバランスをとり、
受講生のバリエーションを、前向きなエネルギーに変えている。

だから、
人数がいると、
アプローチ数が増える大変さはあるものの、
それだけ研修という料理には深みがだせるのだな・・・。


そんなことを考えた1週間でした!!


勿論、研修の出来は、どんな環境下でも
ちゃんと整えましたが!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年10月21日

1年ぶりの新潟

テーマ:研修後記
毎年、この季節、新潟で研修をしている。
もう8年目になる。

独立して最初に書いた本がきっかけで
依頼されるようになった。

あの頃はまだまだ駆け出しの講師
話は面白おかしくできたかもしれないが
今のように
受講生一人一人にアプローチするとか
仕掛けをどんどん行って、相手を動かしていくとか

そんなスキルはまだなかったと思う。

でも、
その頃から、懲りずにずっと
声をかけてくだることに、感謝するばかりだ。


今では、僕も、この季節に新潟に来ることが当たり前になっているし

通っている居酒屋Rでも、それが当然のようになっている。

さらに、来る度にOB・OGの方々と
僕としては珍しく、飲んだりするのだけれど、

2日間の日程が終了すると、きまって

「また来年!」

とお別れの挨拶。

・・・・僕のような、くせのある講師は、1年に1回で十分か?(笑)


ともあれ
今年も、楽しい受講者だった。

ポテンシャルは高いのに、自信が足りない人
自分の力を出し切ることに、真剣な人
どこかサラリと、でも確実に相手を射止める人
何ともとらえどころのない人

2日間、
本当に自由にやらせていただいているのだが、
実におもしろい。

彼らの変化は勿論、
彼ら同士のフィードバックの仕合いも
発する言葉も、
ぎこちない動作も

なんともおかしくて、愛おしい。


今年も、研修は楽しかったし、
Rにも3回行けたし
かきのもとも最後にありつけたし
日本酒も十分飲めました。


また来年、皆さんと会えると良いなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年10月15日

「公」がなかなかいい感じ

テーマ:なんとなく思うこと
僕は、35歳の頃から
人前でも緊張しなくなったし
調子の波もなくなった。

それまでに
何千人という人の前でスピーチするとか
加山雄三さんの次に、新郎友人の挨拶をするとか

それなりに大舞台を踏んできたせいか

何があっても平静でいられるようになった。


ところが、
ここ3年は、すごく調子が悪かった。

身体的な調子も
日々の生活も
なんだか、ちょととおかしくなっていた。

これは年齢からくるものなのか?

原因がよくわからないまま
この1年は、なんとか倒れずに歩いて来た。

公私

「私」の方で、随分苦しんだ。

これまでの自分の人生ではあり得ない
と思うようなことが、断続的に続いた。

いろんなことを犠牲にしたと思う。



ただ、かろうじて
仕事に大きな影響はなかった(と思う・・・思いたい)

でも
本人にしてみたら、
受講生に振るスピードや切れ味に
満足がいかなくなって
悶々としていたのも事実だ。



それが、最近、
ちょっと変わってきた。

仕事におけるキレが戻ってきたのだ。


いや、受講生からはわからないかもしれない。
ただ
僕の良い時を知っている人なら、

「そう、これこれ!」
って思うだろう。

僕の一番の特徴である受講生との絡み。

しかも、目立つ数人じゃなく
全員の名前を呼び
個々のレベルにあわせて、強度とスピードを変え
一人一人にアプローチする。
それがどんどん増幅して、全体が高まっていく感じ。

このグルーブ感

「そうそう、こんな感じ!」

って、自分自信納得できるレベルに戻ってきたのだ。



非常に嬉しいし、
その余裕からか、
今は、生徒が可愛くて仕方がないし
もっともっと何かしてあげたい
と思うようになった。


だって、
年齢のせいで、切れ味が落ちているのではない
と思えただけで
かなり気持は上がってる。


どうして、戻ったか。

心当たりはあるし
今を維持するために必要なこともわかっている。


それをできるかぎり
継続していければ、

僕はまだまだ、人生を楽しめる!!




仕事はこれまでも面白かったけれど
きっとこれからも面白い。

そう思えると
なんだか明日が楽しみになってくる。


半年前の心境とは180度逆。


さあ、もうひとがんばり
いってみよう!!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年10月01日

家族みたいな研修

テーマ:こんな時どうする
先日、大阪で、初めてのクライアント様の研修をした。

率直な感想は、

皆、可愛かったなあ。


あ、別に新人研修じゃないですよ。
40代の方のもいました。

でも、総じて、不思議と
可愛いな、って思ってしまったのは、僕がおっさんになったから?


いえいえ。


今回のクライアントには
3名の担当者がいて
彼らの受講生を思う気持が
僕にも伝染してしまったのだと思います。

まず
元気な姉貴がいて
年下の受講生を弟妹のように可愛いがり
同世代には、同じ釜の飯を食う仲間のように接する

愛情もあり、気さくさもある。
それでいて、自らも挑戦しようという意欲もある。
そんなキュートな姉貴。


最年長のお兄さんは
のんびりとしていながらも全体の場の調和に気を配り
受講生の成長に感激するような優しさを持っている。

弟は、ちょっとクールに見えるけれど、
人一倍責任感が強くて、
だから多分、研修の流れに乗りつつも
しっかりと受講生を見守り
さらに、僕が何を仕掛けているのか、
注意深く見ていたに違いない(笑)


そんな3名に触発されて、
僕も、普段よりも絶対にサービスしていたと思う。(笑)

正月の芸人さんではないけれど

「いつもより多く回しています!!」

って感じで頑張ったもの。



さて
その可愛かった受講生達ですが、

それぞれが、
自分らしさを保持しながら
向上意欲をもって
研修に臨んでくれました。


また彼らには会いたいですね。

本当、良い社員、良い会社でした。



さて、今週から
毎年楽しみにしているクライアントさんの研修が3回行われます。

こちらの会社も、参加者が粒ぞろい。

とても楽しみです。



良いクライアントの条件って
良い担当者だと思うし

良い担当者がいる会社には
良い社員が集まる(育つ)ものだな、って本当に思います。












そうだよね、Hさん!!(笑)








いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。