1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年04月27日

完璧じゃないから

テーマ:こんな時どうする
臆病になるとき

それは、「相手がいる」ことをしている時

自分一人で完結することなら
勝手はわかっているし
自分の基準をクリアすればいいのだから
臆病になることはない


でも、
相手がいることだと
かなり慎重になる。


相手が求める100%なんて、
そう簡単に応えられるものではないし、
そもそも、
何を大事に思うか
何が苦手か
何を常識を考えるか
など
仲が良くても、すべて微妙には異なるものだ。

だから、
相手の期待に応えられないことが結構出てくる。

自分の中では必要なかったことが
必要になったりする。

それは困惑を生み、やがて行き詰まる。

または

行き詰まりそうな未来を予測して
臆病になる。


でも、
どうして臆病になるかと言えば
相手の期待を尊重したいという気持ちがあるからだろう。

それゆえ、期待に応えられないことに
戸惑うのだ。


もし、相手の期待など、屁とも思わなければ
つまりは、
相手のことを大切に思わなければ
臆病になることはないのだろう。


自分軸→相手軸

は、奥が深いのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月25日

嵐を呼ぶ◯◯

テーマ:なんとなく思うこと
嵐を呼ぶ男と言えば
石原裕次郎さんと相場は決まっていたが、

今は何も、嵐を呼ぶのは男性の専売特許ではないようだ。


今日の東京の空模様

いい天気で気持ちいい、と思っていたら

いきなりの雷
そして雨
ひどい風


嵐!!!


真っ先に思い浮かんだのが
嵐を呼ぶ◯◯の動向


何かやらかしたのでは?



自然に思ってしまうところがおかしいが、


世の中には、
その名のとおり

嵐を巻き起こしてしまう人がいるようである。




凪の人生に
嵐の予感。(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月25日

懐かしき

テーマ:なんとなく思うこと
仮面ライダーやゴレンジャー

懐かしい戦隊ヒーロー

この戦隊モノが人気を取り戻してから
ずいぶんたつ。

主人公にイケメンを据えて
お子さんのいる奥様に大人気なのだそうだ。

ところが…今その戦隊モノが
とんでもないことになっている。


一番新しい戦隊が

海賊戦隊ゴーカイジャー

(ワンピースの影響か・・・)

$教育のチカラ

その名の通り、設定が豪快
というより目茶苦茶なのだ。


昔のヒーローというのは
人間が持つ悲しさや戦う辛さ、などを背負って
地球のために、人類のために戦っていたはずだ。

そこからは、正義や優しさ、仲間を思う気持ち
戦う敵とはいえ、そこに愛情すら持っていたと思う。

そして、ウルトラマンなら3分
仮面ライダーは武器がキックなどで飛び道具はなし

とある程度の制約のなかで、懸命に闘っていた。


それが今はどうだ?
(実は今朝、戦隊モノと最新のライダーを見たのだ)


まず、ヒーローが人間じゃない。
5人が、それぞれどこかの星から来た宇宙人なのだ。

そして、彼らが何しに来たかといえば、
地球の宝探し(海賊だけに)
なのだから、
もはや、人類のために戦う、という前提すらない。

そして、変身する前からやたら強いし、自信満々。
ショッカーみたいな敵の兵士を、近距離から拳銃で滅多打ち
あまりに近距離すぎて、残酷にすら思える。

おまけにこのゴーカイジャー
どういうわけか
これまでの35戦隊、どれにでも変身できるのだ。

敵の様子に合わせて、ゴレンジャーにもなれるし
バトルフィーバー何とかにもなれる。

とにかく何でもあり

そして、一切ピンチを迎えないまま、
完全勝利を収める。


全然馴染めない。

強すぎるヒーローには感情移入できない(笑)



仮面ライダーが40周年記念らしく
歴代ライダーが勢ぞろいする映画が公開されるらしい

で、そのBGMが

「ライダージャンプ!ライダーキック!仮面ライダーライダーライダー」
とおなじみの、懐かしのあの曲なのだ。

やっぱりオリジナル、というか
最初のインパクトは大きいんだなあ。


そうそう、
仮面ライダーといえば、
バッタ、であることがそもそも大前提なのだが

最新の仮面ライダーは
「タコ」にもなれる。


$教育のチカラ


ライダーの足に、吸盤が付いていたのを見た時は
卒倒するかと思った。


もう、なんでもありなんだから!!
困ったもんだ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月22日

優しい外国人2

テーマ:なんとなく思うこと
ブログを書いていて思った。

私の海外の友人の共通点
いや、
私が外人と友達としてつき合う際
大事にしていること

それは
「日本が好きなこと」

日本が好きと言われると
つい、心を許してしまう。

学びたてのカタコトの日本語で挨拶なんかされると
コロッとやられてしまう。

「ご飯でも食べる?」
なんて嬉しくなって誘ってしまうのだ。(笑)


一方で、時々あからさまに日本が嫌いという人がいる。

韓国と中国に多い!!

今でこそすごく仲がいい韓国の友達は
最初、悪態をついてきた。

さんざん酔っぱらって、
言い合いになって、最後は介抱して
翌日は友達になっていた。

「お前と会って、日本が好きになった(または、見直した)」

と言われると、ちょっとした外交官にでもなった気分だ。
草の根外交(笑)

中国人も
台湾は親日
シンガポールはジェントル
香港人はお気楽

問題は、メインランドの中国人

英語が通じないことがあるから
そもそもコミュニケーションがとりにくい

それでも
がんばって話しかけてみると
たまに、うまくいったりする。

まあ、そこまでがんばらなくてもいいんだけどね。

でも、
もし日本がアジアの盟主としてこれからもいようとするなら
武力でも政治力でもないし、最近では経済力も怪しい

となれば、残るは人間力しかないでしょう?

「日本人みたいにありたい」

「日本人と友達になりたい」


そんなふうに思ってもらえるように
草の根外交は続けます!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月22日

優しい外国人

テーマ:こんな時どうする
震災が起きて
海外の知り合いから
お見舞いのメールをもらった。

普段からよく食事をしている相手はもちろん
もう何年も会っていないような知人からも連絡をもらった。

私は、
被害者としての日本人
実感していた。

でも、
被災地にいる訳じゃないから、
仕事が減るようなことがあるにせよ
深刻な問題に直面している訳じゃない。

恐縮しながらも
どこか真剣に自分の問題として
考えられていなかったのかもしれない。


おととい、
パソコンの整理をしていたら、
久しく連絡をしていない友人のメールに気づいた

タイ出身で
日本にもう20年も住んでいる友人のメール

とても優しくて
日本が好きで
大切な友人


思い出せば、
リーマンショック以降
仕事も含め大変だったみたいだ。

故郷を離れ、
東京で一人通訳の仕事をしていた。

企業からは評判もよく
その人柄は、私もよく知っていたから
年に何回かご飯を食べたりしていた。

でも、ここ数年
私自身もなんやかんやと忙しく
その人と会う回数が激減していた。

思い立ってメールしたら
この震災でとうとう、
タイに帰ったのだと返事が来た。

「日本に対人が来ない。通訳の仕事はなくなった。
そうなると僕は日本のエネルギーを消費するだけの存在になる」



彼の帰国理由だ。

通訳という仕事、
言葉を教えるという仕事
とても
まじめな人だった。

あれだけ日本が好きだったのに
そこを離れなければならないこと

リーマンショックでも持ちこたえたのに
とうとう故郷へ帰えることになったこと


日本は立ち直って、
もう一度、
日本に憧れて
日本の地で
日本のためにがんばってくれた外国人に
帰ってきてもらわないと行けない。


今度の休みに
その人に、会いにいこうか

特別なことは何もしてあげられないけど、
日本の最新の雑誌でも買い込んで
届けてあげたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。