1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年07月31日

研修を自社で

テーマ:なんとなく思うこと

企業研修を自前で行おうとする企業が増えてきた。


不況で、台所事情が悪いことが一番の原因だろうが、

安易に外部に委託して、

えらく高額な費用をかけて研修をする意味があるのか?


ということなんだろう。



私の周囲でも


研修企画が通りずらくなったり、

予定していた研修が中止になったりという話を聞くようになった。




まあ

余裕がないというか


「自分たちでできることは自分たちでやろう」

ということなんだろう。



研修を自社でやる、

ということは

私は賛成だ。


だから

もう数年前から

社内講師育成を続けてきたし

その重要性を

訴えてきた。



研修は減らしてはいけない。


研修はやるべきだ。


むしろ増やすべきだ。


そのために、社内講師を活かすのだ。




お金がないから研修をやらない

というのは全くの場当たりの対処でしかない。


ボーナスを下げても

研修はやるべきだ。


未来の売り上げを

景気の上下にゆだねてはいけないし

会社の未来を作るのは

人でしかない。


社員の成長に

会社がコミットできなかったら

その会社の未来は危うい。



さて、

研修には


プロに頼んだほうががいい研修もある。


全て自分たちで、というのも無理がある。


講師を呼ぶことにも費用はかかるが

社員を集めて研修を行うにも費用がかかる。


交通費支給で全国から集めるような場合は

下手な研修をすると、その費用対効果は相当マイナスになる。



とくにシリーズで研修を行う場合は

スポットでは社員講師でも通用するが、


最初と最後や

研修を横軸で見る役割などは

やはり

経験豊富なプロに任せるといいだろう。


そのプロの仕事を見て

社内講師も勉強できたりする。




研修の未来は


プロに任せるところは任せ

社内でできることは自分たちでやる


その線引を上手におこなうこと



社内講師の育成


彼らが単に負担を増やすのではな

彼らの成長、仕事への還元

そして、会社の雰囲気の好転

結果会社が一つになるための育成。



ここにしかない。






研修会社に丸投げ

はもう通用しないのだ。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年07月29日

神戸で女性ばかりの研修を行った

テーマ:セミナー考察

受講生が全員女性

というのは

10年を超える講師経験でも初めてだった。


依頼していただいた企業は

もう3年目


去年までの2年間は

各拠点のトップ、とチーフ

当然男性ばかり


この会社の方々は

200名位の人前で話すことが日常のため

プレゼンは上手だし、

頭もいい。


今回の女性も

プレゼンの能力は平均以上と聞いていた。



実際、

見ると、

確かに慣れている。


まず、

声が出ている。


女性の受講生はたいてい

「声を出すことからはじめよう」

なんてことになるのだが、

今回の受講生はそれは難なくクリア


さらに、

相手に好かれよう、

受け入れられようと、


ある人は気さくに

ある人は面白く

ある人はノリノリに

言葉を巧みに繰り出す。


なるほど

さすがに

優秀だ。



でも

どこかでぎこちない。


必死に自分の責任を果たそうとしているあまり

プレゼンを楽しんでいないような気がした。


聞けば

「楽しいです!!」

と答えるが、

どこか無理している感じだ。




企業研修は

さまざまな立場の人の思い入れがある。


経営に近い人や、責任のある人は

目的を第一に考える。


「研修の目的はお客さんの売り上げを上げること」



現場の担当者は


「元気に明るくアグレッシブにお客さんに向かっていってほしい」



一方受講生は


自分たちに与えられた責任と制約の狭間で悩み

自分のキャラクター設定に迷っているが

必死になることで、それを忘れようとしている。






能力のあるが故の

責任あるポジション





だから

いろいろあったとしても

成果は出さなければいけない。


その成果とは


1 自分としてちゃんとやりきれていること


  準備不足は論外だし、覚えていない、言葉を噛んでしまう等

  そんな状態では、意見すらいう権利はない。



2 相手(お客さん)から評価されていること

  =期待される売り上げをあげていること


  ビジネスパーソンである以上、

   何かしらの数字で自分の成果が表わされる。

  その成果が低いようでは、意見も単なる我儘になってしまう。



だから、


自分軸の確立

相手軸で考える


この2つを何度も説いたうえで

2回プレゼンの実技をしていただいた。




「まずは自分というキャラクターを理解し、

自分が大切にしたいことをじっくり見つめなおすこと」


つまりは自分軸の確立

これなしでは、将来、心が折れてしまうことがある。



次に

スキルを学んで、必然的に成果を出せるようにすること。


成果をくれるのは相手(お客おさま)だから

その目線、立場に立って、

ほかの誰もが真似できないような気配り、サービスをすること。



そうすれば、


自分を保ちながら、

会社に評価されながら、

お客様にも感謝されることになる。




そこで初めて


両手を広げられるような

大きなプレゼンテーションができるようになる。




スキルがあって、

女性の華やかさを持っているのだから


気持ちよく両手を広げられるような

大きなプレゼンテーションができるようになってほしい。



2日間の研修で


スキルだけじゃなく、

ココロにも働き掛けたつもりです。



心からの笑顔で大きなプレゼン


ぜひ、目指していただけるといいなと思います。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年07月24日

勉強していること

テーマ:こんな時どうする

「五十嵐さんが今勉強していることって何ですか?」


そう問いかけられた時


「身の周りにあるもの全てが勉強だよ」


なんて答えたが、


実は、

本人は

勉強している意識はない。



「よくそんな話、スラスラできるね」

「いろんなことをよく知っているね」


確かに、

こんな風に言われることは多いから

周りの人にとっては

普段からうんと勉強しているのだと思われているかもしれない。



もちろん、

世の中的に勉強しているといわれるような


本を読んだり、

わからないことを調べたり


なんてことは普通にするが、

それとて

私にとっては勉強している意識ではない。



普段行っているのは

気持ちよくなるための

なんというか

作業?


人前でつっかえつっかえ話すのはカッコ悪い   =気持ち悪い


みんなの話題についていけないようだとさびしい   =気持ち悪い


面白いことひとつ言えないのは悲しい   =気持ち悪い


経営者や起業家とまともに話ができないのは恥ずかしい    =気持ち悪い



そんな気持ち悪いことは

いやだから


そうならないように「している」だけ


それを勉強とは思っていない、

というのが正直なところ。




私が今

足りないなって思う

勉強しなければならない分野は

「お金」の世界


会社のお金

自分のお金

世の中のお金


ここに疎いのは

自覚している。


だから

勉強したいな

と思うところはここ



それ以外は

結構楽しくやれていると思う。




あ、そう。


最近やめたのは


テレビのバラエティーを見ること


レッドカーペットも

レッドシアターも

エンタの神様も


録画しないようになった。


だから

今後は

その類の話題は無視します(笑)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年07月24日

幸運をつかめ!!

テーマ:プロ講師の考え方

昨日、月一会で

お祝いをしたNさん


今日が起業記念日


何がってもあくまで前向き

力強いスタートになるでしょう。


彼女のブログ

「女性起業家を目指す女心 ゼロからの挑戦」

http://ameblo.jp/c-life-c/



講師経験のほとんどない私を、

時に厳しく、

しかしとても親身に指導して下さった五十嵐さん。


そのお陰で、短期間で講師デビューすることができました。


講師としてはまだまだひよっこですが、

自分自身足りない事や、

プロ講師の在るべき姿を教えいただきました。



そうなんです。


私は、やさしいんです。

たぶん。


でも、

プロ講師になりたいと

言われたら

厳しく接します。



講師でご飯を食べることは簡単ではありません。


それこそ春と秋のシーズンにちょこっと講師をやる

程度なら

ありかもしれないけど

それでは、収入は安定しない。


だから

どうやったら現場の満足度を上げられるか

どうやったらリピートにつながるか


こちらから仕事くださいではなく

向こうから仕事を依頼される講師になるために

どうしたらいいか


を教えます。


時には、

指導を超えて

調教にもなります(笑)



Nさんは

幸いにも

直クライアントの仕事で

条件も最高のスタートを切るようです。


その研修を、

成功させて

どんどん良い流れが続いていくといいですね!!



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009年07月23日

月一サードプレイスメンバー会

テーマ:お知らせ

今夜は

サードプレイスの月一会


テーマは

研修会社からいかに好かれるか

=研修会社からいかに仕事をもらうか


私は参加せず

弊社O講師の1時間セミナー


そのあと、

O講師が見つけてきたイタメシ屋でディナー


実は、

生徒のNさんが明日開業


その前 祝い!!



サードプレイスと接点を持ったからには

ぜひ

良いスタート、そして、良いこれから を迎えてほしい。


ささやかだけど

いいスタート記念の会を開かてもらった。



がんばれNさん







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。