1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年06月29日

明日から札幌

テーマ:お知らせ
ちょっと用事で久しぶりに札幌にいってきます。

なんと4泊5日。

最初は付き合いでいく予定が
なんだかんだと予定が埋まり、
結構盛りだくさんな滞在になりそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年06月25日

良いこと 悪いこと

テーマ:こんな時どうする
生きていれば良いこと悪いこと
両方あるのが当たり前。

今、「なんだかついていないな」と思っている人は
ついていない時間を楽しめばいい。
必ず夜明けはやってくる。

私とて
良いことと悪いこと

その繰り返しの中、生きてきた。


幸いにまだ命があって
体も壊していなくて
住むところにも困っていなくて
大事だと思える人もいて。

それらはとても良いことなんだと思う。

一方で、

とてもやりきれない、と思うことだって
日々たくさんある。

ただ、そんな毎日で、
珠玉のような一瞬が
それこそ神様のご褒美のようにやってくることがある。

そんなときはそれをありがたく受け取ろうと思う。


人生は山あり谷あり。

だから、今辛い人

きっと大丈夫

いつか良くなる。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月23日

やさしい嘘

テーマ:こんな時どうする
正直者は馬鹿を見る

いや、そんなことはない。(と思う)

でも
上手な嘘をつける、というのは、必要なことかもしれない。


私は結構話力がある方だと思うから、
嘘をつくことなんて、朝飯前のはずなのに

実はけっこう下手だったりする。


相手のためを思ってつく嘘

自分を守るためにつく嘘



両方とも、善か悪かでいったら、善だと思う。

極端なことを言えば、
人をだます嘘だって、
そこにはいろいろ理由があるはずだ。

誰も、
心から誰かを傷つけようとは思わない、と思う。



どう思う?
って聞かれたとき
答えを言ってはいけないこともある。

「自分はどう思うの?」って聞き返して、
それが正しいよ、って
思ってもいないこと(=嘘)を言うことだって必要だ。


どれが美味しい?
って聞かれたら、
全部美味しいって、答えればいいのに、
そういうときは正直になってはいけないんだ。


そんな些細な嘘で、
相手が喜んでくれるのなら
つけばいいのに。。。

って思うけど、
うまくできない。

些細な嘘ばかりついていると
本当に相手を思う嘘がつけなくなりそうで。

一生で、一人が嘘をつける数が決まっているのなら
些細な嘘じゃなくて、
相手を繋ぐ嘘をつかないとね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月22日

新人研修の枠を超えて

テーマ:こんな時どうする
私が新入社員だった頃

もう20年以上も前になる。

そのころは、バブル末期で、まだまだ景気が良かったが
新人研修などはほとんどなかったように思う。

リクルートの内定を蹴って入った専門商社だったからかもしれないが、
ちょっとしたマナー研修があっただけで、
あとは先輩についていくOJTに切り替わった。


最近の新人研修は、
景気が良い企業は3カ月とか半年とか、
かなりしっかりやるし

それなりの企業でも少なくても2週間から1カ月は行う。

ここ数年
礼儀作法や躾 に厳しい研修が行われるようになったと思う。


研修の最初と最後の挨拶などは
軍隊に来たのか?と思うほどだ。

もちろん
若者の元気な挨拶は気持ち良いものだから
あながち悪くはない。


ただ、ちょっと気持ち悪いのは
それが度を超えれば
若者を「型にはめる」ことにつながっていくからだ。


皆が同じような挨拶をし
同じ角度で頭を下げる。

会社が要求したものを
要求されたとおりに応える。

そこに、創意工夫はいらない。
はみ出る必要はないのだ。



新人もそんなことはわかっている様子で
むやみに逆らうこともせず、
来た球を自然に打ち返す。
みんな内野安打狙いで、スタンドに入れようとは思っていないみたいだ。

そんなんだから
たまに、ムキになってボールに向かっていく奴を見つけると
愛おしく思ってしまう。


同じような考えをもち
同じような受け答えをする
そんな新人を製造するような研修
私は好きじゃない。


が、
最近の傾向として、
それは確かにある。

世の中がそうある以上
クライアント様がそうしたいと思う以上

大人の世界では、
それが
与えられた環境なのだ。


さて、
その与えられた環境

常に満足がいくものではあるはずがない。

「なんだよこれ?」
と思うようなことが、大半だと思う。


だからこそ
そこで
どのようにふるまえるかが、とても重要になる。

その人が成功できるか否かがそこで決まる、と言っても過言ではないと思う。


新人の内は型にはまって、まずは基本を
経験を積んである程度年数を経たら、創意工夫などの応用を


と考えている人もいるかもしれないが

新人の時に「型にはまった」人が、
その後、創作的になることは、まずないと思う。



私は少なくとも、
最初から、ガンガン行くべきだと思う。

アイデアの出し惜しみとか
環境に合わせて小さくまとまるとか

そんなことは何の意味もないと思う。



さて、新人のみなさん


新人研修もあと残りわずか。


あなたは、自分の価値を
自分で決めますか?

それとも
環境に合わせますか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月21日

細かいことが・・・

テーマ:なんとなく思うこと
私は、結構細かいことが気になる方だ。

完璧主義とまではいかないが、
キチンとしてないと、落ち着かない。

例えば、
賞味期限切れの食べ物は、まず食べないし
怪しいな?と思うものは口にしない。(笑)

ところが、タイで生ガキを食べる勇気はある(笑)


さて、
細かいということは

細かくない人たちから見たら

「口うるさい」
とか
「毒舌」
といことになるらしい。

彼らにとっては

「わかっているけど直せない」
という
痛いところを突かれるわけだから

「あーうるさい!!」
とでもやらなきゃ、逃げ場がないのだ。


で、
私。

毒舌ということになっているらしいのだが、

実を言えば、まだ「毒」をはいていない。
本当はこんなものじゃないんだ(笑)


という話はおいておいて、


こんな細かい私が、
何も言うことがない、
という場面に遭遇することがあった。


最初から、
キチンとしているな、という印象はあった。


でも、一番驚いたのは
その人が購入したマンションの部屋を見たときだ。



奇麗に整頓されている。

いろいろ考えてモノが置かれている。

スペース的には決して贅沢な感じではないのだが、
とても機能的で、素敵な空間だった。



私とて、人さまの部屋に対して
あからさまに文句は言わないが
心の中では

「もっと何とかならないのか?」

と思うことはよくある。

でも、その時は全く思わなかった。



そんなことも、
あるんだなあ。


もっとセンスを磨かないとね!!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。