1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2012年05月30日

東京以外

テーマ:なんとなく思うこと
僕は、東京以外に住んだことがない。
(実際は、小中高は神奈川県だったが、東京に隣接する川崎市)


もう、ずっとだ。


独立してから
仕事で全国をまわらせていただいた。

北は北海道から
南は沖縄まで

旅行も含めれば
北端の宗谷岬から、南端の波照間島まで

ただ、
行っていない県もたくさんある(ケンミンショー見る度、行ってみたくなる)

一応、行きたいという気持ち表明のために書いておこう(通り抜けは除く)


東北 (青森、岩手、秋田)

本州 (茨城、岐阜、滋賀、鳥取、島根、岡山)

四国 (愛媛、高知、香川)

九州 (鹿児島、宮崎)

ここから仕事が来たら最優先で行こう!!



そんな僕なのだが、
ずっと東京にいたいとは思っていない。

自然に接することができる故郷に憧れるし
一度は、東京以外に住んでみたい、って思ってる。

でも、あまり不便すぎると、きっと対処できないから
お約束ではあるけれど

那覇、博多、札幌
でずっと考えていた。

いきなり移住はできないけれど
拠点をもって、少しずつ、慣れていけたらと。

沖縄は、実際に移住した人がたくさんいるし
イメージもわきやすい。

青い海、青い空。
リゾートに暮らすようなモノだ。


博多は、すごく便利なイメージがある。
飛行場が近くにあるし、ロケーションでいえば、アジアも近い。

九州は、ポテンシャルが高く、
大好きな熊本もすぐにいけるし、風光明媚な長崎も行動範囲内。


札幌は、涼しくて、梅雨もないし、台風も来ないし
食糧自給率は200%だし、四季もはっきりしている。

それに人がいい。









ずっとずっと考えて、
僕は、最初の拠点を、

札幌にすることに決めました。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年05月29日

凄腕プレゼンター

テーマ:この人に会った!
昨夜は、自宅の近所で開催されたセミナーに参加した。

「タブレット端末とクラウドシステムを使ったワークスタイ​ル変革のための勉強会」

夜7時開催
自宅から電動自転車ハリアで5分。

参加の目的は
久しぶりに、同い年の凄腕プレゼンターの森戸さんの顔を見たくなったこと。

タブレット持ってないし。。。(笑)



で、どんな話(というより話し方)が聞けるのかと思っていたら


どうもこうも流れがフランク
というか、着地点以外、あまり考えていないような進め方
(が、森戸さんらしい)

適当(いい加減という意味ではなく)に流しては、様子を見て
勿論参加者のことをちゃんと見ているけれど、特別何かを拾い上げるわけでもなく

しかも、時々毒を吐きながら
でも誰もその毒を直接はかぶらない

という絶妙な話し方。


一貫して

ここにいる全員にヒントは与えるけど
別に全員助ける気持ちはないし、
そもそも助ける助けないの話じゃない


よく、セミナー講師が、
「やるかやらないかはあなた次第」
という言い方をするが

森戸さんも基本的には一緒
ただ、それをとても丁寧に行う。

目上の人も、(時々刺しながらも)、基本は持ち上げる。


そして、あまり深い傷にならないような差し障りのないような提言のときに
本当にさりげなく、参加者を頷かせてしまう。


ああ、森戸さんらしい。


僕はその点、

しゃべりの完成度とか
ストーリーの綺麗さとかにこだわってしまうし

目の前にいる全員を自分の力で助けようとしてしまう
(そんなこと、とても無理かもしれないのに。..)


でも、森戸さんはきっとこうだろう。

完成度は、誰かの力を借りても高められるし
その方が早い
そもそも、綺麗にする必要ある?
大事なのは、売れるかどうかってことでしょう?



僕は、すぐさま斬られてしまうのである(笑)


彼は根っからの、スーパー商人なんだろうなあ。



昨日はいろいろ教えてもらったから
早速試さないとね!!


そう、昨日初めて知ったんだけど
http://jp.jimdo.com/
このJIMDOって知っていますか?

簡単にサイトが作れてしまうそうです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年05月28日

阪急電車 片道15分の奇跡

テーマ:こんな時どうする
自宅で録画した映画を見た。
僕は実は結構、家でテレビを見る。

映画を見るのは、本を読むのと同じくらい好きだ。

自宅で見る理由は、早送りで見るから。
監督はじめスタッフには申し訳ないけれど、
少なくても1.5倍速で見ないと、いらいらしてしまう。
(こういう性格を良いとは思わないが、仕方ない)


阪急電車という映画も、1.5倍速で見たので、実質90分以下の所要時間

の割には、とても良い気持ちになれた。

大阪で仕事をすることも多いから、
ちょっとは知っている景色もあったし、

何より

何気ない日常を別視点でも見れば、
それは平凡の連続ではなく
かなり素敵なことが転がっているのではないか


という指摘は
全くその通りだと思うし、

僕の人生に圧倒的に欠けているモノだ。



平凡をまるで悪のように見なし
平凡のなかに光を見つけることもしない


よく考えれば
日常なんて、平凡の積み重ね

そこに何を見いだすかで
幸せの度合いすら変わるのじゃないか?


だとすれば、

偶然隣り合わせた人とか
毎日何気なく見かける人だとか
もっと親切にしてもいいし

その中で
会話を交わしたり
親しくなった人なら

もっともっと大事にしてもいいんだろう


そんなことを考えながら
この映画を見ました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年05月27日

外への力 内への力

テーマ:なんとなく思うこと
教育という仕事は
外への力だ

出会った人、目の前の生徒を助けるのが仕事だ

助け方は多様だけれど

平たく言えば
相手の現状を理解し
潜在能力を見いだし、
成長させること

相手が困っているのなら
トンネルの先の光を見せてあげて
そこまでがんばってたどり着こう
その先は自分の足で歩いて行こう

と促すことだ。


僕がしてきた仕事の中で
一番続いているのが教育。

僕の外へ向かう力は、少しは役に立ってきたのだと思う。



一方、
内への力は、本当に心許ない。

40歳を迎えて
大殺界(懐かしい?) 
厄年
が続き

大切な友人を交通事故で失ったことを皮切りに
お金の面でも
仕事の面でも
ややこしいことが矢継ぎ早に起きた。

そしてこの2年間は
僕自身が、僕自身らしさを見失った
恐らく人生でいうところの一番の底。


ただ、
外から見たら
順風満帆に見えるかもしれない。

実際に嬉しいこともあるし
仕事もちゃんとやれている。


ただ、内省の量が、半端なく増えている


本来の僕なら、絶対にしないようなミス
をしたり

無理矢理自分を変えようとして
身体に異変が生じたり


鏡に映っている自分は
僕がよく知っている、あの自分なのか?


明日に向かって、未来に向かって
生きていったところで、そこに希望はあるのか?



そんなことを考えることが多くなった。


自分を周囲にどのように見せるか
そのためにどんな覚悟をし
演出をして、実際に効果を上げるか

なんてことは、経験を積めばできるようになる


自分を周囲にどのように見せるか、よりも

自分が自分をどう感じるか


の方が、自分にとってはずっと深刻で大きな問題だと
40歳半ばを目前に
痛いほど思い知らされている。




これが人生、ってモノなのか。




自分の人生は、特に大きな問題もなく
周囲からはうらやましがられる程度には上手くいってきた。

だから、山あり谷ありの人生は、
そのときは、きっと面白いだろうと思っていた。


実際に体験すると
これによって確かに、
皺が深くなるように、人生にも深みがますのだろう
と思えるほど、
人生の厳しさを実感する。


ただ、
恐らくこのトンネルも
やがて抜ける。

出口の光は見えてきている

それまでに
仮にいろんなことが好転しても
最悪の状態を迎えても

トンネルからは、やがて出ることができる
そう思え始めた。



抜けた後はきっと

一回り成長した自分になれているのだろう
と思う。


神様は、
その人が乗り越えられる位の負荷しかかけないらしい


だったら僕も

きっとダイジョウブ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年05月21日

たぶん何かが間違っている

テーマ:こんな時どうする
失敗が続くとか
どうも気が乗らないとか

そんなときは
たぶん、
何かが間違っているんだろと思う。


たとえば、
長所を伸ばした方がいいのに
短所や苦手なところに焦点を当てているとか

常識や世間体にとらわれて
自分らしさに蓋をしているとか


結局、
自分が一番元気な状態でいるために必要なことは
自分自身が一番わかっているはずで

それを素直に実行すればいいのに

これまでの経緯とか重ねてきた努力とか
いろんなモノがしがらみとなって

一番簡単な答えを選べないでいるのかもしれない。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。